クレジットカードでポイント還元率が高いのはどれ?選ぶ際の注意点から貯まらないケースまで解説

ほとんどのお店でキャッシュレス決済の利用が出来るようになり、クレジットカードを利用する方も多いと思います。しかし様々なクレジットカードがあるため、何を基準に選んだら良いか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

本記事ではクレジットカード選びにおいて重要なポイント還元について詳しく説明します。ポイント還元率が高いクレジットカードもご紹介しますので、お得に買い物ができるヒントを得られるでしょう。

※2022年8月15日情報調査日
※2022年8月15日更新日

クレジットカードのポイント還元とは

クレジットカードのポイント還元とは

多くのクレジットカードには利用した金額に対して、一定の割合でポイントが付与されます。支払った金額に対して付与されるポイントの割合をポイント付与率と呼び、ポイントを金額に換算した割合を還元率と呼びます。

例えば還元率が1%のカードで1万円の買い物をすると、100円分のポイントが付与されます。ポイントはクレジットカードの支払いや、アイテムと交換が可能ですので、還元率の高いクレジットカードを使うことでお得に買い物ができます。

多くのクレジットカードの還元率が0.5%

クレジットカードは多くの場合0.5%程度の還元率に設定されますので、200円の買い物につき1円分のポイントが付与されるということになります。

月々の家賃や光熱費などの支払いが10万円であるとすると、これらを全てクレジットカードで支払うことができれば500円分のポイントを得ることが可能ですので、なかなか侮れないでしょう。

しかし、なかには特定の店舗やコンビニで買い物をすると還元率が上がるクレジットカードも存在するため、還元率は必ずしも一定ではありません。

電子マネーやスマホ決済と併用すると還元率を上げられることも

電子マネーやスマホ決済の支払いにクレジットカードを利用することで、ポイントをお得に貯めることが出来る場合もあります。

例えば、nanacoへのチャージをセブン・カードプラスで行うと、チャージした金額の0.5%のnanacoポイントをもらうことが出来ます。

そのほかにも、楽天payのチャージを楽天カードで行うことで、0.5%の楽天ポイントが付与され、さらに楽天payの支払金額の1%分のポイントも付与されるため、合計で1.5%のポイントを得ることが可能です。

還元率が高くてもポイントが貯まりにくいケースも

還元率が高いのは特定の店舗での利用のみ

クレジットカードの中には、特定の店舗で買い物をすることで、通常よりも多くのポイントがもらえるものがあります。

具体的には、三井住友カードをセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドで利用すると、通常0.5%の還元率に2%上乗せされ、2.5%のポイント還元を受けることが出来ます。

しかし、提携している店舗以外での買い物は通常分の0.5%しかポイントが付与されないので、提携店舗での高いポイント還元に魅力を感じて入会したものの、その店舗をあまり利用することがなければ、高い還元率を上手く活用することできません。

電子マネーにチャージしてもポイントがつかない

普段電子マネーで買い物をすることが多い方は、是非とも電子マネーへのチャージでポイントが付与されるクレジットカードを持っておきましょう

日常の買い物だけではなく、Suica等の交通系電子マネーも対象になることがありますので、毎日の通勤で効率よくポイントを貯めることができます。

また、普段の買い物を電子マネーで支払うにも関わらず、クレジットカードのチャージでポイントがつかないと、支払額の0.5%が還元されるチャンスを逃していることになりますので、電子マネーへのチャージでもしっかりとポイント獲得を狙ってください。

ポイントを利用できる期間が短い

付与されたポイントには多くの場合で有効期限が設定されているため、決められた期間内にポイントを使い切らなければ失効してしまいます

獲得してからの有効期限を1年間としているクレジットカードが多いですが、なかにはポイントの有効期限が無いサービスも存在していますので、損失を防ぐことができます。

また、ポイントの種類によって有効期限が異なるケースもあります。例えば、楽天ポイントでは「通常ポイント」と「期間限定ポイント」に分かれており、通常ポイントは1年間有効ですが、期間限定ポイントは1~2か月程度でポイントが失効してしまいます。

ポイントの利用期間が長い方が使いやすいため、選ぶ際の1つの基準にしてください。

公共料金の支払いでポイントが貯まらない

クレジットカードの中には、公共料金の支払いではポイントが付かない、もしくは還元率が下がるものがあります。

光熱費や税金の支払いはまとまった金額になりますので、ポイントを上手に貯めるチャンスですが、公共料金の支払いがポイント対象にならないクレジットカードでは、その機会を逃すこととなります。

また、住民税や自動車税をクレジットカードで支払う場合は手数料がかかるため、ポイントが付与されないクレジットカードで支払った場合は、手数料分の損をしてしまいます。

公共料金の支払いもポイント付与の対象としているクレジットカードを上手く活用して、チャンスを逃さないようにしましょう。

メインのクレジットカードを決めていない

ポイントを効率よく貯めるのであれば、1つのクレジットカードに支払いをまとめることがおすすめです。

クレジットカードの中には、支払額が一定金額以上になるとボーナスポイントが付与されるものや還元率が上がるものがあります。

例えば、三井住友カード プラチナプリファードは年間の支払額100万円ごとに、1万ポイントが付与される特典があります。

そのほか、一定金額以上の利用で年会費が無料になるクレジットカードなどもあり、メインのクレジットカードを1つ決めて支払いをまとめた方が、あらゆる特典を受けられることができます。

ポイントを上手に貯められるクレジットカードの選び方

年会費と還元率のバランスを確認する

年会費と還元率のバランスが取れているかを確認してください。還元率がいくら良くても年会費が高くては、貯めたポイントよりも年会費の方が高いということにもなりかねません。

