bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミは?出金・入金の手数料や取り扱い通貨などの基本情報からクレジットカードの特徴まで解説

仮想通貨取引所として人気の高いbitFlyerですが、実際の所はどんな取引所かご存じですか?

bitFlyerをこれから利用する方に向けて、評判と口コミを解説したのち、bitFlyerのメリットデメリット、扱いやすさや、手数料まで、徹底的に解説します。

良い口コミだけではなく悪い口コミも掲載していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

※2022年8月15日情報調査日
※2022年8月15日更新日

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判や口コミは?

bitFlyer(ビットフライヤー)の良い評判・口コミ

ビットフライヤーの使いやすさ

「売り」と「買い」についても日本語で大きな文字で分かりやすく画面に記載されているので、瞬時にどこを操作すれば良いか判断できるのも良いです。ビットコイン取引量日本一ですし、初心者向けに管理画面も無駄な情報がなく、ビットコインのチャートもすぐに確認できるので、使いやすいビットフライヤーを選んで良かったなと思います。

出典:みん評

初心者に優しい取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)を私が利用させていただいている理由としては、はじめにこの取引所を知ったのがテレビで流れていたCMでした。やはり信用がありそうな会社を選びたいと思っていたのでCMで流れていることは私の中では信用の置ける会社の基準を満たしました。

出典:みん評

登録のしやすさがgood!!

仮想通貨を初めて一週間ほどですが、こちらを利用しております。
ビットフライヤーは他とは違い、顔写真なしの証明書でも登録できたのがよかったです。
運転免許証の住所変更をしていなかったので、他の所では時間と準備物がとても多く登録に時間がかかってしまいました。

出典:みん評

見やすい

私はビットフライヤーを使い始めてまだ2か月弱です。仮想通貨に関してはかなりの初心者だったのですが、その初心者でもビットフライヤーはかなりわかりやすく、見やすく作られていると思います。1時間単位の動きから、一か月単位、一年単位の動きまで詳しく見ることが出来ます。

出典:みん評

サポートの対応は早いです

一番メジャーな取引所なので、安心して利用出来るのではないかと選びました。朝口座を作り本人確認の書類をアプリで提出、夜帰宅時には認証されて取り引き出来る状態になっていました。ですので、サポートの対応は非常に早いと思います。利用してみた感じは、他より仮想通貨の価格は高めです。

出典:みん評

bitFlyer(ビットフライヤー)の悪い評判・口コミ

 

暴落時緊急メンテナンスで大損

暴落時に緊急メンテナンスを行ったりして損切りできなくなる事態がたびたび発生する。
ある意味底なしの損失を許容できる人しか使えない。
損切りなど情けないことはしないという気概のある?人向け

出典:みん評

出金遅すぎ

出金1週間くらいかかった。
取引したのにポイントサイトで実績反映されず、騙されたと感じた。もう使いません。

出典:みん評

最低

一番買いたい、売りたいときにフリーズ。
動かない、変えない。
本当に詐欺かと思います。
日本一とか言っていますが、絶対に使わない方がいいです。
真剣に心から注意喚起しときます。
ビットフライヤーは大損しますよ。
もう一度言います。絶対に使わない方がいいです。

出典:みん評

大事な時に、取引停止中の表示が。

大事な時に、取引停止中の表示画面が出ていて、一切の取引が出来なくなります。
電話で問い合わせたら、Wifiの不調だと言われました。他社なら、Wifiの不調で、
取引停止にならないので、この会社は信用できない。現在も取引停止中で、
お金を引き出せない状態です。

出典:みん評

現在出金拒否状態

金融庁が入ってから、入金とコイン購入は出来るが、出金は1週間たっても承認してもらえません。
bitFlyer内での売買しか出来ません。
コイン売って日本円で出金依頼したがまたもや承認待ちが続いている、問い合わせにも応じず。
もうここはダメかな!

出典:みん評

初心者でもbitFlyer(ビットフライヤー)を遣える?

