クレジットカードおすすめ19選|初心者向けに申し込む際の注意点や選ぶポイント13個も解説

  • クレジットカードを作りたいけれど、種類が多すぎて選べない……。
  • 結局なにを基準に選べばいいのか分からない……。
  • セキュリティ面が不安……。
  • そんな悩みを持っている方も多いかと思います。

今回は、クレジットカードの選び方や注意点について詳しく解説します。これからクレジットカードを作りたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

※2022年8月15日情報調査日
※2022年8月15日更新日

クレジットカードにおける基礎知識

クレジットカードって?

クレジットカードは、現金がなくても支払いができるカードのことです。支払った金額は後からクレジットカード会社から請求が来ます。店舗での支払い以外にも、ネットショッピングや税金、公共料金の支払いなどにも利用できます。

主要なキャッシュレス決済の方法は、クレジットカードやデビットカード、電子マネー、プリペイドカードなど。クレジットカードはその中でも最も使用されている決済方法で、種類や会社、ステータスなどもさまざまです。

ポイント還元率って?

ポイント還元率は、支払い金額に対して何%ポイントが獲得可能かを表したものです。ポイントを円換算したものを支払い金額で割って算出されます。

例えば、500円の買い物をして5ポイント貯まる場合は、5/500*100=1%、つまりポイント還元率は1%になります。※1ポイントが1円の場合

この還元率が高ければ高いほど、ポイントが貯まりやすいということになります。そのため、ポイント還元率が高いカードを選ぶのがおすすめです。

セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面に記載されていることが多い、3桁から4桁の番号のことをいいます。このセキュリティコードは、第3者の不正利用を防ぐためのコードです。

カードの不正利用が増えたために、設定されるようになりました。ネットショッピングなどをする際に手元にクレジットカードがないと入力できないセキュリティコードの入力が求められることで、不正利用が防げます。

CVVとCVCの違い

CVC?CVV?と聞いて、戸惑ってしまう方も多いでしょう。CVCとCVVはセキュリティコードの種類のことです。CVCとCVVは同じセキュリティコードのことを指しますが、国際ブランドによって、異なる名称で呼ばれています。

CVVの場合はVISA、CVCの場合がMasterCardとなります。普段はCVCとCVVの違いについて特に意識する必要はなく、同じものだと認識しておいて問題ありません。

3Dセキュア(本人認証サービス)って?

3Dセキュアは、より安全にインターネットでクレジットカード決済が行えるようにVISAやJCB、Mastercard、AMEXが推奨している本人認証サービスのことをいいます。

クレジットカードごとに呼び方が違いますが、3Dセキュアと総称されています。不正利用が防げる、主要ブランドに推奨されている安心感、利用方法が簡単などのメリットがあります。

一般カードとその他クラスの違いって?

クレジットカードのランクには「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」の計4種類があります。

一般カードとは必要最低限のサービスや特典がついた最も一般的なカードで、年会費が安いまたは無料のカードは一般カードに該当します。一方その他クラスのカードは年会費や維持費が高く、審査も厳しいのが特徴です。

保障や優待、サービスも手厚く、ポイント還元率も高いというメリットがあります。

クレジットカードを作るメリット3つ

決済でポイントが貯められる

決済するだけで支払い金額に応じたポイントが貯まるというのが大きなメリットです。現金払いでは1円も貯まらないポイントが貯まるわけなので、ポイントが目的でクレジット払いもしている人も多いです。

支払い1回あたりに貯まるポイントは少なくても、年間にするとそれなりの金額になります。公共料金や家賃などの大きな支払いにクレジットカードを利用すると、さらにポイントを貯められます

新規入会者なら誰でも発行手数料が無料

基本的にクレジットカードを新規で発行する際の発行手数料はかかりません。そのため、新規入会者であれば誰でも無料でクレジットカードを作ることができます。

なにかと手数料が必要になる時代、手数料無料というのは嬉しいですよね。しかし、クレジットカードによっては発行手数料が必要だったり、カードを紛失した際の再発行手数料は必要になる場合が多いので注意が必要です。

メインカードとサブカードの2枚持ちができる

メインカードとサブカードを2枚持てるというのもメリットです。カードを複数持つと、磁気不良や故障時のときに別のカードが使える、使い分けができるなどの魅力が。

ほかにも、国際ブランドの使い分けによって幅広いエリアで使える、ポイント合算ができる場合があるなどの魅力もあります。

おすすめクレジットカードを選ぶときの13個のポイント

高い還元率かどうか

クレジットカードを選ぶうえで、ポイント還元率の高さは重要です。例えば、ポイント還元率0.5%の場合とポイント還元率1%の場合を比べてみましょう。

年間で200万円の支払いをしたとすると、0.5%の場合は年間10,000円のポイントが、1%の場合は20,000円のポイントが貯まることになります。つまり、年間にすると10,000円分のポイント差が出ることになるのです。※1ポイントが1円の場合

ポイントアップ制度の有無

よくポイントアップのCMを見かけることがありますよね。ポイントアップ制度とは条件を満たすことで、通常貰えるポイントの何倍かのポイントが貰えるというものです。

ポイントアップ期間に買い物や支払いを行うことで、ポイントが貯まりやすくなります。そのため、ポイントアップ制度が充実しているクレジットカード会社を選ぶのがおすすめですよ。

貯まったポイントが使えるか

貯めたポイントを無駄なく使えるかどうかも重要です。支払いやポイントアップ制度でせっかくポイントが貯まっても、ポイントが使えるシーンがなかったり有効期限が切れてしまったりしては意味がありません。

クレジットカードを作るときは、貯めたポイントをどのように使えるか、有効期限はどれくらいかなどの確認をするようにしましょう。

入会キャンペーンの豪華さ

入会キャンペーンが豪華かどうかも大切です。入会キャンペーンが豪華なクレジットカードはスペックも高いことが多いです。カード入会で~円プレゼント! などといったCMを見かけたことはないでしょうか。

入会キャンペーンはポイント還元などで消費者にカードを作りたい! と思わせるような仕組みですが、クレジットカード会社によってキャンペーン内容も異なるので、事前にチェックしましょう。

年会費無料かどうか

年会費が無料であるかどうかも重要なポイントの1つです。特にクレジットカードを作ったことがないという初心者には、年会費無料のクレジットカード会社を選ぶのがおすすめです。