一般的には、年会費が高いカードは特典も豊富で、還元率が高い傾向にあるためポイント自体は貯めやすいです。

しかし、年会費無料のカードでも1%~2%程度のポイント還元を行っているものもありますので、なるべくコストを抑えてポイントも貯めやすいカードを選ぶことをお勧めします。

もちろん、年会費を払って得られる特典が自分にとって魅力的なものであるなら、そのクレジットカードをメインとして取り扱うことも良いでしょう。

ポイントの価値が適正なものを選ぶ

クレジットカードによって、ポイントの価値が異なる場合がありますので、自分にとって価値があるものかどうかを確認しましょう。

多くのクレジットカードでは、ポイントをクレジットカードの支払いに利用することができますが、なかには用途が限定されている場合もあります。

貯めたポイントは電子マネーへのチャージにしか使えないケースや、特定の商品と交換することしかできないケースがありますので、獲得したポイントはどのような用途に使えるのかという観点もとても重要です。

自分の生活に適したカードを選ぶ

自分のライフスタイルと照らし合わせ、ポイントがしっかりと貯められるカードかどうかを見極めましょう。

特定の店舗で還元率が上がるカードや、特定のサイトを利用することでお得に買い物ができるカードなどが存在しますので、対象となる店舗やサイトを良く利用する方であれば、効率的にポイントを貯められます。

しかし、対象となるサービスをあまり利用しない場合は高い還元率を活かすことができませんので、そのクレジットカードを持つ意味が薄れます。自分が良く利用する店舗やサービスでポイントが貯まりやすいカードがあれば、積極的に活用してください。

サービスの内容を把握しておく

クレジットカードは各社によってサービス内容が大きく異なります

通常の支払いのみでしかポイントを貯められないカードもあれば、例えば楽天カードでは楽天銀行を引き落とし口座に設定すると、楽天市場でもらえるポイントが増える特典があります。

また、三井住友カードでは二親等以内の家族が三井住友カードを利用していると、ポイント還元率が1人につき1%高まります。このようなお得なサービス内容を把握しておくことで、日常生活で最大限効率よくポイントを貯めることができるようになりますね。

ポイントが付与される単位を確認する

ポイントが付与される最低の単位と、換金した際にいくらになるのかを確認しておくことは非常に重要です。

もしポイントが10ポイント単位でしか付与されない付与率1%のカードだった場合、1000円以上利用しなければポイントを貯めることが不可能になります。

また、1ポイント1円として利用が出来るのか、換金や他の商品と交換した場合に価値が減ってしまわないか、といったところも、ポイントを賢く貯めるうえで欠かせない点です。

ポイント以外の特典も活用する

クレジットカードの中にはポイント付与以外の特典を用意しているものが多数存在しています。例えば、海外旅行保険が付いているものや、空港のラウンジが無料で利用できるといったものです。

普段の生活で必要になる機会は多くありませんが、いずれも旅行が趣味という方であればいざという時に重宝するサービスです。ポイント以外の特典が有効に活用できそうなカードを選ぶのも良いでしょう。

ポイント還元率が高い
おすすめのクレジットカード19選

JCB CARD W


出典:JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
・18歳~39歳限定の年会費無料カード
・不正利用への対策も充実
・一般のJCBカードよりも還元率が高い

18歳~39歳限定の年会費無料カード

若年層におすすめのカードがJCB CARD Wです。JCB CARD Wは入会できる年齢が18歳~39歳までと限られていますが、お得な特典が豊富にある優秀なカードです。(※2022年5月18日時点)

40歳を過ぎても年会費無料で使い続けられますので、長く利用が可能です。

不正利用への対策も充実

24時間365日の不正検知システムや、インターネットショッピング利用時の本人認証サービスなど、不正利用への対策も整っています。紛失や盗難の際も保証が付いているため、いざという時も安心です。

一般のJCBカードよりも還元率が高い

公式サイトによると一般のJCBカードでは、1,000円(税込)につき1Oki Dokiポイントの還元ですが、JCB CARD Wは2倍のポイントが貯まります。(※2022年5月18日時点)

更に提携店で利用すると最大で11倍のポイントが貯まるため、非常にお得です。

JCB CARD W
申し込み資格 18歳以上~39歳以下
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.00%~5.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

入会月の翌々月15日まで、最大10,000円キャッシュバック!

JCB CARD Wの
公式サイトはこちら

三井住友カード(NL)


出典:三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
・学生ポイント付与で最大10%の還元率
・友達紹介で最大10,000ポイントがもらえる
・タッチ決済で最大5%還元

学生ポイント付与で最大10%の還元率

クレジットカードでは珍しく、学生限定で還元率が高まることが特徴です。

学生であれば、AmazonプライムやDAZNなど対象のサブスクリプションサービスの支払いを三井住友カードで行うと、+9.5%の学生ポイントが還元されます。通常ポイントの0.5%と合わせて10%という驚くべき還元率ですね。

友達紹介で最大10,000ポイントがもらえる

三井住友カードに入会したあと、友達にカードを紹介して入会してもらえれば最大10,000ポイントがもらえる特典があります。(※2022年5月18日時点)

紹介されて入会した方にも10,000ポイントが付与されますので、お互いにとって非常にお得なキャンペーンですね。

タッチ決済で最大5%還元

Visaのタッチ決済、もしくはMastercardコンタクトレスを利用してセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドで支払いをすると、2.5%のポイント還元があります。