国内での仮想通貨取扱数が豊富

国内の仮想通貨取り扱い数が非常に多く、各種通貨から好みのタイプを選べます。初めての方であれば特に、いろいろな種類の仮想通貨を取得して、浅く広く様子をみるスタンスが一般的ですので、仮想通貨取扱が多い場所を選ぶと無難でしょう。

国外での仮想通貨でも構いませんが、何かあったときのサポートが整っていないケースが多いため、初心者の方にはあまりおすすめできません。英語ができないとサポートにすら問い合せができないような場所もありますので、英語が出来ない初心者の方はやめておいた方が無難でしょう。

簡単便利なスマホアプリが助かる

bitFlyerはスマホアプリもありますので、お出かけ先でも手軽にあつかえるのが特徴です。スマホアプリであれば感覚的にあつかえるため、初心者の方でも簡単に操作ができるでしょう。

スマホアプリでは自分が保有している仮想通貨の状況を確認出来ると共に、取引情報や売買、決済など一通りのことは可能です。もちろんマーケット情報など各種最新情報もゲットできますので、お仕事の休憩時間やお出かけ先の隙間時間で便利に使えるでしょう。

電話でサポートを受けられて便利

bitFlyerには電話でサポートが受けられますので、不安な事や疑問点が出てきても安心。初心者の方でも気軽に試せます。

サポートによっては英語が出来ないと会話が通じないというケースもありますが、ビットフライヤーであれば日本語対応していますので安心です。電話サポートではトラブルがあったときにスピーディーに問題を解決してくれるというメリットがあります。

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイントは?

大手取引所の安心感と高いセキュリティが安心

ビットフライヤーは、大手取引所ならではの安心感があるのがメリットの1つです。株主に大企業が多く、そう簡単に潰れることはありません。企業に指示されている大手取引所だからこそ、安心感がちがいます。

また大手取引所ならではの高セキュリティシステムを採用。7年以上ハッキングゼロという異例の記録を誇っている驚異のサーバーです。ハッカーに侵入される心配もなく、大切な資産をしっかり守ってもらえます。

取引量とユーザ数国内No.1なので頼もしい

取引量とユーザ数が6年連続国内ナンバーワンを記録しており、ユーザ数は現在も増加し続けています。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

取引できる仮想通貨の銘柄も15種類で他の取引所と比べて圧倒的に多いです。結果ビットフライヤーを中心に使うようになったという投資上級者の方も多く、非常に信頼度が高いサーバーだといえるでしょう。

またユーザ層も非常に幅広く、若年層から高年齢層まで、初心者ユーザーから上級者まで利用しています。これから先本格的に投資を始めたい方、将来性がある取引所、安定性がある取引所をお探しの方におすすめです。

レバレッジ取引が可能なのでうれしい

レバレッジ取引が可能な点もビットフライヤーの特徴です。レバレッジ取引は差額で売買を行い、差額分が収益になるという取引ですが、こちらのレバレッジ取引は初心者の方でも気軽に取り組める取引なので、取引所の中でもレバレッジ取引を積極的に行える場所をお探しの方にぴったりです。

ビットフライヤーの優しい点は、初心者へのサポートが手厚いこと。レバレッジ取引が初めてという方に向けてのサポートも行っていますので、安心して取り組めます。

bitFlyer Lightningが使えて助かる

bitFlyerLightningは、ビットフライヤーが提供している取引所ツールです。非常に高性能なツールで、取引を有利に進められるようにサポートしてくれます。

こちらは3つのチャートモードを搭載しており、それぞれチャートの種類や使い勝手が異なります。初心者であれば初期状態のライトチャートがおすすめですが、初期状態でも手軽でシンプルであつかえる上に、はじめて使う上でみやすくわかりやすいチャートになっていますので、これから投資を始める方でも扱いやすいでしょう。

銀行振込での入金手数料が無料がお得

bitFlyerは銀行振込の手数料が無料で利用できます。24時間365日いつでも入金できますので、自分の都合に合わせて取引しやすいでしょう。朝夜関係なく手数料無料な取引所はほとんどありませんので、手数料を抑えたい方、この時間帯にやりとりをしたい方に人気です。

取引をする上で入金手数料がかかる取引所は非常に多く、何度も取引をしていると手数料は馬鹿になりません。入金手数料を無料にしたい方、できるだけ振込を手軽にしたい方にぴったりです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の注意点は?