なぜかというと、せっかく年会費を払っても、全く使わなかったりクレジットカード選びを間違えてしまった場合、年会費が無駄になってしまうからです。

ランクは高いか

ランクの高さも重要なポイントです。人前で出しても恥ずかしくないよう、社会的ステータスとしてランクを気にする人も少なくありません。

また、ランクが上がれば上がるほど審査の難易度や年会費も上がりますが、サービスや特典も充実します。ほかにも、身分証明になったり信頼度があがったりするなどのメリットもあります。

保険サービスはあるか

クレジットカード入会後に保険サービスに入れるかどうかも重要です。クレジットカード会社には、旅行傷害保険やケガ、盗難、火災などに備えた保険に入れるサービスがあるところも。

キャッシュレスやポイント還元だけではなく、もしもに備えられる保険サービスもあるなんて、嬉しいですよね。どんな保険サービスがあるのかも事前に確認してみましょう。

自動付帯であるかどうか

自動付帯かどうかも重要です。自動付帯保険の場合は、クレジットカードを持っているだけで自動的に保険が付帯されます。

自動付帯保険に対し利用付帯保険の場合は、旅行などでクレジットカードで支払いをしたときなどの条件の下で適用される保険のことをいいます。

保有しているクレジットカードが自動付帯保険か利用付帯保険かを事前に把握しておかないと、いざというときに利用できないなんてことも。

よく利用する電子マネーとクレカの相性は良いか

クレジットカードと電子マネーを併用した使い方ができる場合もあります。しかし、すべての電子マネーとクレジットカードが併用できるわけではありません。

そのため、自分が利用している電子マネーとの相性が良いかどうかも重要なポイントになります。より支払いをスムーズに行うためにも、よく利用する電子マネーとの相性もチェックしておきましょう。

ナンバーレスカードであるかどうか

ナンバーレスカードであるかどうかもポイントの1つです。ナンバーレスカードとは、カードにカード番号や有効期限などの番号が一切書かれていないカードのことをいいます。

カード番号や有効期限は存在しないのではなく、ネットで確認できます。ナンバーレスカードだと、盗み見されない、カードの見た目がシンプルになるなどのメリットがあります。

携帯キャリアのポイントが貯められるかどうか

効率よくポイントを貯めたいのであれば、携帯キャリアのポイントが貯まるかどうかもチェックしておきましょう。毎月の携帯料金支払いに応じ、ポイントが貯まるという嬉しいサービスです。

例えばソフトバンクであればソフトバンクポイントまたはPayPayポイント、ドコモであればdポイント、auであればPontaポイントが貯まります。

それぞれのポイントが貯まるクレジットカードを利用することで、効率よくポイントが貯められますよ。

審査には通りやすいか

審査の通りやすさもポイントの1つです。審査落ちが怖いという人には、流通系や消費者金融系のクレジットカードがおすすめです。

流通系や消費者金融系のクレジットカードは比較的審査に通りやすいです。流通系はメインであるキャッシングの審査ハードルも低く、消費者金融系は顧客を幅広く取り込むことが目的とされていることが理由です。

即日発行が可能か

とにかく早くクレジットカードが手元に欲しい、即日発行して欲しいという人は、即日発行が可能かどうかもチェックするようにしましょう。例を挙げると、最短60分で発行されるACマスターカード、最短即日発行のJCB一般カードなどがあります。

申込をしてから大体どれくらいで発行されるかどうかもチェックするようにしましょう。

おすすめクレジットカード19選

JCB CARD W


出典:JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
・39歳以下の入会で年会費永年無料
・不正利用など保障も付いている
・JCB一般カードよりポイントが貯まる

39歳以下の入会なら年会費が永年無料

入会時の年会費が無料だと嬉しいです。JCB CARD Wは、18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定した継続収入のある場合、入会時の年会費は永年無料となります。(※2022年5月15日時点)

さらに家族カードやETCカード、クイックカード、TMカードの追加も無料です。もちろん40歳以降も年会費無料のまま継続が可能。ずっと年会費無料なので、安心ですよ。

不正利用などの保障も付き

安心・安全のサービスが充実しているのも魅力の1つ。

24時間365日不審なカード利用がないかチェックしてくれる不正検知システムやネットショッピング時の不正利用を防止してくれる本人認証サービスなどがあるので安心。

さらに盗難・紛失時の補償として、クレジットカードが届いてから60日遡り、以降の損害額を補償してくれます。

JCB一般カードよりもポイントが貯められる

国内・海外いつでもどこでもポイント2倍であるのも魅力の1つ。JCB一般カードの場合、1,000円につき1Oki Dokiポイント貯まりますが、JCB CARD Wの場合は1,000円につき2Oki Dokiポイント貯まります。(※2022年5月15日時点)

さらにパートナー店であるスターバックスやアマゾン、メルカリ、セブンイレブンで利用する場合は最大で11倍のポイントが貯まります。

JCB CARD W
申し込み資格 18歳以上~39歳以下
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.00%~5.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

入会月の翌々月15日まで、最大10,000円キャッシュバック!

JCB CARD Wの
公式サイトはこちら

三井住友カード(NL)


出典:三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
・学生はポイント還元率最大10%
・友達紹介でVポイントがもらえる
・タッチ決済はポイントが貯めやすい

学生のポイント還元率は最大10%

クレジットカードを検討している学生さんは、学生限定サービスなどもチェックしてみましょう。学生限定で使えるものは使っておきたいですよね。

三井住友カードの場合、学生はポイント還元率が最大10%です。(※2022年5月15日時点)クレジットカードで家賃や光熱費、食費などの支払いをした場合、ポイントもザクザクです♪

友達紹介で貰えるVポイント

公式サイトによると友達や家族を紹介すると、紹介した側もされた側も最大10,000円相当のVポイントがもらえます。(※2022年5月15日時点)

何人紹介しても何度でももらえるので、クレジットカードを使ってみて良いと思ったら友達や家族におすすめしてみましょう。紹介した側もされた側ももらえるのが嬉しいですよね。

タッチ決済だとポイントが貯まりやすい

スピーディーかつ衛生的に支払いができるタッチ決済。さらにVISAのタッチ決済なら、コンビニ3社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)とマクドナルドでポイント最大5%還元されます。

毎日のお買い物でポイントが貯められます。

三井住友カード(NL)
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント還元率 0.50%~5.00%
付帯保険 海外旅行
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会&利用で最大8,000円相当のポイントがもらえる