また、上記の4店舗の支払い自体に2%の還元がありますので、通常ポイントの0.5%と合わせて5%の還元を受けることができます

三井住友カード(NL)
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント還元率 0.50%~5.00%
付帯保険 海外旅行
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会&利用で最大8,000円相当のポイントがもらえる

三井住友カード(NL)の
公式サイトはこちら

イオンカードセレクト


出典:イオンカードセレクト

イオンカードセレクトのおすすめポイント
・イオン銀行普通預金金利が最大0.1%
・公共料金の支払い1件につき5WAONポイント獲得
・イオングループ店舗で利用するとポイント2倍

イオン銀行普通預金金利が最大0.1%

イオン銀行のキャッシュカードと一体になっているイオンカードセレクトを契約すると、イオン銀行で優遇を受けることができます。

公式サイトによるとイオン銀行のステージを上げることで、普通預金金利が最大で0.1%になる特典や、他行宛の振込手数料が月5回まで無料になるなどの特典があります。(※2022年5月18日時点)

公共料金の支払い1件につき5WAONポイント獲得

公式サイトによると電気や電話料金、NHKといった公共料金の口座振替を設定すると、1件につき5WAONポイントが付与されます。(※2022年5月18日時点)

公共料金はポイント付与対象外としているクレジットカードも少なくないため、毎月必ずかかる費用でポイントをお得に貯めることができるのは嬉しいですね。

イオングループ店舗で利用するとポイント2倍

イオングループ系列を利用することでいつでもWAONポイントが2倍もらえるため、普段の買い物をイオン系列ですることが多い方は必見です。

また、公式サイトによると毎月20・30日のお客さま感謝デーでは、支払い金額が5%OFFになる点も見逃せません。(※2022年5月18日時点)

イオンカードセレクト
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 0.50%~1.33%
付帯保険 ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

Web入会限定で1,000WAONポイント必ずもらえる!

イオンカードセレクトの
公式サイトはこちら

楽天カード


出典:楽天カード

楽天カードのおすすめポイント
・楽天市場の買い物はポイントアップ
・電子マネーの楽天Edyを併用すると支払いも簡単
・セキュリティへの取り組みも充実

楽天市場の買い物はポイントアップ

楽天カードを利用して楽天市場での買い物をすると、通常の買い物で獲得できる1%のポイントに加えて、楽天カード利用特典として2%上乗せされるため、合計で3%のポイント還元率となります。(※2022年5月18日時点)

さらに、公式サイトによるとスーパーポイントアッププログラムを活用することで最大14%のポイントが還元されますので、楽天のサービスを頻繁に利用する方なら有力な選択肢となるでしょう。(※2022年5月18日時点)

電子マネーの楽天Edyを併用すると支払いも簡単

楽天カードには電子マネーの楽天Edy付きのタイプもあり、タッチをするだけで決済が完了するため非常に便利に支払いを済ますことができます。

また、公式サイトによると楽天Edyの支払いと、楽天カードから楽天Edyにチャージすることでそれぞれ200円ごとに1ポイントの楽天ポイントが付く点も見逃せません。(※2022年5月18日時点)

セキュリティへの取り組みも充実

不正利用の防止や第三者からのアクセスを防ぐ機能が充実しています。カード利用ごとの登録者へのお知らせメールの送付、ショッピング時の本人認証サービスが付いています。

万が一トラブルがあった際も24時間体制で電話サポートを行っているため安心です。

楽天カード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX
ポイント還元率 1.00%~3.00%
付帯保険 海外旅行
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規入会+利用の条件を満たせば7,000ポイントもらえる!

楽天カードの
公式サイトはこちら

セゾンパール・AMEX


出典:セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・AMEXのおすすめポイント
・ナンバーレスデジタルカードならセキュリティも安心
・初年度は年会費がタダで利用できる
・ポイントの有効期限が無いので無駄なく使える

ナンバーレスデジタルカードならセキュリティも安心

セゾンカードには一般的なプラスチックカードと、ナンバーレスデジタルカードの2種類があります。

デジタルカードの場合、発行されるプラスチックカードにカード番号やセキュリティコードなどの情報が記載されていないため、番号を盗み見されるリスクを減らすことができます

初年度は年会費がタダで利用できる

公式サイトによると新規申し込みをした場合、通常1,100円(税込)の年会費を初年度のみ無料にすることができます。(※2022年5月18日時点)

また、年に1回1円以上利用することで翌年度の年会費も無料となりますので、セゾンパール・AMEXをメインで利用すれば年会費をかけずに所有することは難しくありません。

ポイントの有効期限が無いので無駄なく使える

ほとんどのクレジットカードのポイントは有効期限が設定されていますが、セゾンパール・AMEXカードは有効期限が設定されていない永久不滅ポイントです。

有効期限があると、ポイントを消費するために買い物をするというケースも起こりえますが、永久不滅ポイントは自分のペースで無駄なくポイントを使うことが可能です。

セゾンパール・AMEX
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,100円(初年度無料)
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.50%~3.00%
付帯保険
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

5万円以上の利用で6,500円相当のポイントがゲットできる

セゾンパール・AMEXの
公式サイトはこちら

エポスカード


出典:エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
・ナンバーレス仕様でセキュリティ対策もOK
・EPOSポイントアップサイトの利用でポイントが最大30倍
・ポイントでプリペイドカードにチャージもできる

