仮想通貨おすすめ取引所11選【2022年最新】将来性などの選ぶポイント3つから口座開設の流れまで徹底解説

近年、新たな投資対象として盛り上がりを見せる仮想通貨市場。将来性に期待して「これから投資を始めたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

仮想通貨にはさまざまな取引所がありますが、初心者には違いがわかりにくく、どれを選ぶべきか迷ってしまうでしょう

そこで今回は、初心者におすすめの仮想通貨取引所をまとめました。各サービスの特長やキャンペーン情報などもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※2022年8月15日情報調査日
※2022年8月15日更新日

【初心者向け】おすすめ仮想通貨取引所11選

DMM Bitcoin


出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
・取引可能な暗号資産が豊富
・初心者も使いやすい!最短当日取引可能
・手数料無料でお得に取引できる※BitMatch取引手数料を除く

取引可能な暗号資産が豊富

公式サイトによると取引通貨数は20種類と多く、レバレッジ取引にも対応しています。(※2022年5月28日時点)レバレッジ取引可能な仮想通貨の種類は国内トップクラスなので、レバレッジ取引をメインにしたい人はまず登録しておきたい取引所です。

初心者も使いやすい!最短当日取引可能

「スマホでスピード本人確認」を利用すれば、最短1時間以内にトレードを始められます。ほとんど待ち時間なくスピーディーに口座を開設できるので、今すぐ仮想通貨投資を始めたいという人にもぴったりです。

手数料無料でお得に取引できる

DMM Bitcoinなら、口座開設手数料はもちろん、口座維持手数料・取引手数料・出金手数料・ロスカット手数料もすべて無料です
※BitMatch取引手数料を除く

頻繁に入出金を行う人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

DMM Bitcoin
代表的な銘柄 BTC、ETH、XEMなど
取引通貨数 20種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設完了で、全員にもれなく「即時」2,000円プレゼント!

公式サイトはこちら

Coincheck(コインチェック)


出典:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント
・暗号資産取扱数が国内トップレベル
・強固なセキュリティで安心取引!
・初心者も使いやすい簡単アプリ操作

暗号資産取扱数が国内トップレベル

Coincheckは取り扱い銘柄数が国内No. 1(※2022年5月28日時点)ビットコインなど有名どころはもちろん、マイナーな銘柄も含めてトータル17種類を取り扱っています。取引量の少ない仮想通貨をメインにトレードしたい人にもおすすめの取引所です。

強固なセキュリティで安心取引!

Coincheckは2018年よりマネックスグループの傘下に入っており、信頼性が高い点も高く評価されています。優れたセキュリティノウハウを持つ親会社がバックについたため、セキュリティレベルも飛躍的に向上しています。

初心者も使いやすい簡単アプリ操作

スマホアプリの使い勝手はユーザーからも非常に好評です。取引画面がシンプルで見やすく、はじめて仮想通貨取引がはじめての人も直感に操作できるようになっています。仮想通貨の購入もワンタッチで、取引のタイミングを逃しません

Coincheck(コインチェック)
代表的な銘柄 BTC、XRP、ETHなど
取引通貨数 17種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

現在開催中のキャンペーンは特になし

公式サイトはこちら

Zaif(ザイフ)


出典:Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)のおすすめポイント
・仮想通貨&トークンの取扱に定評あり
・手数料の安さが魅力的
・使いやすさが嬉しい独自チャート

仮想通貨&トークンの取扱に定評あり

Zaifは、フィスココインやカイカコインなど国内取引所では珍しいトークンを豊富に取り扱っているのが特徴です。このほか、独自のトークンも取り扱っています。知名度の低いマイナー通貨を取引したい人にとっては、とても相性のよい取引所と言えるでしょう。

手数料の安さが魅力的

販売所形式での取引手数料は無料で、スプレッド以外のコストはかかりません。公式サイトによると取引所形式での取引手数料はmakerが無料、takerが0.1〜0.3%と比較的低コストです。(※2022年5月28日時点)全体的に手数料が安いので、取引コストを抑えたい人にもおすすめです。

使いやすさが嬉しい独自チャート

Zaifの取引ツールでは、高機能分析ツールの「TradingView」を採用しています。高度なチャート分析はもちろん、取引に必要な要素を網羅した多機能ツールです。あらゆる情報を確認できるので、上級者になっても重宝するでしょう。

