DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の評判・口コミは?出金・入金手数料、スプレッドなどの基本情報からキャンペーン情報までご紹介

今回の記事は、DMM Bitcoinについてまだ詳しく知らない人に向けて解説したものです。記事の前半では販売所の特徴、利用するメリットとデメリットについて解説します。

また後半は実際利用した人の口コミや評判どんな人が向いているのか紹介していきます。他にも、始めるための具体的な手順についても紹介しているのでぜひ参考にしてください。

※2022年8月15日情報調査日
※2022年8月15日更新日

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の基本情報

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)


出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
・取引可能な暗号資産が豊富
・初心者も使いやすい!最短当日取引可能
・手数料無料でお得に取引できる

取引可能な暗号資産が豊富

DMM Bitcoinで取引可能な暗号資産は最もメジャーな暗号資産の1つである「ビットコイン」に加えて、約14種類のアルトコインです。(※2022年5月28日時点)

また、レバレッジ取引も可能であり、その際に取引できる暗号資産の種類は国内最大級となっています。なので多様な暗号資産を様々な投資方法で取引を楽しめます。

初心者も使いやすい!最短当日取引可能

DMM Bitcoinは「スマホでスピード本人確認」という方法で口座開設すると、最短当日で取引を開始できます。

この方法はスマホで本人確認書類などの審査用書類を全て提出し、審査結果まで知ることができるため、初心者の方でも簡単です。

手数料無料でお得に取引できる

DMM Bitcoinは取引にかかる様々な手数料が無料となっています。加えて口座開設・維持手数料や日本円の入出金手数料も無料なので非常にお得です。

なので手数料を気にして取引する必要がないため、初心者の方も安心して続けられるのではないでしょうか。

DMM Bitcoin
代表的な銘柄 BTC、ETH、XEMなど
取引通貨数 15種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設完了で、全員にもれなく「即時」2,000円プレゼント!

公式サイトはこちら

DMMDMM Bitcoinを利用する5つのメリット

レバレッジ取引ができる

仮想通貨取引には大きく分けて販売所と取引所で売買する方法があります。また取引所での売買においてレバレッジ取引などで投資ができない所もあるので注意が必要です。

そうした取引所がある一方、DMM Bitcoinでは取り扱っている仮想通貨全てでレバレッジ取引が可能となっています。そのため初心者から上級者まで投資を楽しめるでしょう。

レバレッジ取引の種類が国内No.1

DMM Bitcoinでは、「ビットコイン」を含めた15種類の仮想通貨でレバレッジ取引を楽しめます。(※2022年5月28日時点)またこれだけ豊富な種類のレバレッジ取引が楽しめる国内取引所はここだけです。

取り扱っているアルトコインには、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ネムといったメジャーなものから、エンジンコインなどの新しいものまで幅広く揃っています。

取引手数料が無料

DMM Bitcoinでは、初心者から上級者まで手数料を気にせず取り引きが楽しめます。その理由は各種手数料が無料となっているからです。

無料となっている手数料の1つに口座開設・維持手数料と入出金手数料があります。さらに暗号資産の入出金手数料無料に加えて、現物取引とレバレッジ取引における取引手数料も無料となっているため、非常にお得と言えるでしょう。

高技術なセキュリティ体制

DMM Bitcoinのセキュリティ対策として、オフラインでユーザーの資産を守るコールドウォレット運用や、出金時に厳重な作業工程を実施しています。そのため外部から資産を強奪されるリスクを極限まで軽減していると言えるでしょう。

さらに外部からの不正ログイン防止に加えて、厳格な社内セキュリティを用いて身内からの不正も防止できるようになっており安心です。

LINEで問い合わせができる

DMM Bitcoinでお問い合わせをしたいときには、お問い合わせフォームもしくはLINEで受付可能です。また365日対応しているので、気になったことがあればすぐ確認できます。

実際にLINEでお問い合わせしたい場合には、HP上のQRコード読み込み、またはLINE IDから検索し、「友だち追加」を行って下さい。そしてお問い合わせ内容をメッセージとして送信すれば完了です。