三井住友カード(NL)の
公式サイトはこちら

イオンカードセレクト


出典:イオンカードセレクト

イオンカードセレクトのおすすめポイント
・イオン銀行普通預金金利が優遇される
・公共料金の支払いで毎月5ポイント
・イオングループ店舗ならポイント2倍

イオン銀行の普通預金金利が優遇

イオンカードセレクトだと、イオン銀行の手数料や普通預金金利がおトクになります。

公式サイトによると他行ATM入出金手数料と他行宛振込手数料は最大月5回手数料無料、普通預金金利は最大年0.10%です。※普通預金金利は変動金利(※2022年5月15日時点)

公共料金支払いだと毎月5ポイントが付与

毎月の公共料金の支払いでポイントが貯まれば嬉しいですよね。公式サイトによるとイオンカードセレクトで公共料金を支払うと、毎月5WAONポイントが貯まります。(※2022年5月15日時点)

公共料金の支払いをイオンカードセレクトに設定して、効率よくポイントを貯めましょう。

イオングループの店舗ならポイントが2倍

公式サイトによるとイオングループの対象店舗であれば、WAON POINTがいつでも2倍になります。(※2022年5月15日時点)

また、毎月20日と30日は「お客さま感謝デー」で買い物の代金が5%OFFに。さらに55歳以上の会員の場合は、毎月15日が「G.G感謝デー」となり5%OFFになります。

イオンカードセレクト
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 0.50%~1.33%
付帯保険 ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

Web入会限定で1,000WAONポイント必ずもらえる!

イオンカードセレクトの
公式サイトはこちら

楽天カード


出典:楽天カード

楽天カードのおすすめポイント
・楽天市場での利用はポイント3倍
・楽天Edyで支払いを簡単に済ませる
・充実したあんしん機能で不安が少ない

楽天市場利用はポイントが3倍に

大手インターネット通販サイトである楽天市場で買い物をすると、利用ポイントが3倍になります。楽天市場は商品も豊富で探しているものが見つかりやすいです。

生活必需品は楽天市場で揃えてポイントをザクザク貯めましょう。

楽天Edy支払いだと簡単に済ませられる

買い物の支払いが行える電子マネーである「楽天Edy」。おサイフケータイを持っている場合は、楽天Edyアプリをダウンロードすることで使用できます。

簡単かつスピーディーに支払いを済ませられるので、嬉しい機能です。

充実の安心機能で不安も少ない

楽天カードはETCや保険などの安心機能が充実しているので、不安なしで利用できます。楽天会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナ会員の場合は、ETC年会費が無料になります。

公式サイトによると海外旅行傷害保険は最高2,000万円を補償してくれます。(※2022年5月15日時点)

楽天カード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX
ポイント還元率 1.00%~3.00%
付帯保険 海外旅行
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規入会+利用の条件を満たせば7,000ポイントもらえる!

楽天カードの
公式サイトはこちら

セゾンパール・AMEX


出典:セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・AMEXのおすすめポイント
・セキュリティ対策ならデジタルカードタイプ
・初年度の年会費が無料
・セゾン特有の永久不滅ポイント

デジタルカードタイプだとセキュリティ対策万全

申込完了後、セゾンカード公式アプリに発行されるデジタルカードでクレジット決済を行うと、セキュリティ対策にもなります。

郵送されてくるナンバーレスカードは、カード番号などの記載が一切ないので、盗み見される心配は無用。デジタルカードと併用できるので便利ですよ。

初年度の年会費は無料

初年度の年会費が無料なのも嬉しい特典です。公式サイトによると翌年からは1,100円(税込)かかりますが、年に1度セゾンパール・AMEXで1円以上買い物すると無料になるので、実質無料で利用できます。(※2022年5月15日時点)

さらに新規入会特典で8,000円相当のプレゼントがあるので、かなりお得です。

永久不滅ポイントはセゾン特有

せっかく貯めたポイントが知らないうちに失効していた……という経験はありませんか?公式サイトによるとセゾン特有である永久不滅ポイントは、1,000円で1ポイント貯まり、有効期限はありません。(※2022年5月15日時点)

そのため、知らない間にポイントが失効したり、交換期限を気にする必要もありません。

セゾンパール・AMEX
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,100円(初年度無料)
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.50%~3.00%
付帯保険
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

5万円以上の利用で6,500円相当のポイントがゲットできる

セゾンパール・AMEXの
公式サイトはこちら

エポスカード


出典:エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
・周囲の目が気にならないナンバーレス仕様
・ネットショッピングならポイント30倍
・貯まったポイントの使い道が豊富

ナンバーレス仕様だから周囲の目を気にしない

カード番号などの個人情報はすべて裏面に記載されているナンバーレス仕様。カード支払いのときは表面を出せばいいので、盗み見される心配もなく周りの目が気になりません。

しっかりと個人情報が守られるので、安心です。

ネットショッピングだとポイントが30倍

公式サイトによるとポイントアップサイトである「たまるマーケット」でネットショッピングを行うと、ポイントが最大30倍貯まります。(※2022年5月15日時点)

ポイントアップサイト「たまるマーケット」には400以上もの人気ショップが集まっており、欲しい物が見つかります。

貯めたポイントの使い道が多い

貯まったポイントの使い方が豊富なのも魅力の1つです。公式サイトによると「エポスVISAプリペイドカード」にポイントを移すと、国内外3800万カ所にあるVISA加盟店で利用できます。(※2022年5月15日時点)

さらに商品券やマイル、ギフト券などとの交換も可能。もちろん通販や店舗で利用することもできます。

エポスカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.50%
付帯保険 海外旅行
申し込み方法 Web申込み、郵送申込み、店頭申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会でエポスポイントが2,000円相当もらえる!