Zaif(ザイフ)
代表的な銘柄 BTC、ETH、XEMなど
取引通貨数 15種類
信用取引

開催中のキャンペーン・特典

コイン積立でFSCC・CICCを合計1万円以上積立申込頂いた方全員に1,000円相当分のカイカコイン(CICC)プレゼント

公式サイトはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)


出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント
・仮想通貨数の取り扱いが豊富!
・シンプルな操作画面でわかりやすい
・手数料無料で少額から取引OK

bitFlyer(ビットフライヤー)
代表的な銘柄 BTC、ETH、ETCなど
取引通貨数 15種類
レバレッジ取引 信用取引:最大2倍
先物取引:最大2倍
FX取引:最大2倍

仮想通貨数の取り扱いが豊富!

bitFlyerでは、有名どころからマイナーコインまでトータル15種類もの通貨を取り扱っています。(※2022年5月28日時点)なかでもビットコインの取引量は国内でもトップクラスに多く、非常に安定したトレードができることから人気を集めています。

シンプルな操作画面でわかりやすい

スマホから売買ができる専用アプリ「bitFlyerウォレット」があり、誰でも簡単に仮想通貨を売買することができます。無駄な機能を省いたシンプルな設計で、初心者でも使いやすいと評判です。Tポイントとビットコインを交換するサービスも利用できます。

手数料無料で小額から取引OK

bitFlyerは取引手数料が無料!さらに公式サイトによると1円〜と少額から仮想通貨を購入できるので、少ない元手でも気軽にトレードを始められるのがうれしいポイントです。(※2022年5月28日時点)いきなり大金を投資するのは怖い、という人にもおすすめです。

開催中のキャンペーン・特典

なし

公式サイトはこちら

GMOコイン


出典:GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
・最短10分でOK!「かんたん本人確認」
・使い分け可能な3つのサービス
・「つみたて暗号資産」が人気

最短10分でOK!「かんたん本人確認」

公式サイトによると口座開設の際の本人確認で「かんたん本人確認」を利用すれば、最短10分で登録が完了します。(※2022年5月28日時点)わずらわしい待ち時間もなく、投資機会の損失も防げるでしょう。思い立ったときにすぐトレードを始められるのがメリットです。

使い分け可能な3つのサービス

直感的な操作で初心者でも簡単に取引ができる「販売所」、板情報を使って自由度の高い取引ができる「取引所」、2wayプライスでレバレッジ取引ができる「暗号資産FX」の3サービスを提供。目的によって使いけることができます。

「つみたて暗号資産」が人気

毎日または毎月決まった日に、決まった金額の仮想通貨を自動で購入できる「つみたて暗号資産」というサービスも人気です。購入時期を分散させることにより、一回にまとめて購入するよりもリスクを抑えられるというメリットがあります

GMOコイン
代表的な銘柄 BTC、ETH、BCHなど
取引通貨数 20種類
レバレッジ取引 信用取引:最大-倍
先物取引:最大-倍
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

 仮想通貨の購入で毎日10人に1,000円が当たるチャンス!

公式サイトはこちら

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)


出典:LINE BITMAX(ライン ビットマックス)

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)のおすすめポイント
・LINEアプリで取引できる手軽さが人気
・安心&安全の強固なセキュリティ!
・初心者に優しいシンプルな操作性

LINEアプリで取引できる手軽さが人気

LINE BITMAX最大の特徴は、LINEのアプリ上から取引ができるということ。初心者にとってはハードルの高い仮想通貨取引も、LINE経由でできれば初めやすいでしょう。専用アプリをインストールする必要もなく、スマホの容量が心配な人も安心です。

安心&安全の強固なセキュリティ!

預かった資産をオフラインのコールドウォレットで管理しており、ハッキングのリスクを最小限に抑えています。LINEグループは証券会社など金融サービスも展開しているため、セキュリティ対策については非常に信頼度が高いでしょう。

初心者に優しいシンプルな操作性

LINE BITMAXは、初心者でも分かりやすいようシンプルな画面設計となっています。LINE Payを使えば入金もスピーディーで、LINEユーザーなら操作に悩むこともありません。誰もがストレスなく使えるようになっている点が高く評価できます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)
代表的な銘柄 BTC、ETH、XRPなど
取引通貨数 6種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

毎週水、木、金曜日限定!ミッション達成でリンクをプレゼント

公式サイトはこちら

SBI VCトレード


出典:SBI VCトレード

SBI VCトレードのおすすめポイント
・東証1部上場!安心安全な取引所
・口座開設と取引が無料でできる!