DMM Bitcoinに潜むデメリットを紹介

取引所対応の通貨がない

DMM Bitcoinで取引する際、取引所対応の仮想通貨がありません。そのため取引所での取引をしたい人にとっては大きなデメリットと言えます。とはいえ、販売所経由で現物取引やレバレッジ取引が可能なため、他取引所よりも投資スタイルが豊富です。

また様々な手数料が無料なので、初心者が初めて取引を開始する場所としてはぴったりと言えるのではないでしょうか。

現物取引できる通貨が少ない

DMM Bitcoinでは15種類と豊富な仮想通貨を使ったレバレッジ取引ができることです。しかし公式サイトによるとその一方で、現物取引できる仮想通貨は11種類と少なくなっています。(※2022年5月28日時点)

それでも現物取引できる仮想通貨の中にはビットコインやイーサリアムといった比較的価値の安定しているものが含まれています。また小額から投資を始められるので、初心者に優しいと言えるのではないでしょうか。

スプレッドが広くなることがある

スプレッドは買値と売値の差(例えば買値が102万で売値が100万ならスプレッドは2万となる)を指します。なのでユーザー目線で考えるとスプレッドが狭いほど利益を出しやすいわけです。

しかしスプレッドは取引流通量が少ないほど広くなる傾向にあります。なので流通量の少ない仮想通貨を選んだり、同じ仮想通貨であっても流通量が少ない日があると、手数料が高くなるので注意しましょう。

良い口コミや評判

安心できる

ホームページは分かりやすく、日本人なりの考え方と論理性で構成されているような気がします。手数料0円などのお得なキャンペーンがよく行われており、サービスが充実しているなと思います。苦情や相談に関しては電話できるので安心感もあります。ビットコインの様々なリスクや注意事項も分かりやすく、金融知識が浅い人にとっても安心して判断できそうです。

出典:みん評

アプリは気に入っています。

先日、DMM Bitcoinに登録してみました。実際に使ってみての感想を簡単にまとめようと思います。まず、アプリがとても良くて気に入っています。デザインや使いやすさの面で評価できると思いました。次に、入金は日本円(JPY)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の3つだけなので微妙です。最後に、ETH以外のアルトコインを使えるのはレバレッジの取引のみです。つまり現物所持はできないということです。ここが残念だなと思いました。

出典:みん評

口コミを見る限り大手取引所としての信頼感に加えてキャンペーンなどでお得に始められるため、初心者にも人気があるようです。

悪い口コミや評判

問い合わせを既読スルーするカスタマーサポート。。資金を預けてこうなったらと思うと怖い

審査完了後の認証コードの郵送物が届かないので問い合わせたが、対応は最悪。
LINEの有人カスタマーサポートに問い合わせて、案内された問い合わせフォームは返信無し。そのことを伝えるため、再びLINEのカスタマーサポートに戻って尋ねると、まさかの既読スルー。
大事な資金を預けた後、
トラブル時に都合が悪いとこのような対応になると思うとゾッとした
GMOコインなど、他の取引所でも同様の機能やサービスを備えているので、まず安心できる会社かどうかをよく比較検討して決めた方がよいと思い知らされた
少なくとも私には
こんな企業の取引所に何十万、何百万の資金を預けるのは恐ろしい。無理。。

出典:みん評

口コミを見る限り、現物取引できる仮想通貨の銘柄数が少ない事と、サポート対応に不満を持つ声が上がっています。また手数料の高さをネックに感じる人も少なからずいるようです。

DMM Bitcoinにかかる手数料

DMM Bitcoinでは円もしくは仮想通貨の出金と入金手数料が無料となっています。また現物取引とレバレッジ取引における取引手数料も同様に無料です。

その一方で手数料が必要となるのは、BitMatch取引手数料レバレッジ手数料です。BItMatch取引手数料は現物取引とレバレッジ取引の両方で発生し、取引する仮想通貨の銘柄によって違ってきます。

手数料が確定する流れとしては、買い注文又は売り注文(レバレッジ取引であれば、新規注文又は決済注文)が約定した際に、預託証拠金残高の円貨から差し引かれるようになっています。

また有効期限内にマッチングが成立せず、成行にて約定した場合は、BitMatch取引手数料は無料です。もう1つのレバレッジ手数料は、ポジション金額の0.04%/日のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生するようになっています。