エポスカードの
公式サイトはこちら

au PAYカード


出典:au PAYカード

au PAYカードのおすすめポイント
・au PAYマーケットでの利用で15%還元
・普段の買い物でPontaポイントが貯まる
・提携店舗ならポイントアップ

au PAYマーケット利用だと16%還元

au PAYカードは、au PAY マーケットで買い物した場合、最大16%ポイントの還元があります。(※2022年5月15日時点)

au PAY マーケット「お買い物特典プログラム」を利用し、支払い方法画面でau PAY カードを使用することで、最大16%のポイント還元。さらにau PAYゴールドカードで支払いをすると、最大18%還元されます。

いつもの買い物でPontaポイントが貯められる

普段の買い物をするだけで、Pontaポイントがお得に貯まるというのも嬉しいポイントです。Pontaポイント還元率はなんと1%。

さらに公式サイトによるとau PAYチャージと利用で還元率が1.5%になり、au PAYカードを利用すればするほど、Pontaポイントがざくざく貯まります。(※2022年5月15日時点)

提携店舗だとポイントがアップ

公式サイトによるとau PAYチャージと利用で還元率が1.5%になるので、au PAYのコード払いができる店舗をよく利用するという人にはおすすめです。(※2022年5月15日時点)

au PAYが使える店舗には、ローソン系列を始め、ビックカメラやジュンク堂書店、すきや、はま寿司などがあり、書店、家電量販店、飲食店と幅広いです。

au PAYカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円 条件付無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント還元率 1.00%~2.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法 Web申込み、店頭申込み

開催中のキャンペーン・特典

au PAY 残高へチャージ&利用で上限3,500円相当還元

au PAYカードの
公式サイトはこちら

dカード


出典:dカード

dカードのおすすめポイント
・ahamoユーザーならデータ量もらえる
・29歳以下なら各種保険が付帯
・d払いにカードを設定でポイントが2重

ahamoユーザーだとデータ量が貰える

ahamoユーザーは、ahamoの支払い方法をdカードにすることで、dカードボーナスパケット特典の利用が可能です。dカード利用の場合は+1GB/月、dカード GOLD利用の場合は+5GB/月となります。(※2022年5月15日時点)

さらにahamoユーザーかつdカード GOLD利用の場合、利用料金税込み100円毎に10ポイントが還元されます。さらに新規入会や各種設定、要Webエントリーの利用で最大合計22,000ポイントがもらえます。

29歳以下だと各種保険付帯

29歳以下であれば、各種保険が付帯されます。dカードなら、万が一のスマホの破損や紛失に備え、購入から3年間最大10万円を補償してくれるケータイ補償があります。(※2022年5月15日時点)

カードをd払いに設定でポイント2重に

d払いにカードを設定すると、ポイントが2重でつきます。さらにd払いかつdポイント対応のお店でdカードを提示し、d払いを使うと、ポイントが最大3重に。

dカードをかしこく使えばポイントがザクザク貯まっていきます。

dカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント還元率 1.00%~4.50%
付帯保険 ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

ドコモ利用料金をカード払いにすると1,000ポイントもらえる!

dカードの
公式サイトはこちら

Tカード Prime


出典:Tカード Prime

Tカード Primeのおすすめポイント
・カードを持てばTUTAYAの入会金無料
・海外旅行も安心の保険が付いている
・各種サービスを割引価格で利用可

TUTAYAの入会金が無料に

Tカード Primeを持っていると、TSUTAYAの入会金が無料になります。TSUTAYAの入会金は店舗によって金額が異なりますが、平均すると300円程度です。

TSUTAYAを利用したいけど、入会金が気になる……、入会金を無料にしたいという人はぜひTカード Primeを作成しましょう!さらに更新料も無料になります。

海外旅行にも安心の保険付き

Tカード Primeにはあんしんの保険も。年会費無料でカード盗難保険付帯や国内・海外旅行損害保険付帯が付いています

旅行によく行くという人には嬉しいサービスです。海外旅行も補償してくれるのはさらに嬉しいですよね。

各種サービスは割引価格で利用できる

ファミリーマートをはじめ、ガストや吉野家、ENEOS、蔦屋書店などの店舗や各種サービスでTカード Primeを使うとポイントが貯まります

さらにそのポイントを支払いに使うこともできるので、各種サービスが割引価格で利用できますよ。

Tカード Prime
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円(初年度無料)
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 1.00%~2.00%
付帯保険 海外旅行、国内旅行
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会&利用&Jリボ登録で6,000ポイント贈呈!

Tカード Primeの
公式サイトはこちら

PayPayカード


出典:PayPayカード

PayPayカードのおすすめポイント
・審査が最短2分で終わりスピーディ

・ナンバーレスで周りから見られない
・無期限のPayPayポイントが貯まる

審査は最短2分で終了

PayPayカードなら、審査が最短2分で終了します。(※2022年5月15日時点)スピーディーにカードが作れるので、とにかく早く審査をしてほしいという方にはおすすめのクレジットカード。

ナンバーレスだから周りを気にしない

PayPayカードにはカード番号の記載が一切なく、セキュリティー万全です。周りから番号を盗み見される心配も一切なし。

また、シンプルかつスタイリッシュなデザインで持っているだけで気分が上がる1枚です。カラーはブラック。さらに縦型と横型が選べます。

無期限のPayPayポイントが貯められる

公式サイトによるとPayPayカードなら、買い物100円ごとに1円相当のPayPayポイントがもらえます。(※2022年5月15日時点)さらにYahoo!ショッピングなら3%が付与されます。

また、PayPayはキャンペーンやクーポンも数多くあるので、ポイントが貯まるチャンスが豊富。新規入会キャンペーンは最大7000ポイントGETのチャンスです。しかもポイントは無期限で使えますよ。

PayPayカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 1.00%~3.00%
付帯保険
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会と3回利用で最大7,000ポイントもらえる!

PayPayカードの
公式サイトはこちら

リクルートカード


出典:リクルートカード

リクルートカードのおすすめポイント
・ポイント参画サービスの利用がお得
・旅行保険、ショッピング保険が充実
・dポイントなどに交換できる

ポイント参画のサービス利用がお得に

日々の買い物や旅行、美容院、公共料金などの支払いをリクルートカードで行うと、ポイントがどんどん貯まります。

ホットペッパービューティーやポンパレモール、じゃらんnetなどを利用することが多いという人はさらにポイントが貯まりやすいのでお得ですよ。

旅行保険やショッピング保険が充実

リクルートカードは旅行傷害保険などの保険サービスも充実しています。公式サイトによると旅行傷害保険は利用付帯で海外最高2,000万円、国内最高1,000万円を補償。(※2022年5月15日時点)

さらに海外・国内年間200万円を補償してくれるショッピング保険もあるので、安心です。

dポイントなどに交換可能

dポイントやポンタポイントなどに交換できるのも魅力の1つ。公式サイトによるとリクルートポイント1ポイントをdポイント1円、ポンタポイント1円にそれぞれ交換できる嬉しいサービスです。(※2022年5月15日時点)

さらに交換は即時に行えるので、交換後はすぐに使えます。

リクルートカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、銀聯
ポイント還元率 1.20%~3.20%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