ナンバーレス仕様でセキュリティ対策もOK

エポスカードはカード番号やセキュリティコードといった情報がカードに印字されていないため、カード番号の盗み見などによる不正利用を防げます。

また、万が一紛失や盗難があった場合も補償が受けられますので、その点でも安心してお使いいただけます。

EPOSポイントアップサイトの利用でポイントが最大30倍

EPOSポイントアップの対象サイトで買い物をするとポイント還元率が上がることも特徴です。

楽天市場やヤフーショッピングといった有名サイトも対象となっており、利用先に困らないことも嬉しいです。公式サイトによるとサイトによってポイント倍率に差がありますが、最大で30倍に設定されているサイトもありますので、とてもお得に買い物ができます。(※2022年5月18日時点)

ポイントでプリペイドカードにチャージもできる

貯めたポイントを支払いに使うことはもちろん、プリペイドカードにチャージをすることもできます。

エポスVISAプリペイドカードで支払うことで0.5%のキャッシュバックもありますので、2回ポイントがもらえる大変効率的なポイントの獲得が可能です。

エポスカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.50%
付帯保険 海外旅行
申し込み方法 Web申込み、郵送申込み、店頭申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会でエポスポイントが2,000円相当もらえる!

エポスカードの
公式サイトはこちら

au PAYカード


出典:au PAYカード

au PAYカードのおすすめポイント
・au PAYマーケットの買い物は最大16%還元
・100円の支払いにつきPontaポイントが1ポイント貯まる
・ポイントアップ対象店舗も多数

au PAYマーケットの買い物は最大16%還元

公式サイトによると通販サイトのau PAYマーケットをau PAYカードを利用して買い物をすると、最大で16%の還元が受けられます。(※2022年5月18日時点)

還元率を上げるには諸条件がありますが、au PAYカードを利用した支払いをするだけでも6%の還元がありますので、通販サイトを頻繁に利用する方には嬉しい特典でしょう。

100円の支払いにつきPontaポイントが1ポイント貯まる

au PAYでの支払い100円ごとにPontaポイントが1ポイント還元されます。(※2022年5月18日時点)還元率を0.5%に設定しているクレジットカードが多い中、1%還元されるのはお得ですね。

au PAYカードからのチャージでau PAYのコード支払いを行うと1.5%という高還元を受けられます。

ポイントアップ対象店舗も多数

特定の店舗でau PAYカードを利用することで、通常よりも多くのポイントを獲得できます。

対象の店舗は紀伊国屋書店・ノジマ・ココス・ドミノピザ・ビッグエコーなど様々なジャンルがありますので、普段の生活の中でポイントを貯めやすいですね。

au PAYカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円 条件付無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント還元率 1.00%~2.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法 Web申込み、店頭申込み

開催中のキャンペーン・特典

au PAY 残高へチャージ&利用で上限3,500円相当還元

au PAYカードの
公式サイトはこちら

dカード


出典:dカード

dカードのおすすめポイント
・ahamoをdカードで支払うとデータ容量が増える
・30歳以下ならU30応援キャンペーンでお得になる
・d払いとdポイントカードを併用することでポイントの3重取りができる

ahamoをdカードで支払うとデータ容量が増える

ahamoの料金支払いをdカードで行うと、dカードの場合は月に1GB、dカードゴールドの場合は月に5GBの容量が追加で付与されます。(※2022年5月18日時点)

20GBで2700円とプラン自体がお得なahamoですが、dカードと併用してよりお得にスマホを使うことができますね。

30歳以下ならU30応援キャンペーンでお得になる

30歳以下の方が新規でdカードゴールドに申し込むと、キャンペーンでポイントが加算されます。

公式サイトによると新規入会と申し込み時に指定された設定をすることで最大22,000ポイントもらうことができます。(※2022年5月18日時点)また、dカードを既にお持ちの方でも、ゴールドにアップグレードすることで最大21,000ポイントを得ることが可能です。

d払いとdポイントカードを併用することでポイントの3重取りができる

d払いの支払いをdカードに設定しておくことで、d払いで支払った金額もクレジットカード利用分の1%としてポイントが加算されます。そしてd払い自体にも0.5%のポイントが付くため、d払いで支払うだけで1.5%のポイントを獲得できます。

さらにdポイント対応のお店であればdポイントカード提示で1%のポイントが加算されるため、ポイントを3重取りも可能です。(※2022年5月18日時点)

dカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント還元率 1.00%~4.50%
付帯保険 ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

ドコモ利用料金をカード払いにすると1,000ポイントもらえる!

dカードの
公式サイトはこちら

Tカード Prime


出典:Tカード Prime

Tカード Primeのおすすめポイント
・入会することでTSUTAYAの入会金・更新費が無料
・最高2,000万円の海外旅行損害保険がついている
・日曜日は還元率が1.5%にアップ

入会することでTSUTAYAの入会金・更新費が無料

Tカード Primeを持つことで、TSUTAYAの入会金と更新費が無料になります。

TSUTAYAで漫画やDVDをレンタルする機会が多い方は、Tポイントを効率的に貯められるTカードPrimeを活用することでコスト削減とポイント獲得ができて一石二鳥です。

最高2,000万円の海外旅行損害保険がついている

TカードPrimeに入会するだけで、最高2,000万円の海外旅行損害保険が付くため、旅行が趣味の方は1枚持っておいて損の無いカードです。(※2022年5月18日時点)

また、国内旅行も最高1,000万円の損害保険がつきますので、国内も安心して旅行を楽しめます。

日曜日は還元率が1.5%にアップ

日曜日にTカードPrimeを利用すると還元率が1.5%に上がるというユニークな特徴を持っています。(※2022年5月18日時点)

休日はTSUTAYAでDVDをレンタルすることが多いという方であれば、ポイントが効率的に貯められて年会費もお得になるので、一石二鳥ですね。

Tカード Prime
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円(初年度無料)
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 1.00%~2.00%
付帯保険 海外旅行、国内旅行
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会&利用&Jリボ登録で6,000ポイント贈呈!