DMM Bitcoinで取引できる仮想通貨の種類

現物取引できる通貨の種類

現物取引は売買の都度、購入代金の受け渡しを行う取引のことです。また小額から開始できるため、初めて仮想通貨取引をされる方におすすめの方法になります。

さらにDMMビットコインでは取引システムアプリの「STモード」を利用することで、直感的に取引できるので使いやすいです。現物取引できる通貨は全部で11種類(ビットコインと10種類のアルトコイン)あります。

またアルトコインは時価総額の高いコイン(イーサリアムやライトコイン)だけでなく、比較的新しい将来性のあるコイン(エンジンコインなど)など多様な種類が揃っています。

レバレッジ取引できる通貨の種類

レバレッジ取引で扱う仮想通貨は15種類です。また取り扱っている仮想通貨の種類は、現物取引で取り扱う11種類に加えて、テゾス、ネム、クアンタム、シンボルとなっています。

DMM Bitcoinは、国内取引所の中で最もレバレッジ取引が行える仮想通貨の種類が多いため、多くのユーザーに人気があります。

他にも、レバレッジ取引では資金の2倍の取引ができたり、保有している暗号資産を証拠金にして取引ができたりします。

また現物取引ではできない差金決算が可能なため、上昇と下落のどちらの相場であっても利益を狙えるのがレバレッジ取引の魅力です。

DMM Bitcoinが向いている人とは?

レバレッジ取引したい人

DMM Bitcoinはレバレッジ取引で取り扱っている仮想通貨の種類が国内トップクラスです。さらに15種類と豊富な仮想通貨の中には、時価総額の高いコインから最新のコインまで幅広く揃っています

なので投資方法によって様々な楽しみ方ができます。また初めてレバレッジ取引を始める方から、取引に慣れて大きな利益を狙いたい方にもおすすめです。

手数料を安くしたい人

仮想通貨取引所を選ぶとき、利益を増やすために手数料を重要視する人は多いのではないでしょうか。その点、DMM Bitcoinでは各種手数料が無料となっているため、手数料を安くしたい人におすすめです。

また手数料が無料もしくは安いため、少額でも取引を続けていくと利益が積み重なっていき、大きな成果になるかもしれません。

口座開設を簡単にしたい人

仮想通貨取引を初めてスタートする人にとって、取引口座を開設するハードルが高く感じる人は多いのではないでしょうか。そう感じている人にこそ、DMM Bitcoinがおすすめです。なぜならDMM Bitcoinでの取引口座開設は1時間で完了できるからです。

また事前に用意するものは登録用メールアドレス、銀行口座、スマートフォン、本人確認書類だけとなっています。

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

口座開設すると2,000円がもらえる

DMM Bitcoinでは、口座開設をした人に即時2000円がもらえるキャンペーンを開催しています。キャンペーンの対象者は新規口座開設をした人のみです。

さらにキャンペーン期間は2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分となっているので、まだまだチャンスがあります。

注意事項は、キャンペーン特典は1人1回限りであり、過去に口座解約歴がある人はキャンペーンの対象外となっていることです。

DMM Bitcoinでの使い方

DMM Bitcoinへ入金

DMM Bitcoinへ日本円を入金する場合は「クイック入金」「振込入金」で行えます。「クイック入金」ではすでに登録した金融機関口座から24時間いつでも入金できるサービスです。

一方「振込入金」の場合は、振込先の指定口座情報が表示されるため、金融機関から指定口座へ振込する必要があります。

他にも、暗号資産を入金する場合は、マイページから暗号資産の入金を選択することで入金アドレスを確認できます。そのアドレスへ暗号資産を送付すれば完了です。

ウォレット口座からトレード口座へ資産を移動

先程の入金作業だけでは仮想通貨取引を開始できません。なぜなら先程作業で完了したのはウォレット口座への入金だけだからです。取引を開始するために、ウォレット口座からトレード口座へ再度資金を移動させる必要があります。

トレード口座へ資金が入金した後は、いよいよ取引開始です。またDMM Bitcoinでは自動振替設定があるため、それを有効にしておけばこの手順を省くことができます。

仮想通貨の購入

DMM Bitcoinでここまでの手順が終了した後、仮想通貨を購入できます。仮想通貨購入の手順としては、アプリにログインし「暗号資産パネル」をタップし、画面下に現れる「購入ボタン」をタップします。

次に金額と数量を入力し「買い注文にすすむ」をタップすると、注文内容が表示されるので、内容を確認し「上にスワイプ」すれば注文完了です。注文後、購入した仮想通貨の残高が増えているのを確認できます。

DMM Bitcoinの押さえておくべきポイント!