携帯電話料金の支払いで4,000円相当ポイントもらえる

リクルートカードの
公式サイトはこちら

セゾンカードインターナショナル


出典:セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルのおすすめポイント
・専業主婦や学生でも申し込める
・ポイントには有効期限がない
・セゾンポイントモール経由がお得

学生や専業主婦でも申し込み可能

セゾンカードインターナショナルの申し込み対象は、高校生を除く18歳以上の連絡可能な人。そのため、専業主婦や学生など安定した収入がない人でも申込が可能

クレジットカードを作りたいけれど申込できるか不安……という専業主婦や学生の方は必見です。

ポイントの有効期限がない

  • せっかく貯めたポイントの有効期限が切れてしまった……。
  • ポイントの有効期限っていつだっけ……。

セゾンカードインターナショナルなら、永久不滅ポイントなので、ポイントの失効や有効期限のことで悩む必要はありません

セゾンポイントモール経由だとさらにお得に

セゾンポイントモールを経由した支払いをするとさらにお得。公式サイトによると通常1,000円につき1円のところ、1,000円につき最大30ポイントが付きます。(※2022年5月15日時点)

永久不滅ポイントは買い物に使ったり、ギフト券やマイルにも交換できるので、お得感満載です。

セゾンカードインターナショナル
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 0.50%~1.00%
付帯保険
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規発行でABEMAプレミアムの利用が3ヶ月無料

セゾンカードインターナショナルの
公式サイトはこちら

JCB一般カード


出典:JCB一般カード

JCB一般カードのおすすめポイント
・条件を達成すれば翌年の年会費無料
・Oki Dokiランド利用でポイント最大20倍
・貯まったポイントは商品と交換可

条件の達成で翌年の年会費が無料に

JCB一般カードは年間合計50万円(税込み)以上利用すると、翌年の年会費が無料になります。(※2022年5月15日時点)

月あたりで計算すると、月に42,000円程度使えば条件クリアできるので、家賃や光熱費などの設定をするだけで楽々条件クリアできます。

Oki Dokiランドの利用でポイントが最大20倍に

Oki DokiランドはJCBが運営するポイント優待サイトです。公式サイトによるとOki Dokiランドでの買い物のお支払いをJCB一般カードで行うと、ポイントが最大20倍になります。(※2022年5月15日時点)

コスメやグルメ、ファッションなど豊富な商品の中から欲しい物を見つけてポイントをざくざく貯めましょう。

貯めたポイントは商品と交換できる

JCB一般カードで貯めたポイントは現金へのキャッシュバックのほか、アマゾンでの支払いやスターバックスカードへのチャージに使えます。かしこくポイントを貯めて、さまざまなシーンで貯めたポイントが利用できますよ。

JCB一般カード
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円(初年度無料)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.50%~5.00%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
申し込み方法 Web申込み、郵送申込み

開催中のキャンペーン・特典

入会後、アプリログインと利用で最大12,000円キャッシュバック

JCB一般カードの
公式サイトはこちら

三菱UFJカード VIASOカード


出典:三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
・ポイントは自動でキャッシュバック
・最大10%還元されるVIASO eショップ
・特定加盟店ならポイントが2倍

ポイントは自動キャッシュバック

ポイントがざくざく貯まるのは嬉しいけれど、交換したり申請したりするのが面倒……という人も多いのではないでしょうか。

三菱UFJカード VIASOカードなら、貯めたポイントは1ポイント1円として自動的にキャッシュバックしてくれます。(※2022年5月15日時点)面倒な手続きは一切必要ありません。

VIASO eショップなら最大10%還元

総合通販や百貨店、旅行、家電、ふるさと納税など260ショップ以上が集まるVIASO eショップ。

公式サイトによるとVIASO eショップでの買い物の支払いを三菱UFJカード VIASOカードで行うと、最大10%が還元されます。(※2022年5月15日時点)

ほしいものが見つかるVIASO eショップでざくざくポイントを貯めましょう。

特定加盟店だとポイントが2倍に

ETCマークがある高速道路や一般有料道路の通行料金、携帯電話の利用料金、インターネットのプロバイダーの利用料金など特定加盟店での支払いでさらにお得に。
三菱UFJカード VIASOカードでの支払いならポイントが2倍貯まります。(※2022年5月15日時点)

三菱UFJカード VIASOカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 0.50%~1.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

3ヵ月後末日までに15万円以上利用で8,000円キャッシュバック

三菱UFJカード VIASOカードの
公式サイトはこちら

ビックカメラSuica


出典:ビックカメラSuica

ビックカメラSuicaのおすすめポイント
・Suicaへのチャージでポイントが貯まる
・同率のビックポイント10%還元
・翌年以降もカード利用で年会費無料

Suicaへチャージでポイントが貯められる

Suicaでの支払いが可能な店舗の場合、さらにポイントが貯まるのでお得です。公式サイトによるとSuicaにチャージし、ビックカメラの買い物で支払うと、最大11.5%のポイントがつきます。(※2022年5月15日時点)

基本10%つくビックポイントに加え、最大1.5%のJRE POINTも貯まります。

同率ビックポイントを10%も還元

ビックカメラSuicaカードを、ビックカメラの買い物の支払いで利用すると、現金払い同率の10%のビックポイントが貯まります。(※2022年5月15日時点)

欲しい家電をビックカメラSuicaカードで支払うだけで、ポイントが貯まるので、嬉しいですよね。

カード利用で翌年以降も年会費が無料に

年会費がかかるからクレジットカードを作りたくない……という人も多いのではないでしょうか。ビックカメラSuicaは、初年度は年会費無料ですが、翌年以降も条件を満たせば年会費が無料になります。

条件は、年に1回でもクレジットカード機能を利用すること。524円(税込)の年会費が無料になるのは嬉しいです。

ビックカメラSuica
申し込み資格 18歳以上
年会費 524円(初年度無料)
国際ブランド VISA、JCB
ポイント還元率 0.50%~10.00%
付帯保険 海外旅行、国内旅行
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

ビューカードの利用で最大5%ポイントが貯まる

ビックカメラSuicaの
公式サイトはこちら

三菱UFJカード


出典:三菱UFJカード

三菱UFJカードのおすすめポイント
・グローバルポイントは商品と交換できる
・4ヶ月末日までの利用はポイント3倍
・グローバルPLUSならポイントが加算

グローバルポイントと商品との交換が可能

三菱UFJカードで貯めたポイントは商品に交換したり、ボランティア活動に使用できたりします。

公式サイトによると商品は家電や食料品、旅行ギフトなど200点以上の中から選べ、貯めたポイントに応じた商品と交換できます。(※2022年5月15日時点)選ぶ楽しみもあります。