・大手グループならではのセキュリティ体制

東証1部上場!安心安全な取引所

SBI VCトレードは、東証1部上場のSBIグループが展開する取引所です。同グループはSBI証券や 住信SBIネット銀行などさまざま金融サービスを手掛けており、仮想通貨取引においても大きな安心感があります。

口座開設と取引が無料でできる!

口座開設手数料はもちろん、口座維持手数料・取引手数料・入金手数料・入出庫手数料・ロスカット手数料がすべて無料なのは大きな魅力です。手数料を安く抑えたい人はぜひ登録しておいて損はないでしょう。

大手グループならではのセキュリティ体制

SBIグループならではの強固なセキュリティ対策も魅力の1つです。顧客の資産はセキュリティ性の高いコールドウォレットで管理しています。 またトランザクションの署名に複数の秘密鍵を要するマルチシングの活用するなど、高いセキュリティレベルを誇ります。

SBI VCトレード
代表的な銘柄 BTC、XRP、ETHなど
取引通貨数 7種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

三井住友カードの利用で最大30,000円相当の「XRP交換券」プレゼント

公式サイトはこちら

マネックスビットコイン


出典:マネックスビットコイン

マネックスビットコインのおすすめポイント
・365日いつでも取引OK!
・シンプルな操作性で初心者も安心のスマホアプリ

・注文方法の豊富さが人気

365日いつでも取引OK!

暗号資産を対象した差金決済取引のため、株やFXと異なりサービス時間に制約がありません。24時間365日いつでも取引できるので、貴重なチャンスを逃しません。

シンプルな操作性で初心者も安心のスマホアプリ

専用アプリの「MONEX TRADER CRYPTO 」は、シンプルな操作性で初心者も使いやすいと評判です。MACDや一目均衡表など人気の指標を含めた全10種のテクニカル指標も無料で使えるので、スマホ上で多角的なチャート分析ができます。

注文方法の豊富さが人気

ストリーミング注文や指値・逆指値注文をはじめ、OCO、IFD、IFOなどの複合注文にも対応しています。相場状況に応じて、柔軟に取引できるのが魅力です。

マネックスビットコイン
代表的な銘柄 BTC、BCH、ETHなど
取引通貨数 4種類
レバレッジ取引 信用取引:最大2倍
先物取引:最大2倍
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設した人限定!マネックスポイント200ポイントをプレゼント

公式サイトはこちら

Huobi Japan


出典:Huobi Japan

Huobi Japanのおすすめポイント
・取扱暗号資産のレパートリーが豊か
・世界でもトップクラスのセキュリティ体制
・手数料割引ランク活用で取引手数料大幅オフ!

取扱暗号資産のレパートリーが豊か

公式サイトによると取引所では36銘柄ペアを取り扱っており、銘柄ペア数は国内No.1です。(※2022年5月28日時点)保有しているビットコインでイーサリアムやフォビトークンを入手することもできるので、仮想通貨取引の幅が大きく広がるでしょう。

世界でもトップクラスのセキュリティ体制

Huobi Groupのセキュリティは世界最高水準と言われています。暗号資産の管理は複数人承認による管理とマルチシグを含めた複数人承認で管理されており、2013年の創業以来一度もハッキング被害に合っていません。

手数料割引ランク活用で取引手数料大幅オフ!

Huobi Japanには取引手数料の割引ランクがあり、直近30日間の取引量とHTの保有量によって決まります。ランクが上がると、HTで支払いをすることにより手数料が割引になる特典を受けられます

Huobi Japan
代表的な銘柄 BTC、HT、ETHなど
取引通貨数 14種類
レバレッジ取引 信用取引:最大2倍
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

お友達紹介で1,000円相当のHTをプレゼント!