ビットコイン以外は販売所がメインなので使いにくい

ビットコイン以外は販売所がメインになっていますので、ビットコイン以外の仮想通貨を取り扱う場合は、取引所扱いではないことは頭に入れておきましょう。販売所と取引所は似て非なる物ですので注意が必要です。

ただし、ビットコインをメインに取引を考えている方にとっては、サポート体制も充実していますので安心です。仮想通貨の種類がよくわからない初心者の方はとくに、まずはビットコインに絞って取引をすると負担を減らせるでしょう。

取引コスト、出金手数料が他と比べて高い

ビットフライヤーは取引コストが少し高いのが難点ではあります。基本手数料や出金手数料が770円と他の取引所に比べて高く設定されていますので、ある程度まとめて出金しないと損をする可能性があるでしょう。何回かに分けて取引をすることはおすすめできません。

ただし、入金手数料が無料なため、他の取引所と比べてプラスマイナスゼロではあります。他の取引所と比べても結果として高く感じませんので、手数料を抑えたい方にぴったりです。

取引画面の動きが遅くなるので不便

ユーザー数が増加していることや高機能ツールを搭載していることもあり、取引画面の動きが遅くなる場合があります。とくにスマホアプリを利用する場合は動きが重くなる可能性がありますので、できるだけネット環境が安定している場所で取引をした方が良いでしょう。

ネット環境を安定させるために有線を利用する事で解消されるケースも少なくありません。こちらは各ご家庭で工夫できる部分ではありますので、取引画面が遅く感じたら色々と手を試してみてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録の流れをご紹介

bitFlyerの登録に必要なものは?

bitFlyerに登録するために以下の3点が必要です。

  • マイナンバーを始めとした身分証明書
  • 連絡を取れるメールアドレス
  • 振込用の銀行口座の3点が必要です。

他には、本人確認書類は運転免許証などの身分証明書も合わせて必要になる可能性がありますので、準備しておきましょう。

bitFlyerのアカウント登録方法・手順をご説明

bitFlyerに登録する際にはまず、メールアドレスを新規登録します。公式ホームページからメールアドレス登録画面を開き、メールを送りましょう。その後返送されてきたURLからパスワード設定や2段階認証、取引時の情報入力など、各種情報を入力します。

その後本人確認書類を提出して、銀行口座を登録した後、送付されてきたハガキを受け取って登録は完了です。

1.メールアドレスの登録を行う

メールアドレスはフリーアドレスなどでも構いません。ただし登録時に必要、情報が届くこともありますので、連絡が取りやすいアドレスにした方が良いでしょう。

2.パスワードの設定と同意事項のチェック

パスワードを設定したら、同意事項にチェックを入れます。同意事項に1つでもチェックが入っていないと完了しませんので気を付けて下さい。

3.2段階認証を実施

セキュリティ対策として2段階認証を行います。携帯のSMSで受け取る方法、認証アプリを利用する方法、メールで受け取る方法がありますので、都合の良い方法を選んでください。

4.取引時の情報入力

名前や性別、生年月日に住所など、取引時の情報入力を行います。このタイミングで取引目的なども入力が必要です。取引内容に虚偽や誤りがあると口座開設に影響を及ぼす可能性がありますので、正しい情報を入力して下さい。

5.本人確認書類の提出

運転免許証などの本人確認書類を提出します。WEB上で確認ができるクイック本人確認と、対面で確認を行う方法がありますので、都合に合わせて選びましょう。

6.銀行口座の登録

自分が利用する銀行口座を登録します。日本円を入金するために利用する口座を登録してください。住信SBIネット銀行や三井住友銀行を利用すると、各種手数料を削減できるのでおすすめです。

7.確認書類をもらう

本陣情報で登録された住所にハガキが到着すれば、住所確認が完了します。
これで口座開設の手続きは完了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)で扱える仮想通貨はどんなものがある?

人気のビットコイン

ビットコインは仮想通貨の中でも最も早くに出てきた仮想通貨です。中央銀行や単一の管理者を持たないデジタル通貨で、ユーザー全てが管理者、ユーザー同士で取引を出来る仮想通貨の代表例として知られています。

取引は全てネットワーク上で行われますので、現物のお金とは違い所持する負担がありません。仮想通貨は通常のお金と同じように、ショッピングをはじめ各所で利用できる他、現実のお金と取替えて利益を上げることもできます。