4ヶ月末日までの利用だとポイントが3倍に

ポイントアップは買い物意欲も増して、楽しく買い物ができますよね。三菱UFJカードを作成すると、4か月末日までの利用ポイントが3倍になります。(※2022年5月15日時点)

4か月末日までにまとめ買いをするだけでポイントがザクザク貯まります

グローバルPLUSだとポイントが加算される

グローバルPLUSだとさらに嬉しい優待特典が。公式サイトによると1か月の利用金額が3万円以上10万円未満のプラス20の場合は基本ポイントの20%分が加算。(※2022年5月15日時点)

さらに1か月の利用金額が10万円以上のグローバルPLUS・プラス50の場合は基本ポイントの50%分が加算されます。

三菱UFJカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円(初年度無料)
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX
ポイント還元率 0.49%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規入会と2ヶ月後末までに登録・利用で5,000円キャッシュバック

三菱UFJカードの
公式サイトはこちら

ライフカード


出典:ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
・誕生月なら誰でもポイント3倍
・使うほどお得になるステージ制度
・旅行を中心に保障が充実

誕生月だと誰でもポイントが3倍に

ライフカードには誕生月に嬉しい特典が。誕生月にライフカードで買い物をすると、誰でもポイントが3倍になります。(※2022年5月15日時点)1か月間もポイントが3倍になるなんて、嬉しい特典です。

誕生日に買い溜めをしてザクザクポイントを貯めましょう。

使えば使うほどお得になるステージ制度

公式サイトによると入会後1年間はポイント1.5倍ですが、利用金額に応じてステージが変わり、最大でポイント2倍になります。(※2022年5月15日時点)

年間利用金額100万円以上で1.8倍に、年間利用金額200万円以上で2倍に。1年間約17万円程度使えば、ポイント2倍になるという計算です。

旅行中心に保障が充実している

ライフカードの魅力はポイントだけではありません。国内・海外旅行傷害保険やシートベルト傷害保険などの保険サービスも充実しています。

買い物だけではなく、万が一のときの保障もしてくれるので、心強いですよね。

ライフカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 0.30%~0.60%
付帯保険
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規入会と利用条件をすべて満たせば10,000円相当もらえる

ライフカードの
公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・カード


出典:アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント
・旅行サービスが特に充実している
・保障が手厚く安心して使える
・独自のメンバーシップに入れる

特に旅行サービスが充実

アメリカン・エキスプレス・カードは旅行のサービスが特に充実しています。

例えば、プラチナ・カードでは、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」で使える特典が、Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カードでは家族カードの1枚目が無料で、条件をクリアすると無料宿泊特典獲得プログラムの優待が受けられます。

手厚い保障で安心して利用できる

旅行傷害保険などの保険サービスも充実しているので、安心です。旅行傷害保険はカード付帯でついています。

さらに海外旅行傷害保険にも追加で加入できます。国内旅行や海外旅行によく行くという人には嬉しいサービスですよね。

独自メンバーシップに加入できる

独自メンバーシップに入れるのも魅力の1つです。アメリカン・エキスプレス会員専用サイトには独自のイベントやキャンペーンがあり、特別な招待が受けられます。

割引キャーンペーンや抽選も数多く行っているので、必見です。

アメリカン・エキスプレス・カード
申し込み資格 20歳以上
年会費 13,200円
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.50%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

入会後3ヶ月以内に1万円利用で1,000ポイントもらえる

アメリカン・エキスプレス・カードの
公式サイトはこちら

JCB CARD W plus L


出典:JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lのおすすめポイント
・JCBの中でも高還元率のカード
・優待店での利用でポイントアップ
・WEB、39歳以下限定カード

JCBの中でも高い還元率を誇る

JCB CARD W plus Lなら、いつでもOki Dokiポイントが2倍になります。(※2022年5月15日時点)JCB CARD W plus Lは、JCBのクレジットカードの中でも高い還元率のクレジットカードです。

ポイントがザクザク貯まるので、いつものショッピングもより楽しくなりますよ。

優待店利用でポイントがアップ

スターバックスやアマゾン、セブンイレブンのパートナー店ならさらにお得にOki Dokiポイントが貯まります。

スターバックスやアマゾン、セブンイレブンをよく利用するという人は必見です。スターバックスは、店舗での利用はポイントアップ対象外なので注意が必要です。

WEB、39歳以下の限定カード

公式サイトによると可愛いカードデザインが魅力で、18歳から39歳までの方が限定で入会できるクレジットカードです。(※2022年5月15日時点)さらに18歳、19歳の方は親権者の同意なしの申込も可能。

もちろん、39歳までに入会すると、40歳以降も利用できますよ。

JCB CARD W plus L
申し込み資格 18歳以上~39歳以下
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.00%~5.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典
アプリログインとアマゾン利用で最大1万円もらえる

JCB CARD W plus Lの
公式サイトはこちら

【年代・状況別】クレジットカードおすすめの特徴5つ

女性限定クレジットカード

女性向けに作られたクレジットカードも存在します。可愛いデザインでキャラクターもののカードや、女性疾病保険が付いているもの、子育てをしている女性や専業主婦の女性でも審査は通りやすいものなど、特長はさまざまです。

女性のみなさんは、女性に嬉しい特典サービスが豊富なクレジットカードを1枚手元に持っておくのもおすすめですよ。

学生向けクレジットカード

学生は安定した収入がないので、審査に通るか不安……、親に言いたくない……という人も少なくないと思います。しかしクレジットカード会社の中には、学生でも審査に通りやすいところや、親権者の同意なしOKのところもあります。

学生のみなさんも18歳以上であればクレジットカードが作れるので、学生に優しいクレジットカード会社を選んで作ってみてください。

20代・社会人向けクレジットカード

社会人にはネット通販でポイントがお得に貯まる、即日発行できる、銀行手数料が無料などの特長があるクレジットカードがおすすめです。

ほかにも、仕事柄出張が多いという人にはマイルが貯まる、空港ラウンジが使えるなどの特長があるクレジットカードもおすすめです。自分のステータスや仕事柄に合わせたクレジットカード選びを心掛けましょう。