公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)


出典:bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)のおすすめポイント
・抜群のセキュリティ!暗号資産交換業者登録済
・ストレス0の使いやすいデザイン
・手数料の安さが嬉しい取引所

抜群のセキュリティ!暗号資産交換業者登録済

顧客から預かった仮想通貨はコールドウォレットに保管し、大切な資産をハッキング被害から守っています。ビットバンクは暗号資産交換業者に登録された取引所のため、安心して取引を始められるでしょう。

ストレス0の使いやすいデザイン

スマホの小さい画面でも使いやすいようなデザインに設計されており、外出先での取引もストレスフリーで行えます。2022年5月現在、bitbankの公式アプリはApp Storeの評価は‎19万件のレビュー中4.6と非常に高評価。使いやすさは折り紙付きです。

手数料の安さが嬉しい取引所

ビットバンクは入金手数料が無料です。また公式サイトによるとmaker手数料は-002%なので、マイナス部分は報酬となります。(※2022年5月28日時点)市場にオーダーを提供する対価として0.02%の報酬を受け取れるため、お得に取引できるのが魅力です

bitbank(ビットバンク)
代表的な銘柄 BTC、ETH、XRPなど
取引通貨数 14種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設&30,000円以上入金した人限定!現金20,000円ゲットのチャンス

公式サイトはこちら

BITPoint(ビットポイント)


出典:BITPoint(ビットポイント)

BITPont(ビットポイント)のおすすめポイント
・各種手数料が無料!
・将来性も◎取扱仮想通貨数が豊富

・取引ツールの使いやすさが魅力

各種手数料が無料!

ビットポイントは現物取引に掛かる手数料が全て無料で、ユーザーから高い支持を得ています。さらに、口座開設手数料、即時入金手数料、送金手数料、口座管理料もすべて無料。とにかくコストを抑えたい人におすすめの取引所です。

将来性も◎取扱仮想通貨数が豊富

ビットポイントはアルトコインの取り扱いも豊富です。ビットコインやリップルなどのメジャーな仮想通貨はもちろん、ジャスミー(JMY)やディープコイン(DEP)など、国内の他の取引所では取り扱っていない仮想通貨にも対応しています。

取引ツールの使いやすさが魅力

初心者向けに使いやすく設計された専用のアプリがリリースされています。さらに、板形式で成行・指値・逆指値の注文ができる「BITPOINT PRO」もあります。初心者〜上級者向けのツールが揃っているため、長く使い続けられる取引所と言えます。

BITPoint(ビットポイント)
代表的な銘柄 BTC、DEP、JMYなど
取引通貨数 12種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

口座開設でBTC・ADA・DEPを合計3,000円相当プレゼント!

公式サイトはこちら

仮想通貨取引所の比較ポイント

手数料

仮想通貨の取引所では、会社によってさまざまな手数料が発生します。主な手数料は以下の4つです。

  • 口座開設手数料
  • 日本円の入出金手数料
  • 仮想通貨の入送金手数料
  • 取引手数料

口座開設手数料については、国内取引所であればほとんどが無料と考えて構いません。また、入金・出勤・送金の手数料についても無料としている取引所は多数あります。特に少額取引を行う場合は、できるだけ取引手数料の安い取引所を選びましょう

取扱銘柄数

取引所によって取り扱っている銘柄数は大きく異なります。ビットコインやイーサリアムなど知名度の高い銘柄はほとんどの取引所が対応していますが、マイナーな銘柄になると取り扱っている取引所が限られてしまうため注意が必要です。

仮想通貨の種類は取引スタイルやチャンスの回数にも影響するため、できるだけ取り扱っている仮想通貨の多い取引所を選ぶようがよいでしょう。投資家の中には、取引所を選ぶときに「取引銘柄数」を最重要視しているという人もいます。人気の通貨だけではなく、マイナーな銘柄もしっかり見極めるようにしましょう。

アプリの使いやすさ

スマホアプリの使いやすさも重要なポイントです。仮想通貨アプリを利用することで、場所を選ばずいつでもどこでも取引できるというメリットがあります。

外出の機会が多い人はアプリを利用する頻度も高くなるので、使い勝手のよいものを選べばよりスムーズに取引できるでしょう。

多くの取引所がアプリ版をリリースしており、それぞれ操作性や機能性が異なります。ほとんどのアプリが無料でダウンロードできるので、いくつか試して自分に合ったものを見極めるようにしましょう。

取引形態

仮想通貨の取引形態にはいくつかの種類があるので、自分がやりたいサービスを提供している取引所を選びましょう。代表的な取引形態は、「現物取引」「レバレッジ取引」「積立」「貸仮想通貨」の4つです。

レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンなので、仮想通貨取引に慣れるまではできるだけ現物取引で売買することをおすすめします。リスクを抑えたい場合は、コツコツと利益を積み上げていくような「積立投資」や「貸仮想通貨」で長期保有しつつ、仮想通貨の知識をつけていくのもよいでしょう。

セキュリティ

取引所を選ぶ上で、セキュリティは最も重要な要素と言っても過言ではありません。仮想通貨は通貨の流出やハッキング被害も多いため、取引所はさまざまなセキュリティ対策を講じています。二段階認証、生体認証、不正ログインへの対応など、万全に対策された取引所を選ぶことをおすすめします。

また、アプリ内での資産の管理方法についても必ずチェックしておきましょう。インターネットに接続していない「コールドウォレット」を使って資産管理していれば、ハッキングのリスクが低くなります

レバレッジに対応しているか

レバレッジ取引とは、預けたお金を担保にして「預けた金額以上の取引」を可能にする仕組みです。例えば最大レバレッジが5倍の場合、10万円を担保に50万円分の取引が可能になります。現物取引より大きな利益を狙える反面、損失が大きくなる可能性もあるため注意が必要です

すべての取引所がレバレッジ取引に対応しているわけではないので、レバレッジ取引を検討している人はあらかじめ確認しておきましょう。先述の通りレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンなので、リスクも十分理解したうえで始めるようにしましょう。

最低取引金額が低いか

元手が少ない場合、いくらあれば取引を始められるのかは気になるポイントでしょう。最低取引金額は取引所によって異なるため、少額から始めたい人は最低取引金額が安い取引所を選んでください。

なかには500円から購入できる取引所もあるので、まとまった資金がなくても仮想通貨のトレードは始められます。少額投資なら比較的リスクも低いので、仮想通貨取引を体験してみたいという人にもおすすめです。

仮想通貨取引所を利用するときの注意点

取引所ごとの価格を比較する

同じ仮想通貨でも、取引所によって価格に差が生じます。レートは取引所ごとの買い手と売り手のバランスによって確定するため、たとえ取引する日が同じでも、どの取引所を使うかで金額は異なるので注意しましょう。

ただし価格は日々変動しているため、どの取引所が常に安い・高いということはありません。どの取引所が自分にとって有利かは実際に利用してみないとわからない部分もあるため、複数の取引所に登録して比較してみるのもおすすめです。

複数の取引所に登録する

仮想通貨の取引所は1つに絞るのではなく、複数登録しておくのがベターです。複数の取引所を活用すればリスクの分散にも繋がるうえ、売買のタイミングを逃さずに済むというメリットもあります

登録は無料の取引所が多いので、自分にとってメリットがありそうな取引所には気軽に登録してみましょう。

また、各取引所の取引画面やツールの使いやすさ、サポート体制などサービス面での違いもわかります。自分にとって使いやすい取引所を見つけるためにも、複数の取引所を利用することをおすすめします。

セキュリティ対策を万全に

仮想通貨の取引所はその特性からハッカーに狙われやすく、過去には大規模な情報流出事件も発生しています。先述の通りセキュリティ対策が強固な取引所を選ぶことも大切ですが、自分でできる対策も意識しておきましょう。

自分でできるセキュリティ対策としては、「二要素認証と二段階認証を活用」「パスワードの複雑化」「ウイルス対策ソフトウェアの導入」などが挙げられます。また、公共のWi-Fiに繋いでの取引は非常に危険です。アカウント情報などを盗まれるリスクがあるため、絶対に避けてください。

ログインIDとパスワードは適切に管理する

基本的なことですが、不正ログインを防ぐためにもログインID・パスワードは大切に保管してください。先ほど複数の取引所に登録することをおすすめしましたが、ログイン情報を使いまわしてしまうとハッキングの被害に遭うリスクが高まります。

複数の取引所を利用する場合は、取引所ごとに異なるパスワードを設定しましょう。また、ログイン情報はスマホ上よりもアナログがおすすめです。紙のメモ帳に記録しておき、失くさないよう大切に保管しておきましょう。