預けた資金の2倍相当の取引ができる

レバレッジ取引は預けたお金以上の金額で取引ができるサービスです。レバレッジ2倍取引を例に考えると、ユーザーが預けたお金が10万円の場合、20万円分の取引が可能になります。

そのため10万円という元手を用意することで、普通に取引するよりも多くの利益を得ることが可能になるわけです。レバレッジ取引はそうしたメリットがあるものの、失敗した時に資産を失うスピードが早いなどのデメリットも存在します。

なのでレバレッジ取引はハイリスクハイリターンな投資方法であることを理解しておきましょう。

仮想通貨を保有したままレバレッジ取引ができる

DMM Bitcoinのレバレッジ取引では、現物の暗号資産を証拠金にすることで、他の暗号資産への投資が可能です。そのため他の暗号資産取引を始める際、わざわざ手持ちの仮想通貨を売却する必要がありません

さらに取引可能額は「暗号資産の価格×数量×代用掛目(50%)×レバレッジ(2倍)」となっており、取引で得た利益は日本円で入金されるため、証拠金にした暗号資産はそのまま残ります。

DMM Bitcoinで口座開設する方法

ステップ1.メールアドレスの登録

DMM Bitcoinで取引を開始するために必要なファーストステップが口座開設です。その口座開設のためにメールアドレスの登録を済ませる必要があります。

なので事前にメールアドレスを用意しておきましょう。

具体的な手順としては公式HPから「口座開設」ボタンを押し、予め用意した登録用メールアドレスを入力します。すると、メールアドレス宛に確認メールが来るのでそれを確認してください。

ステップ2.基本情報の入力

先程のメールアドレスにURLが添付されているので、それをクリックしましょう。すると口座開設に必要な基本情報を入力するための口座開設フォームへ飛ぶので、パスワードを入力します。

次に契約締結前交付書面等の内容を確認し、必要事項を入力していきましょう。ここまで完了すれば次が最後の作業です。最後の作業の前に本人確認書類を予め用意しておきましょう。

ステップ3.書類提出&本人確認

最後の手順の前に、スマートフォンと本人確認書類を用意しましょう。用意した後に、「スマホでスピード本人確認」「本人確認書類アップロード」のいずれかの方法で本人確認を行う必要があります。

またマイナンバー確認書類の提出とSMS認証も必要です。申請後、DMM Bitcoin側で審査が行われ最短1時間で結果を知ることができます。ここまでの手順は初めての方でも迷わず完了できるよう、画面に分かりやすく表示されているので安心です。

ステップ4.口座開設完了

先程の手順で「スマホでスピード本人確認」を選んだ場合、登録したメールアドレス宛に審査結果の連絡が来ます。一方「本人確認書類アップロード」を選んだ場合、登録した住所へ本人宛に郵便物にて審査結果を送付するようになっています。

なのでその日のうちに取引を始めたい場合は、「スマホでスピード本人確認」を選択する方がおすすめです。

DMM Bitcoinの気になるQ&A

いくらから取引可能?

DMM Bitcoinでは、現物取引やレバレッジ取引の際、最低発注数量が決まっていますまた最低発注数量は仮想通貨の種類ごとで違っており、さらに同じ仮想通貨であっても取引方法によって数量に差があります

なのでビットコインの場合、現物取引は0.0001BTCですが、レバレッジ取引だと0.010BTC必要です。イーサリアムであれば現物取引は0.001ETH、レバレッジ取引は0.10ETHとなっています。

DMM Bitcoin専用アプリはある?