一人暮らし向けクレジットカード

一人暮らしの方には、家賃や公共料金払いなどでポイントが貯められるクレジットカードがおすすめです。クレジットカードの中には年に一定の金額を使うと、ステータスが上がってポイントアップできるものもあります。

家賃などの毎月の大きな支払いをクレジットカードに設定して、ポイントを貯めることで節約にもつながりますよ。

事業主向けクレジットカード

クレジットカードは個人利用だけではなく、中小企業向け、大企業向け、個人事業主向けのクレジットカードも存在します。

法人向けのクレジットカードといっても、決算書や登記簿謄本の提出は基本的になく、本人確認書類さえ提出すれば簡単に作成できます。

また、法人向けのクレジットカードは業務効率化や経費削減などをサポートするサービスや、ビジネスに役立つ情報を提供してくれるサービスがある場合もあります。

クレジットカードをおすすめするケース5つ

生活費支払いを行う場合

生活費を支払う場合は、スーパーやコンビニ、通販サイトなど、使用頻度が高いお店でのメリットがあるクレジットカードを作るのがおすすめです。

店舗や支払い方によってはポイントがかなりお得に貯まるクレジットカードもあるので、自分がよく使う店舗やサービスなどでのポイントアップや割引が可能なクレジットカードを探してみましょう。

百貨店・ショッピングモールで使用する場合

百貨店やショッピングモールで使用する際も、クレジットカードがお得になることがあります。例えば、百貨店の場合はポイントが高還元になりやすいので、現金払いでは勿体ないことに。

百貨店をよく利用するという方は、百貨店で高還元が狙えるクレジットカードを選ぶようにしましょう。さらにショッピングモール限定で高還元になったりする場合もあるので、お得ですよ。

ネットショッピングする場合

クレジットカードはネットショッピングとの相性も抜群です。

クレジットカード会社によりますが、楽天市場やアマゾン、ポンパレモールなどクレジットカード払いでポイントアップが狙えたり、数多く開催されるキャーンペーンに参加できることもあります。

普段のショッピングをよりお得に、より楽しくしてくれるのもクレジットカードの魅力です。

通勤・通学する場合

通勤や通学でお得になるクレジットカードもあるので、学生や社会人のみなさんにおすすめです。例えばビックカメラSuicaの場合だと、Suicaへのチャージでポイントが貯まる嬉しいサービスがあります。

毎日の通勤・通学でポイントが貯まるのは、なんだか得した気分になれて嬉しいですよね。日々のSuicaへのチャージが楽しみになること間違いなしです。

飛行機を多く利用する場合

出張が多いサラリーマンや、旅行好きのみなさんには航空系カードがおすすめです。マイルがザクザクたまったり、空港ラウンジが使えたりするので、お得に飛行機が利用できます。

さらに、国内・海外旅行の傷害保険などが付いている場合もあります。買い物やポイントだけではなく、万が一に備えた保険がついていると、もしものときも安心ですよね。

クレジットカードを利用するときの注意点

限度額を超えていなくても使えないことも

クレジットカードは、利用限度額が設定されており、それを超えた場合は利用できなくなります。しかし、利用限度額を超えているという理由以外でも、使えなくなる場合があります。

例えば、クレジットカードの有効期限です。有効期限が切れてしまっているクレジットカードは利用できないので、手続きが必要です。

さらに支払いが遅延している場合や不正利用によってクレジットカードの利用が一時的に止まってしまう場合もあります。

クレジットカードは18歳から持てる

基本的にクレジットカードは高校生を除く18歳から持てます。

2022年の民法改正によって、成年年齢が20歳から18歳へと引き下げられるため、高校生を除く18歳以上の場合は親権者の同意がなくてもクレジットカードが作れます。

しかし、クレジットカードが初めてという方や、お金の管理が不安という方は、学生カードがおすすめですよ。

最初は利用限度額が最大10万円に設定されやすい

クレジットカードには利用限度額があり、利用限度額を超えた場合は、支払いができないようになっています。また、利用限度額はクレジットカード会社やクレジットカードのランクになって異なります。

そのため、一概には言えませんが、最初の利用限度額は最大10万円に設定されていることが多いです。大きな買い物を考えている人は注意しましょう。

カード有効期限は3から5年程度

クレジットカードは有効期限内のものしか利用できません。そのため、有効期限が切れたカードは保管しておいても構いませんが、磁気部分やICチップのところを切断して処分しましょう。

また、カード有効期限は3から5年程度で、新しいカードは登録した住所に届きます。確実に受け取れるようにしましょう。さらに新しいクレジットカードが早めに欲しいという人は申請して早めに受け取ることも可能です。

推測されない暗証番号を設定する

暗証番号は推測されにくいものを設定するようにしましょう。個人情報から特定されやすい誕生日などの数字を設定すると、不正利用をしようと企んでいる人に推測されてしまう可能性があります。

もしも、暗証番号がばれてしまうと、不正利用されるかもしれないのでとても危険です。推測されにくいような数字を設定することで、より安全に使用できますよ。

クレジットカード申込の流れや必要書類

提出書類には本人確認書類が必須

クレジットカードの作成には、本人確認書類の提出が必要になります。本人確認書類には、運転免許証や保険証、パスポート、マイナンバーカードが該当します。

ほかにも、運転経歴証明書や在留カード、特別永住者証明書も該当します。また、キャッシュカードや通帳の口座番号、印鑑なども必要になるので、クレジットカードを作成するときには事前に準備しておくようにしましょう。

収入やクレジットヒストリーが審査で見られる

クレジットカードの審査が不安……、審査でどのようなことが見られるのか知りたいという人も少なくないでしょう。クレジットカードの審査では、きちんとした安定収入があるのか、社会的信用はあるのかなどが見られます。

以前クレジットカードを利用した際に支払いを期限までに行えなかった、借金があるという人は注意が必要です。

クレジットカードが手元に届くまでの期間

申し込みしたクレジットカードが届くまでは不安で待ち遠しいですよね。クレジットカードが届くまでの期間は、クレジットカード会社や申込者、申し込み方法によって異なります。

しかし、平均すると7日から10日ほどで手元に届きます。もしもなかなか届かない場合は、クレジットカード会社のカスタマーセンターへ問い合わせてみましょう。

クレジットカード支払いの種類や特徴

一括払いだと手数料がかからない

手数料はなるべく払いたくないですよね。クレジットカード支払いをするときは、さまざまな支払い方法がありますが、支払い方法によっては金利手数料が発生する場合があります。