仮想通貨取引所を選ぶポイント

信頼性

銘柄を選ぶうえで最も優先すべきことは、仮想通貨の「信頼性」です。仮想通貨はデジタル上の通貨なので、詐欺やマネーロンダリングなど犯罪に使われるリスクがあるためです。

公式サイトによると仮想通貨の信用度を測る基準の1つが「ホワイトリスト」です。ホワイトリストとは、金融庁に登録されている国内交換業者で取り扱っている仮想通貨のことで、現在41種類が登録されています。(※2022年5月28日時点)

金融庁による一定の審査を受けていることから、比較的安全で信頼性が高いと言われています。安全に取引するためにも、ホワイトリストに入っている銘柄を選ぶようにしましょう

流動性

その仮想通貨が1日にどれだけ取引されているのか(流動性)もチェックすべきポイントの1つです。高い流動性を維持している取引市場の方が、適正な価格で取引できるというメリットがあります

短期売買を考えている場合は「30億円/日」です。さらに取引しやすい銘柄を選びたい場合は、「100億円/日」を目安にするとよいでしょう。ビットコインやイーサリアムなど、知名度の高い銘柄は1日の売買代金が1兆円を超えており、安心して取引可能です。

時価総額

仮想通貨の時価総額にも注目しましょう。時価総額は「発行枚数×価格」算出される金額で、その仮想通貨の規模を示します。ビットコインやイーサリアムなど、時価総額が大きいほど取引も活発になるため、先述した信頼性や流動性にも繋がります。

時価総額は、少なくとも「100〜300億円以上」の銘柄を選びましょう。これより規模が小さいと、注文が通りづらい、値動きが激しすぎる、取引できる取引所が少ないといったデメリットが出てきます。より安定した仮想通貨を選びたいのであれば、時価総額1000億円以上を目安にしてください。

将来性

仮想通貨は将来性を見極めて選びましょう。将来性を見極める基準には以下のようなものがあります。

  • 決済手段として使用できる場所が増えているか
  • プラットフォーム上で、生活に役立つサービスが展開されているか
  • インフレヘッジ資産として活用できるか

また、企業と連携しているかどうかも基準になります。イーサリアム企業連盟にはトヨタ自動車や三菱東京UFJなどが加盟しており、将来性を期待されています。オンラインゲームで有名なエンジンコインは、マイクロソフトやサムスンやといった大手企業と提携しています。

仮想通貨取引で利益を出すコツ

余剰資金で投資すること

仮想通貨に限ったは話ではありませんが、投資には「余剰資金」を使いましょう。余剰資金とは、資産のうち生活費や緊急時の備えとして必要なお金を除いたお金のことを示します。言い換えれば、万が一失っても生きる上では困らないお金ということです。

生活費など必要不可欠なお金まで投資に回してしまうと、損失が出た際の精神的ダメージが大きくなってしまいます。失った分を取り戻そうとして判断を誤り、さらなる損失を出してしまうというリスクもあります。投資のお金は、日常生活とは切り離して考えましょう

レバレッジ取引で損切りラインを決めること

これも投資全般に言えることですが、レバレッジ取引を行う場合は必ず「損切り(ロスカット)」のラインを決めておきましょう。損切りとは、値下がりしている最中に、損失を承知の上で取引を終わらせることです。

このラインをを決めず取引をすると、負けを認められず、どんどん損失額が拡大するリスクがあります。

投資をしていれば、どこかで必ず負けるときがきます。損失を出してしまったときは、早めに損切りをして勝負に見切りをつけましょう。あらかじめ損切りの基準を決めておけば、損失額を最小限に抑えられます。

価格を分析すること

取引を有利に進めるために、しっかりと価格を分析しましょう。投資の世界における価格の分析方法は「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」の2種類があます。

テクニカル分析とは、過去のチャートの動きから将来の価格を予測する手法で、短期の価格予想に向いています。一方のファンダメンタル分析は、景気動向や財務状況などをもとに予測する手法のことで、中長期の価格予想に適しています。

ファンダメンタル分析の基本は情報収集なので、仮想通貨開発元のSNSやニュースなどを日頃からチェックしておきましょう

長期で保有すること

数ヶ月〜数年単位で長期保有すると、少額でも大きな利益を得られる可能性があります。たとえばイーサリアムは、2020年〜2021年の間に30倍も値上がりしたという例があります。この間に保有していれば、数十万円の利益を出せたでしょう。短期保有に比べると取引回数も圧倒的に少なので、手数料も抑えられます。