DMM Bitcoinにはスマートフォン用アプリがありますアプリは初心者から本格的な取引をしたい方まで満足できるよう2つのモード(STモードとEXモード)を搭載しています。

STモードは初心者向けのモードであり、シンプルな画面で簡単に売買が可能です。一方EXモードは本格的な取引をしたい方向けのモードであり、多彩な注文方法や高機能なチャート画面などを活用できます。

パソコンがなくても取引できる?

DMM Bitcoinではスマートフォンとパソコンの両方で取引が可能です。スマートフォンで取引をする場合には、DMM Bitcoin専用のアプリがあるのでそれを活用しましょう。

またスマートフォン用アプリは公式HPから簡単にダウンロードできるようになっています。ダウンロード後は取引スタイルに合わせたモードを選べるようになっているので、初心者から取引上級者まで満足できるでしょう。

口座開設は無料?

DMM Bitcoinで仮想通貨取引を開始するために必要な口座開設は、無料でできるようになっています。また初めて口座開設をされる方向けのお得なキャンペーンを開催していることがあるため、ぜひチェックして見てください。

さらに口座開設の手順は簡単で、メールアドレス登録、基本情報の入力、本人確認の3ステップだけです。加えて最短1時間で審査結果が通知されるので気軽に始められます。

銀行振込の反映にどのくらい時間がかかる?

DMM Bitcoinでは入金方法によってウォレット口座へ反映される時間が違います。クイック入金の場合は、土日祝日を含め24時間いつでも入金可能であり、入金直後から反映されます。

一方銀行振込の場合は、DMM Bitcoinで着金の確認が必要なため、反映まで最短5分必要です。また毎月第2土曜日21時50分〜翌6時までの間は定期メンテナンスがあるため入金が反映されないため注意しましょう。

誰でも口座開設ができる?

DMM Bitcoinの口座開設ができる対象者は、成年年齢以上かつ満75歳未満の行為能力を有する個人であることと、日本国内に居住していることです。なので日本に住んでいる成人であれば基本的に口座開設ができるようになっています。

しかし日本国内の金融機関口座をもっていなかったり、反社会的勢力関係者は開設できません。また犯罪に口座を活用した場合には、口座が凍結され取引が停止されます。

DMM Bitcoinでの買い方、使い方は?

まずは仮想通貨の購入のために、ウォレット口座からトレード口座へ資金を移動させましょう。その後アプリへログインし、購入したい暗号資産パネルをタップした後、買いたい金額と数量を入力して注文すれば完了です。

完了後、取引口座を確認し購入した分、残高が増えていれば問題なく購入できています。さらにDMM Bitcoin専用スマートフォンアプリをダウンロードすれば簡単に売買できるだけでなく、高度な分析ツールを使った取引を楽しめるので、ぜひ活用してみてください。

DMM Bitcoinの出金、送金方法は?どれくらい時間はかかりますか?

DMM Bitcoinの出金はマイページにログインし「日本円・暗号資産の出金」から「日本円出金」を選択し手続きすれば完了です。また完了にかかる時間は出金以来の翌営業日から起算して原則3営業日(土日祝日を除く)以内となっています。

さらに1回1回あたりの最低出金額は2000円以上、最高出金額は1億円未満です。ビットコインを送付する場合には、マイページへログインし「出金」を選択し、「BTC出金」を選びます。

すると送付用画面が表示されるので「出金アドレス」「出金数」「出金の目的」を入力します。その後「2段階認証」のコードを入力し、「出金する」を選択すれば完了です。

ビットコインの送付にかかる時間はばらつきがあり、早ければ約10分、遅ければ数日~数日を要します。また取引にかかる手数料は無料ですが、マイナーに対する報酬として別途手数料が必要です。

まとめ

DMM Bitcoinはレバレッジ取引のできる仮想通貨銘柄数が国内仮想通貨取引所の中でトップクラスとなっています。そのためレバレッジ取引で積極的に運用したいと考えている方に向いていると言えるでしょう。

さらにLINEで気軽にお問い合わせができることや、充実したセキュリティ対策を構築していることに加えて、各種手数料が無料のため、初心者も安心して利用できます。

ほかにも専用スマートフォンアプリをダウンロードすれば、2つのモード(初心者向け・上級者向け)から自分に合った方を選択することで、より取引を楽しめます。

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、株式会社アルファコンサルティングでは本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。