例えば、リポ払いや分割払いの場合、金利手数料が発生してしまいます。しかし、一括払いの場合は手数料が一切かかりません。そのため、手数料を払いたくない、一括で支払いできる余裕があるという場合は一括で払うのがおすすめです。

大きい買い物には分割払いが向いている

大きい買い物をする場合は、分割払いがおすすめです。分割払いは、商品代金の支払いを3回以上に分けて支払いができる仕組みのことをいいます。

そのため、1か月あたりにかかる支払いは少なくなるのが大きなメリットです。しかし分割すればするほど、金利手数料もかかってくるので、一括で払う場合と比較すると支払い金額は大きくなるので注意が必要です。

リボ払いだと毎月払う金額が同じだが手数料に注意が必要

リポ払いだと、使った金額や件数に関係なく、毎月支払う金額が同じになります。そのため、毎月計画的にお金のやりくりができるというメリットがあります。しかし、リポ払いの手数料に注意が必要です。

リポ払いの手数料は、多くのクレジットカード会社で年利約15%に設定されており、高い手数料となっています。そのため、リポ払いのメリットとデメリットを理解した上で、利用するようにしましょう。

ボーナス払いだと返済が楽に

クレジットカードには、ボーナス払いという嬉しいサービスも。ボーナス払いとは、夏・冬のボーナスの時期に合わせて返済ができるというものです。

夏のボーナスだけ、冬のボーナスだけを設定できるボーナス一括払いと、夏・冬両方のボーナスを設定できるボーナス2回払いがあります。

まとまったお金が入る時期に合わせて返済ができるので、支払いが楽になるのが大きなメリットです。

おすすめのクレジットカードでよくある質問

初心者おすすめのクレジットカードとは?

初心者には、ポイント還元率が高くて年会費が無料のクレジットカードがおすすめです。初心者だと、やっぱりクレジットカードを使わなかった……、クレジットカード選びを間違えた……なんてこともあるでしょう。

年会費無料の場合、使わずに持っていても費用が発生しないので損することもありません。ポイントについても、難しい設定をする必要はないので、初心者でもクレジットカードを使うだけで貯められます。

女性おすすめのクレジットカードとは?

女性には、カードのデザインがおしゃれ、女性向けの保険に加入できる、百貨店などのショッピングモールでポイントがお得に貯まるなどの特長があるクレジットカードがおすすめ

ほかにも、旅行好きの女性であればマイルが貯まるクレジットカード、料理好きな女性であればスーパーでのポイント還元率が高いクレジットカードなどがおすすめです。

学生や若者におすすめのクレジットカードとは?

学生や若者には、年会費が無料でポイントの還元率が高いクレジットカードがおすすめです。まだ安定した収入がなく、使うお金も少なめという人が多いので、年会費がかからずポイントをお得に貯められるクレジットカードが最適です。

特にクレジットカードを作るのが初めてという初心者の方は、クレジットカード選びに失敗しないよう、事前に機能やサービスなどをチェックしておきましょう。

クレジットカードおすすめブランドとは?

クレジットカードには、国際ブランドというブランドがあります。日本のクレジットカード国際ブランド別シェア率は、VISAが半数以上を占めます。次いでJCB、マスターカードとなっています。

VISAは、使用できる国や地域、店舗数がすべて世界1位となっているので、おすすめ。マスターカードはヨーロッパ方面に最適で、JCBはハワイやアジア諸国で使いやすいですよ。

ポイントの付与率って?

クレジットカードのポイント付与率とは、買い物の金額に応じて付与されるポイントの支払額に対する割合を示したものです。クレジットカードの平均ポイント付与率は0.5%です。

そのため、ポイント付与率が0.5%よりも高いとポイント付与率が高いといえます。さらにキャンペーンやイベントなどではポイントアップが行われる場合もあり、ポイント付与率が通常よりも高くなることもあります。

クレジットカードの種類って?

日本のクレジットカードは、いくつかの系統種類に分けられます。系統種類は、発行元の会社に着目して「流通系」「銀行系」「信販系」の3種類に分けられています

「流通系」は、初心者でも気楽に持ててお得感があり、。「銀行系」はステータスが高く信頼感があるのが特徴です。「信販系」は種類が豊富で安心感があります。

そして、この系統種類のうちどれにするかどうかもクレジットカードを選ぶときの大切なポイントになります。

貯めたポイントの確認方法って?

貯まったポイントの確認方法はいくつかあります。1番確認しやすいのは、契約したクレジットカード会社のマイページまたはアプリから確認する方法です。

貯まったポイントや有効期限の確認、ポイント交換も簡単にできるので、おすすめです。もう1つは、カスタマーサポートセンターへのメールや電話で問い合わせて確認する方法です。

どのくらいポイントが貯まっているのか、こまめに確認するようにしましょう。

クレジットカードは何枚まで作成できる?

原則、1人が作れるクレジットカードの枚数の限度はありません。審査に通れば、何枚でもクレジットカードが作れます。しかし何枚も持っていると、どのカードを使っていいか分からなくなったり、お得なキャンペーンを見逃してしまう可能性も……。

そのため、クレジットカードは2枚持ちがおすすめです。メインカードとサブカードを2枚持ちして、メインで使う用と万が一のときに使える用にしましょう。

クレジットカードに申し込んでから何日後に受け取り可能?

クレジットカードを申し込んだら、なるべく早く受け取りたいですよね。クレジットカードの申し込みをしてから、手元に届くまでの期間は、クレジットカード会社などによって違いがありますが、平均で7日~10日ほどです。

もし、2週間以上待っても届かないときは、クレジットカード会社のカスタマーサポートセンターへ問い合わせてをしてみましょう。

ポイントを効率よく貯めるためには?

ポイントを効率よく貯めるためには、いくつかのコツがあります。まずはポイントアップデーやキャンペーン、イベントなどをこまめにチェックし、なるべくその期間にまとめ買いすることです。

また、クレジットカード会社によっては、ポイントステージがあったり誕生月の優遇があったりするので、事前にクレジットカード会社のHPでチェックしておきましょう。

まとめ

クレジットカードといっても、クレジットカード会社によって特典やポイント還元率、お得に使える店舗やサービスが異なります。

自分がよく利用する店舗やサービスで効率よくポイントが貯められるカードや、ポイント還元率が高いカードなど、自分に合うクレジットカードを探して、賢くキャッシュレス決済しましょう。

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、株式会社アルファコンサルティングでは本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。