また短期保有とは異なり、常にチャートを気にしなくてもよいというのも大きなメリットです。細かな値動きをチェックする必要もないので、チャート分析が苦手な人でも取り組みやすいでしょう。初心者はまず長期保有から始めてみるのもおすすめです

複数の取引所を利用すること

複数の取引所に登録することは利益にも繋がります。一つの取引所しか利用していないと、その取引所がメンテナンスやサーバーダウンで使えなくなったときに取引ができません。貴重な取引のチャンスを逃さないためにも、複数の取引所に登録しておくことをおすすめします

また、取引所間で生まれる価格差で利益を出す「アービトラージ」という取引方法もあります。たとえば、ビットコインをCoincheckを購入し、bitFlyerで売るといった方法です。複数の取引所を利用しておけば、取引の幅も広がるでしょう。

仮想通貨における取引所と販売所の違い

取扱量

販売所と取引所の違いの1つに「仮想通貨の取扱量」が挙げられます。一般的に販売所のほうが取り扱う通貨銘柄が多く、買いたい銘柄がないということはほとんどありません。

例えばGMOビットコインの場合、販売所で取引できる銘柄は19種類、取引所で取引できるの銘柄は9種類です。日本ではまだ流通していないような仮想通貨も、販売所であれば手に入ります。取引所で取り扱っている通貨は取引所で、それ以外の通貨は販売所で売買するとよいでしょう

手数料体系

2つ目の違いは「手数料」です。取引手数料無料をうたう販売所もありますが、実際には「スプレッド」と呼ばれる手数料が別途かかってきます。スプレッドとは買値と売値の差額のことで、場合によっては30万円程のコストがかかることもあります。

一方で取引所は、手数料無料または約定数量の%と設定されています。手数料ありの場合でも販売所ほど高額ではなく、数千円程度という場合がほとんどです。コストの面では、取引所で取引をする方がはるかにお得と言えるでしょう

仮想通貨取引所で口座を開設する流れ

仮想通貨取引を始めるためには、取引所で口座を開設する必要があります。開設条件は取引所によって異なりますが、概ね以下のような条件となっています。

  • 20歳以上75歳未満であること
  • 一定の金融資産を保有していること
  • 職についていること
  • 日本国内に在住していること

また、口座開設に必要な書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 住所の分かる書類
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • IDセルフィー(免許証などの本人確認書類を手に持った状態で撮影した自撮りのこと)
  • 各種同意書類

必要書類が揃ったら、口座開設の手続きに進みましょう。大まかな流れは以下の通りです。

  1. メールアドレスを登録する
  2. 専用フォームで必要事項を入力する
  3. 本人確認書類を提出する
  4. SMS認証または2段階認証を完了させる

ビットフライヤーやDMMビットコインなど、最短即日で手続きが完了する取引所もあります。口座の開設自体は非常に簡単なので、条件を満たしている人は気軽に申し込んでみましょう。

仮想通貨取引所に関してのよくあるQ&A

Q. 仮想通貨の手数料はいくら?

先述の通り、取引所での取引には主に4つの手数料があり、料金設定は取引所によって異なります。例えばDMMビットコインはいずれの手数料も無料なので、取引コストを軽減することができます。

仮想通貨の取引で運用益を増やすためには、各種手数料を抑えることも大切です。事前に各取引所の手数料をしっかり比較しておきましょう。

Q. 仮想通貨の口座をつくるメリット・デメリットは?

仮想通貨の口座を開設すると、各取引所が提供する高機能な取引ツールを使えるのがメリットです。複数の口座を作れば、こういったツールを使い分けることもできます。

デメリットを挙げるとすると、お知らせメールがわずらわしいという点です。取引所で口座を持つと、定期的にお知らせメールが届きます。複数の口座を持つと当然メールの件数も増えるので、人によってはやや面倒に感じるかもしれません。

Q. 仮想通貨取引所のセキュリティは大丈夫?

過去に取引所のハッキング被害が横行したため、各取引所はセキュリティを強化しています。セキュリティレベルは以前よりも格段に上がっているはずですが、それでも100%安全とは言いきれません。