Tカード Primeの
公式サイトはこちら

PayPayカード


出典:PayPayカード

PayPayカードのおすすめポイント
・最短2分で審査が完了

・カード番号が印字されていないため盗み見防止になる
・期限の設定が無いポイントがつく

最短2分で審査が完了

PayPayカードの申し込みから完了までのスピードはとても早く、申込自体は5分程度、申し込み後の審査結果が出るのが最短で2分と非常にスピーディーなことが特徴です。

審査に数日かかるクレジットカードも多くありますが、PayPayカードは申し込みから利用開始までの期間がとても早いです。

カード番号が印字されていないため盗み見防止になる

PayPayカードはカード番号や有効期限などの情報が印字されていない、いわゆるナンバーレスカードのため、セキュリティにも優れています

利用の際に番号を見られてしまうことで不正利用の危険性がありますので、それを防げるのは安心ですね。

期限の設定が無いポイントがつく

PayPayカードを利用することで、支払額の1%のPayPayポイントが付与されます。(※2022年5月18日時点)

また、YahooショッピングでPayPayカードを利用すると3%という高還元を受けられます。PayPayポイントは期限が設定されていないため、無駄なく使い切ることができます。

PayPayカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 1.00%~3.00%
付帯保険
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会と3回利用で最大7,000ポイントもらえる!

PayPayカードの
公式サイトはこちら

リクルートカード


出典:リクルートカード

リクルートカードのおすすめポイント
・リクルートポイントが使えるサービスの利用でポイントが貯めやすい
・充実した付帯保険を受けられる
・貯めたポイントはPontaポイントやdポイントに交換可能

リクルートポイントが使えるサービスの利用でポイントが貯めやすい

リクルートのポイント参画サービスである、じゃらんやホットペッパービューティー等のサービスでカードを利用すると還元率が上がります。

公式サイトによると最大で4.2%と高い還元率なので、リクルートポイント参画サービスをよく利用している方は必見です。(※2022年5月18日時点)

充実した付帯保険を受けられる

国内外の旅行損害保険が付いており、旅行中の事故や病気、ケガ、携行品の破損などの幅広いトラブルに対応しています

また、カードで購入した商品の破損、盗難も補償してくれるショッピング保険もついている充実ぶりです。

貯めたポイントはPontaポイントやdポイントに交換可能

カードで貯めたリクルートポイントはPontaポイントやdポイントといった別のポイントに交換ができます

リクルートポイントが利用できない提携店でも、リクルートカードで貯めたポイントが使えますので、無駄がありません。

リクルートカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、銀聯
ポイント還元率 1.20%~3.20%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

携帯電話料金の支払いで4,000円相当ポイントもらえる

リクルートカードの
公式サイトはこちら

セゾンカードインターナショナル


出典:セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルのおすすめポイント
・幅広い方が申し込み可能
・永久不滅ポイントがついている
・セゾンポイントモールで最大30倍のポイントが獲得できる

幅広い方が申し込み可能

クレジットカードの申し込み条件が継続的な収入が必要なので、収入が不安定な方や学生は入会が難しい場合があります。

ですが、セゾンカードインターナショナルは専業主婦や学生でも申し込みが可能です。

永久不滅ポイントがついている

公式サイトによると1000円の支払いで1ポイント付与されます。(※2022年5月18日時点)ゾンカードインターナショナルは永久不滅ポイントであるため、有効期限が無くポイントを無駄なく使うことができるのが特徴です。

ポイントはマイルやamazonギフト券など幅広い用途に交換できます。

セゾンポイントモールで最大30倍のポイントが獲得できる

公式サイトによるとセゾンポイントモールを経由したネットショッピングで買い物をすると、通常1000円の支払いで1ポイントのところ、1000円につき30ポイントが付与されます。(※2022年5月18日時点)400以上のサイトが対象ですので、使い勝手はかなり良いといえます。

セゾンカードインターナショナル
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 0.50%~1.00%
付帯保険
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規発行でABEMAプレミアムの利用が3ヶ月無料

セゾンカードインターナショナルの
公式サイトはこちら

JCB一般カード


出典:JCB一般カード

JCB一般カードのおすすめポイント
・年間50万円以上の支払いで翌年の年会費無料
・Oki Doki経由の買い物でポイント最大20倍
・ポイント交換先が豊富

年間50万円以上の支払いで翌年の年会費無料

JCBカードは通常年会費が1,375円(税込)かかりますが、年間50万円以上(税込)を利用すると翌年の年会費が無料になります。(※2022年5月18日時点)

申し込み初年度は年会費が無料ですので、年会費をかけずに利用し続けることも可能です。

Oki Doki経由の買い物でポイント最大20倍

公式サイトによるとJCBが運営するOki Dokiランドを経由してショッピングをすると、2倍~20倍のポイント還元を受けることができます。(※2022年5月18日時点)

amazonやヤフーショッピングも対象になるので、買い物をするサイトと合わせて2つのポイントを獲得することも簡単です。

ポイント交換先が豊富

JCBカードを利用して獲得したOki Dokiポイントは商品や航空系マイル、スターバックスカードへのチャージやamazonの支払いなど、様々な用途で使用することができます

JCB一般カード
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円(初年度無料)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.50%~5.00%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
申し込み方法 Web申込み、郵送申込み