ビットフライヤーでもメインとして取り扱われている仮想通貨で、取引初心者~上級者まで人気です。

その他15種類のアルトコイン

ビットコインの他にも、仮想通貨にはさまざまな種類があります。これらの仮想通貨もビットコイン同様、ネットワーク上で取引が行われるタイプです。

ビットフライヤーで取り扱われているのは、アルトコインやイーサリアム、リップル、ライトコインやモナコインなど、現在15種類の銘柄が取り扱われています。いずれのコインも頻繁に取引がされており、初心者~上級者まで投資レベルに関係なく取引されている仮想通貨です。

こちらは今後種類が増えていく可能性もあれば、反対に取扱いが無くなることもありますので、気になる種類があるかどうかチェックしてみるといいでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料一覧

ここからは、ビットフライヤーを利用する際にかかる、手数について解説します。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引手数料

ビットフライヤーの取引手数料は、約定数量×0.01~0.15%です。取引金額が高くなればなるほど、パーセンテージが上下します。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金手数料

入金手数料は、住信SBIネット銀行から入金すると無料です。ただし住信SBIネット銀行以外から入金すると、330円の手数料がかかります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金手数料

出金手数料は220円から770円と幅があります。三井住友銀行への出金の場合は220円とコストダウンできるのが特徴です。

 bitFlyer(ビットフライヤー)の送金手数料

送金手数料は銘柄ごとに異なります。ビットコインであれば0.0004BTC、イーサリアムなら0.0005ETHです。

bitFlyer(ビットフライヤー)をおすすめしたい人、向かない人

おすすめしたい人

ビットフライヤーをお勧めしたい人の特徴です。

  • ビットコインをメインに取扱いしたい人
  • 投資初心者の方
  • セキュリティが安心の取引所を探している方

これらの方におすすめです。ビットフライヤーはサポート体制が充実しており、ビットコインの取扱いは他の取扱所に比べて信頼度が高く、セキュリティ面も安心して使えます。とくに初心者の方に対してのサポートが非常に手厚く、わからないことがあれば親身になって相談に乗ってもらえます。

仮想通貨取引所の中でもセキュリティ対策に非常に優れている取引所をお探しの方にぴったりです。セキュリティが低い取引所の場合、せっかく利益を上げても全ての資産を失う可能性もありますので気をつけないといけませんが、ビットフライヤーにはその心配はありません。

向かない人

反対にビットフライヤーに向かない人の特徴です。

  • 各種手数料を無料で扱いたい方
  • ネット環境が安定していない方
  • 豊富な銘柄数から商品を選びたい方

これらの方にはあまりおすすめできません。ビットフライヤーは取引所の中でも出金手数料が高めと言われており、三井住友銀行など安くなる銀行を使わないと取引の度に負担が生じます。

逆を言えば三井住友銀行など各種提携銀行を利用すれば、手数料負担は抑えられますので、取引に合わせた銀行を利用できる環境を作れる方であればデメリットにはならないでしょう。

また高機能ツールを多数取り入れているため、画面が重くなりがちなのも難点です。ただしこちらもネット環境を安定させられればそこまでの負担にはなりにくいので、安心して使ってみてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)に関するQ&A

bitFlyer(ビットフライヤー)のクレカについて知りたい。

bitFlyerのクレカはポイントの代わりにビットコインが貯まるのが特徴です。ビットコインを貯めたい方におすすめです。還元率が非常に高く、ビットコインを貯めやすいでしょう。キャンペーン期間中であればよりお得に貯められます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設の条件はどんなもの?

bitFlyer口座を開設する際には、身分証明書など必要書類がいくつかありますので、事前に準備しておきましょう。主に必要なのは、メールアドレス、本人確認書類、銀行口座です。

メールはフリーメールでも大丈夫です。本人確認書類としては、パスポートやマイナンバーカード、在留カードなどが必要です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミまとめ

bitFlyerはこのように、初心者でも扱いやすい取引所として親しまれています。特にビットコインをメインとして取り扱っている大手の取引所としても有名です。

取扱い通貨はビットコインの他にも複数用意があり、サポート体制やセキュリティ対策も充実しているため、仮想通貨取引をこれからはじめたい方、レベルアップのためにしっかりと取り組んでみたい方、セキュリティ対策を強化したい方などにぴったりです。

安心感のある取引所、信頼度の高い取引所、ビットコインがメインの取引所をお探しの方は、ビットフライヤーを検討してみてはいかがでしょうか。

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、株式会社アルファコンサルティングでは本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。