仮想通貨を安全に管理するためには、セキュリティリスクについて理解しておくことが重要です。これから仮想通貨投資を始める人は、各取引所がどのようなセキュリティ対策を講じているかしっかり調べておきましょう。

Q. 仮想通貨取引所が破綻するリスクは?

残念ながら、可能性はゼロとは言えません。日本の取引所ではまだ前例がありませんが、海外では倒産した事例もあります。

万が一の際に自分の資産を守るためにも、信託保全を導入している取引所を選ぶようにしましょう

信託保全とは、顧客から預かった金銭を信託銀行に信託することで、万が一取引所が閉鎖した場合でも顧客の資産を保全する仕組みのことです。DMMビットコインなどは信託保全を導入しています。

Q. 複数の取引所で口座を開設できる?

もちろん可能です。実際、ベテラン投資家の多くが複数の口座を使い分けています。ほとんどの取引所は無料で口座をつくれるので、コスト面での負担はありません。

各取引所は、「取引手数料が安い」「スプレッドが小さい」「積立投資サービスがある」などアピールポイントが異なります。自分がしたい投資内容に合わせて、それぞれの長所を活かすとよいでしょう

Q. 仮想通貨は最低いくらから買える?

最低購入金額は取引所によって異なりますが、たとえばCoinCheckなら500円程度から購入可能です。入出金手数料を加味しても、1,000〜2,000円あれば投資を始められます

仮想通貨は小数点以下の単位で購入できるのが特徴です。たとえば1BTC=450万円でも、0.001BTC=4,500円なら購入しやすいでしょう。ある程度の元手が必要な株式投資などと異なり、少額から始められるのも仮想通貨の魅力です。

Q. おすすめの仮想通貨は?

おすすめの銘柄は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRPです。先述した銘柄の選び方を考慮すると、この3つは高い将来性を見込めます。

ビットコインとイーサリアムは、時価総額や1日の取引量から見て仮想通貨におけるトップ2です。これに対してリップルは時価総額が低めですが、その分安く買えるというメリットがあります。初心者でも比較的参入しやすいでしょう。

Q. おすすめの草コインは?

2022年に価格上昇が期待される銘柄は、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、チェーンリンク(Chainlink)などです。

草コインとは、知名度や価値が低い仮想通貨のことです。何らかのきっかけで価格が高騰する可能性を秘めており、投資対象として注目されています。草コインへの投資はハイリスク・ハイリターンなので、しっかり情報を集めてから取引を始めるようにしましょう。

Q. おすすめの税金計算ツールは?

おすすめはの税金計算ツールは、クリプタクト(Cryptact)、ジータックス(Gtax)、クリプトリンク(CryptoLinC)です。クリプタクトはサポート対応も手厚く、初心者でも使いやすいでしょう。

仮想通貨の損益計算は複雑なので、手作業で計算するとどうしてもミスが出やすくなります。税金計算ツールを活用して正確な損益計算を行い、税金のトラブルを防ぎましょう。

Q. おすすめの仮想通貨ウォレットは?

おすすめのウォレットは、ギンコ (Ginco)、BRDビットコインウォレット、コイノミ(Coinomi)です。

取引所が提供するウォレットとは異なり、取引所以外のウォレットはウォレット機能が独立しています。秘密鍵を自身で管理できたり、オンラインから遮断したりすることでセキュリティレベルを高められるのがメリットです。

ハッキングなどで資産を失わないためにも、仮想通貨はセキュリティレベルの高いウォレットに入れておきましょう。

Q. おすすめの仮想通貨アプリは?

おすすめの仮想通貨アプリは、コインチェック、DMMビットコイン、ビットポイントです。

コインチェックは、操作がシンプルなので初心者も使いやすいでしょう。DMMビットコインは、取引スタイルに応じて2種類のモードを切り替えられ、初心者〜上級者まで対応しています。ビットポイントは、視覚的・直感的に理解できるチャートが画面が魅力です。

まとめ

仮想通貨取引所にはさまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。自分に合ったサービスを見つけるために、いくつかの取引所に登録してアプリやツールを試してみるのもおすすめです

仮想通貨取引所はハッキングの危険性も高いため、セキュリティ対策がしっかりした取引所を選ぶことも重要です。万が一のリスクに備えて、自分の資産を守れるようにしておきましょう。

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、株式会社アルファコンサルティングでは本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。