開催中のキャンペーン・特典

入会後、アプリログインと利用で最大12,000円キャッシュバック

JCB一般カードの
公式サイトはこちら

三菱UFJカード VIASOカード


出典:三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
・オートキャッシュバックでポイントを無駄なく使える
・VIASO eショップ経由の買い物でボーナスポイント獲得
・加盟店でのカード利用でポイント2倍

オートキャッシュバックでポイントを無駄なく使える

VIASOカードの大きな特徴の一つとして、ショッピング請求があった際に自動的にポイントを差し引くオートキャッシュバックがあります。

他のカードと異なりポイント交換の手続きが不要なので、利用するのを忘れて失効してしまったという損を防ぐことができます。

VIASO eショップ経由の買い物でボーナスポイント獲得

VIASOカード会員専用サービスであるVIASO eショップを経由してネットショッピングをすると、通常分である1000円で5ポイントの獲得に加えて、店舗ごとに設定されたボーナスポイントも獲得できます。

公式サイトによるとボーナスポイントは最大で10%の店舗もあるため、大変お得です。(※2022年5月18日時点)

加盟店でのカード利用でポイント2倍

ネットショッピングだけではなく、店舗での利用も加盟店であればお得になります。

また、公式サイトによるとETCカードや携帯電話料金の支払いもポイント2倍になるため、月々の固定費でポイントを貯められる嬉しい特典があります。(※2022年5月18日時点)

三菱UFJカード VIASOカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 0.50%~1.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

3ヵ月後末日までに15万円以上利用で8,000円キャッシュバック

三菱UFJカード VIASOカードの
公式サイトはこちら

ビックカメラSuica


出典:ビックカメラSuica

ビックカメラSuicaのおすすめポイント
・Suicaへのチャージで最大1.5%ポイント還元
・Suica支払いでビックポイント10%
・年1回の利用で翌年の年会費が無料

Suicaへのチャージで最大1.5%ポイント還元

ビックカメラSuicaカードからモバイルSuicaへのチャージ、またはオートチャージの設定でJRE POINTが1.5%貯まります。(※2022年5月18日時点)

毎日の通勤や移動でSuicaを利用する方であれば、自然にポイントを貯めることができます。

Suica支払いでビックポイント10%

ビックカメラでの支払いを、ビックカメラSuicaでチャージしたSuicaで行うと、ビックポイントがなんと10%も付与されます。

公式ページによるとSuicaのチャージ分と合わせて合計で11.5%のポイントが還元される非常にお得なサービスです。(※2022年5月18日時点)

年1回の利用で翌年の年会費が無料

ビックカメラSuicaカードは通常年会費が524円(税込)かかりますが、年に1回利用するだけで翌年の年会費が無料となります。(※2022年5月18日時点)

入会初年度の年会費は無料ですので、長く年会費無料で使うことも比較的容易です。

ビックカメラSuica
申し込み資格 18歳以上
年会費 524円(初年度無料)
国際ブランド VISA、JCB
ポイント還元率 0.50%~10.00%
付帯保険 海外旅行、国内旅行
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

ビューカードの利用で最大5%ポイントが貯まる

ビックカメラSuicaの
公式サイトはこちら

三菱UFJカード


出典:三菱UFJカード

三菱UFJカードのおすすめポイント
・ポイントで様々な商品と交換可能
・入会後3か月間は最大1.6%還元
・グローバルPLUSでポイントが最大1.5倍

ポイントで様々な商品と交換可能

三菱UFJカードを利用することで貯められるグローバルポイントで交換できる商品のラインナップが豊富にあることが特徴です。

2022年度はダイソンやバルミューダトースターなどと交換が可能なので、ポイントで欲しかったものを手に入れるチャンスがありますね。

入会後3か月間は最大1.6%還元

公式ページによると月間に10万円以上利用すると、1.6%と高い還元を受けられます。(※2022年5月18日時点)

さらに、新規入会で最大11,000円分の特典があるため、新規入会者嬉しい特典が豊富にあります。

グローバルPLUSでポイントが最大1.5倍

三菱UFJカードではステージに応じて特典ポイントが付与されるグローバルPLUSというサービスがあります。

公式ページによると一般ステージの会員でも10万円以上の利用で基本ポイントの20%、ゴールドプレステージ、プレミオ、ゴールド会員であれば基本ポイントの50%が追加で付与されます。(※2022年5月18日時点)

三菱UFJカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円(初年度無料)
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX
ポイント還元率 0.49%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規入会と2ヶ月後末までに登録・利用で5,000円キャッシュバック

三菱UFJカードの
公式サイトはこちら

ライフカード


出典:ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
・誕生月の利用は基本ポイント3倍
・ステージ制度プログラムで使うほどお得に
・万が一のトラブルにも充実した補償

誕生月の利用は基本ポイント3倍

ライフカードは1000円の支払いにつき1ポイントつきますが、誕生月ならポイントが3倍になります。(※2022年5月18日時点)

更に、入会後1年間はポイント1.5倍ですので、計画的にポイントを貯められるカードといえるでしょう。

ステージ制度プログラムで使うほどお得に

ライフカードでは利用金額に応じてステージが設定され、それぞれ年間50万円以上でスペシャルステージ、100万円以上でロイヤルステージ、200万円以上でプレミアムステージになることができます。(※2022年5月18日時点)

プレミアムステージではポイントが2倍になり、使えば使うほどお得になるサービスです

万が一のトラブルにも充実した補償

万が一のトラブルに備えて、ライフカードではカード会員保証制度を設けています。

公式ページによるともしもカードを紛失もしくは盗難などにより不正利用があった場合に、60日前にさかのぼりそれ以降に利用された金額を補填してくれます。(※2022年5月18日時点)

ライフカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 0.30%~0.60%
付帯保険
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規入会と利用条件をすべて満たせば10,000円相当もらえる

ライフカードの
公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・カード


出典:アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント
・空港ラウンジを無料で使うことができる
・スマートフォンの利用にも保障がついている
・会員向けの独自サービスが充実

空港ラウンジを無料で使うことができる

アメリカン・エキスプレス・カードは旅行関連のサービスが充実しています

国内28か所、海外1か所の空港ラウンジを同伴者1名とともに無料で使うことができます。また、国内・海外の旅行損害保険も付帯されていますので、旅行好きの方は1枚持っておきたいカードです。

スマートフォンの利用にも保障がついている

アメリカン・エキスプレス・カードのもう1つの特徴は、スマートフォンを壊してしまった場合や紛失してしまった場合にも保障がある点です。

公式ページによるとゴールドカードの場合、スマートフォンの破損に対して5万円まで支払いがありますので、もしもの時にも安心できます。(※2022年5月18日時点)

会員向けの独自サービスが充実

2022年は会員限定でユニバーサルスタジオジャパンの貸し切りイベントが実施されるなど、独自のイベントを行っています。

また、予約が取りにくいお店の予約優待や会員限定で用意されたお取り寄せグルメサービスなど、会員だけが受けられるサービスが豊富にあります

アメリカン・エキスプレス・カード
申し込み資格 20歳以上
年会費 13,200円
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.50%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

入会後3ヶ月以内に1万円利用で1,000ポイントもらえる

アメリカン・エキスプレス・カードの
公式サイトはこちら

JCB CARD W plus L


出典:JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lのおすすめポイント
・JCB一般カードの2倍の還元率
・ポイントアップされる優待店が豊富にある
・18歳~39歳のみ入会できるカード

JCB一般カードの2倍の還元率

JCB CARD W plus LはJCBの一般カードと比べて還元率が高く設定されています。

通常の一般カードは0.5%の還元率であるのに対し、JCB CARD W plus Lは1%と2倍ですので、よりお得にポイントを貯めることができます。(※2022年5月18日時点)

ポイントアップされる優待店が豊富にある

JCB CARD W plus Lを優待店で利用すると、1.5%~5.5%の還元率となり、とてもポイントが貯めやすくなります。(※2022年5月18日時点)

また、利用できるお店も有名なものが多く、amazonで利用すると2%、スターバックスカードにチャージして支払うと5.5%の還元と、利用しやすいお店の還元率が高いのも嬉しいですね。

18歳~39歳のみ入会できるカード

JCB CARD W plus Lの入会には年齢制限があり、18歳から39歳の方しか入会することができません。(※2022年5月18日時点)年会費は無料ですので、現在この年齢に当てはまる方は入会しておくことをお勧めします。

なお、40歳を過ぎても年会費は無料のままで使い続けられますので、とりあえず持っておくということも可能です。

JCB CARD W plus L
申し込み資格 18歳以上~39歳以下
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.00%~5.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典
アプリログインとアマゾン利用で最大1万円もらえる

JCB CARD W plus Lの
公式サイトはこちら

クレジットカードは所有者の信用度を反映する

クレジットカードの審査には信用が必要

全てのクレジットカードには必ず審査があり、利用した分の返済を問題無く行えるかどうかを判断します。現在の年収や勤続年数、過去に支払い遅延や滞納が無いかを確認し、最終的にカード発行の可否をカード会社が決定します。

そのため、現在の収入が少ない方や過去に支払いが滞ったことがある方などは、所有できるクレジットカードの種類が制限されます。クレジットカードが所有者の信用度を反映するというのはこのためです。

所有しているクレジットカードでステータスの証明ができる

一定の収入があり、過去に支払いの滞納が無くても、すべてのクレジットカードを所有できるわけではありません。

年会費がかかるカードや付帯されているサービスが豊富にあるクラスの高いカードなどでは、勤続年数が短い方や、パートで収入が低い方は入会が出来ない場合もあります。

こうした入会が簡単ではないとされるカードを持つことで、自分の社会的地位を表すこともできるといえます。

比較的容易に持てる信用度の高いカードは?

基本的には年会費がかからないカードは入会のハードルが低いといわれています。

学生や若年層の方がカードを持ちたいと考えた場合、入会の年齢上限を設けているJCB Wなどがおすすめです。そのほか、楽天カードはエポスカードなど、年会費無料で幅広い対象に向けてサービスを展開しているカードも比較的容易に入会が出来ます。

また、ある程度収入がある方であれば、Pay Payカードやリクルートカードなどのネットサービス系のカードも検討すると良いでしょう。

ポイントを貯めやすいクレジットカードで気を付けること

かかる年会費や無料となる条件を確認する

年会費の有無や、有料の場合でも無料となる条件が達成できるかどうかを確認しておきましょう。

年会費が高ければポイントを貯めたとしても、年会費分で相殺されてしまう可能性がありますので、ポイントを貯めている意味が薄くなってしまいます。また、年会費を無料とする条件があっても達成することが難しければ年会費を払うこととなりますので、気を付けましょう。

ポイントの還元率を確認する

クレジットカードはそれぞれ還元率が異なりますので、なるべく高い還元率のカードを利用してポイントを効率的に貯めましょう。

また、提携店舗であれば通常よりポイントがアップするケースも少なくないため、よく利用する店舗でお得にポイントが貯められるカードを選ぶのも良いですね。

ポイントで交換できるものは何か

ポイントで交換できるものが自分に合っているかどうかを確認しておきましょう。多くの場合はクレジットカードの引き落とし金額に対してポイント利用できますが、中にはポイント利用はショッピングの引き落とし限定としているカード会社もあるので注意です。

また、現金としては利用できず、特定の商品から選ぶような形式であれば、必ず事前に商品を確認してください。

リボ払いをポイント獲得の条件としている場合は利用金額に気を付ける

リボ払いをすることでポイントの還元率が上がる特典を用意しているカードもあるため、上手く活用することでポイントをお得に貯めることが可能です。

しかし、多くの場合は一定金額以上をリボ払いにすることがポイントアップの条件となるため、支払いを多くせざるを得ません。ポイント獲得のために支出を増やしては本末転倒ですので、利用金額の条件に注意しましょう。

リボ払いは手数料分も確認しておく

リボ払いでポイント獲得を狙う際に確認しておきたいのが手数料です。リボ払いの手数料は15%程度が相場ですので、多くの場合はポイントで溜まる分より手数料の方が高くなります。

そのため、必ずリボ払いでポイントを獲得してお得になるかどうかを事前に計算しておきましょう。

リボ払いで高い還元率を得る方法

リボ払いでポイントを効率的に貯めたいという方には、リボ払い専用カードがおすすめです。例えば、JCB CARD Rでは通常還元率が1%のところ、リボ払い手数料が発生した月は還元率が2%とお得になります。

ORIGINAL SERIESパートナー加盟店であるセブンイレブンやAmazonなどでの買い物は最大3%と、リボ払いでお得にポイントを貯められるカードです。

クレジットカードについてよくある質問

使っただけでポイントがもらえるのはなぜ?

使った分に応じてポイントがもらえるという、一見ユーザーにしかメリットが無い仕組みはなぜ成り立つのでしょうか。実はクレジットカード会社とカード決済を導入している店舗の両方にメリットがあります。

カード会社はポイントを付与することで入会者を増やしていくことができますし、店舗もポイントを貯めるために来店する顧客の集客に繋がります。カードのポイント付与はユーザー、カード会社、店舗のそれぞれにメリットがある仕組みといえます。

ポイント付与率と還元率は違うの?

ポイント付与率と還元率という言葉、どちらも聞いたことがあると思いますが違いはあるのでしょうか。ポイント付与率は支払った金額にいくらポイントが付くかを表したものです。100円につき1ポイントつく場合、付与率は1%です。

還元率は支払い金額に対して何円分のポイントが付くかを表したものですので、ポイントではなく金額を示します。そのため、付与率が高くてもポイントをお金に換算した時に割合が少ない可能性がありますので、この2つの言葉の違いは認識しておきましょう。

ポイントは何に使える?

ポイントで交換できるものはクレジットカード会社によって様々です

多くの場合はクレジットカードの支払いをポイントで差し引くという現金と同じような使い方が可能ですが、中には航空系のマイルに交換ができたり、ギフト券に交換ができたりするものなど、ポイントの使い道は多様にあります。

還元率はどれくらい高いものがある?

ほとんどのクレジットカードは還元率が0.5%~1%に設定されていますが、条件によって還元率が2%を超えるカードも存在します

例えば、三井住友カードでは、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドを利用すると通常0.5%の還元率が2.5%に上がります。

1%より高い還元率はほとんど条件がついていますので、自分の生活に合わせて効率的に貯められるカードを選びましょう。

Amazonでお得に買い物できるクレジットカードはある?

Amazonで買い物をする際に利用したいのが、JCBカードWです。JCBカードW入会者限定でAmazonのポイントが通常の4倍付与されます

更に新規入会者はAmazonの購入代金の20%をキャッシュバックするキャンペーン(2022年5月16日時点)も行っていますので、こちらも見逃せません。

Visaでお得に買い物できるクレジットカードはある?

三井住友カードナンバーレスなら、Visaのタッチ決済を利用することでポイント還元率がアップします。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドを利用すると通常0.5%の還元率が2.5%に上がることに加えて、Visaのタッチ決済を利用するとさらに2.5%還元され、合計で還元率が5%となります。

貯まったポイントの確認方法は?

貯まったポイントは各カード会社のサイトで見ることができるほか、専用アプリや端末で見ることができます

楽天カードの場合、楽天ポイント俱楽部というアプリでポイントの獲得状況をリアルタイムに把握することができますし、セブンカードの場合は交換したnanacoポイントをセブンのATM端末で確認することが可能です。

ポイントを上手に貯める方法は?

ポイントを上手に貯めるには、通常の還元率とポイントアップの条件を考慮しましょう。通常の還元率はなるべく高いものを選びたいところですので、できれば1%以上のクレジットカードを選択してください。

また、各クレジットカードには特定のサイトでの買い物や提携店舗での支払いでポイントアップをするという条件がありますので、普段買い物する店舗で還元率が高いものがあれば、そのカードを選びましょう

まとめ

・クレジットカードのサービスや特典は各社によって異なる
・ポイントの還元率はカードによって異なり、利用する店舗によって還元率がアップするサービスもある
・買い物以外にも、旅行保険や空港のラウンジ利用など、多様なサービスが受けられるカードもある

各クレジットカード会社で様々な特徴がありますので、自分の普段の生活でポイントを貯めやすいか、そのほか必要なサービスが付いているかという観点でチェックし、是非自分に合ったクレジットカードを見つけてください。

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、株式会社アルファコンサルティングでは本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。