DMM FXの評判・口コミは?デモトレードの詳細やキャンペーン情報、口座開設方法までご紹介

DMM FXは日本国内で80万以上の人が口座開設を行っている、大手FX会社のひとつです。過去には有名女性タレントを使ってのTVコマーシャルなど、大幅な広告戦略を行っているなどで、DMM FXの名前を目や耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

FX業界でも高い人気を誇っているため、使っている人の口コミや実際の評判などを知りたい人が多いのも事実です。ここでは、DMM FXの特徴やメリットなどを紹介していきます。

※2022年8月15日情報調査日
※2022年8月15日更新日

DMM FXの基本情報


出典:DMM FX

DMM FXのおすすめポイント

  • 米ドル/円で0.2銭の低スプレッド
  • 機能性のあるスマホアプリを利用できる
  • 最短当日に取引スタート

おすすめポイント1:米ドル/円で0.2銭の低スプレッド

DMM FXは業界でも最狭水準レベルのスプレッドを提供しています。公式サイトによると米ドル/円で0.2銭、ユーロ/円で0.5銭、ポンド/円で1.0銭というスプレッドの数値です。(※2022年5月22日時点)

スプレッドが狭ければ、トレーダーは低コストでのトレードを実現することが可能です。

おすすめポイント2:機能性のあるスマホアプリを利用できる

DMM FXが提供しているスマートフォン向けのアプリはシンプルで使い勝手がよく、機能性が高いことで有名です。

スマホの画面でリアルタイムの相場動向やテクニカル指標を確認しながら、指値・逆指値などの細かな注文を出せます。

おすすめポイント3:最短当日に取引スタート

WEBサイトから口座開設の申し込みを行ってから、最短1時間後に取引をスタートさせることができます。

スマホでスピード本人確認を使用することで、自宅での郵送書類の受取の必要がなく、スピーディな口座開設を提供しています。

DMM FX
口座数 80万口座(2020年8月31日時点・外為ジャパンFXと合算)
通貨ペアの種類 21通貨ペア
最小取引単位 1万通貨
取引手数料 0円
スプレッド
※10,000通貨時
米ドル/円 : 0.2銭
ユーロ/円 : 0.5銭
ポンド/円 : 1.0銭
デモ口座 あり

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設+取引で最大20万円のキャッシュバック

DMM FXの
公式サイトはこちら

DMM FXの特徴・メリットとは

ここからは、DMM FXが提供するサービスの特徴や取引を行う上でのメリットを12のポイントにして紹介してきます。

どこのFX会社で口座開設をしようかと検討する際に、FX会社の特徴やメリットをあらかじめ知っておくことで、他社とも比較がしやすくなるのではないでしょうか。

1.米ドル/円などでスプレッドが狭い

上記でも紹介しましたが、DMM FXの提供するスプレッドは業界でも最狭レベルの狭さを誇っています。日本人に人気の高い3つの通貨ペアでは、米ドル/円で0.2銭、ユーロ/円で0.5銭、ポンド/円で1.0銭のスプレッドを提供しています。

エントリーを行えば、スプレッド分だけ必ずマイナスになります。つまり、スプレッドが狭いということは、その分だけ取引コストが安くなるのです。トレードの回数が多くなれば、スプレッド分でのコストも馬鹿にならないので、スプレッドは重要なファクターになります。

2.保有する現物株式を利用できる

DMM FXのサービスを提供しているDMM.com証券ではDMM証券で株式投資のサービスも行っています。DMM証券に株券を保有していれば、その株券を担保にして、FXの証拠金に充てることができ、FX取引が可能なります。

もし配当金狙いで長期保有している株券などがあれば、新たに現金を用意せずともFXの取引ができるというサービスです。株券を他の証券会社で保有している場合は、株券を移管することの可能ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

3.「取引応援ポイントサービス」で現金をゲット

DMM FXでは「取引応援ポイントサービス」という、取引を行うごとにDMM独自のポイントがたまるサービスを口座開設者に提供しています。

たまったポイントは現金化してキャッシュバックができるため、DMM FXで利益をあげる方法としては、FXトレードでの為替差益+ポジション保有によるスワップポイント+取引ボリュームによるポイントの3つがあります。

これらの3つを上手く活用することで、効率よく利益をあげることができるかもしれません。

4.取引に関する手数料がすべて無料

DMM FXではFXのトレードで1回1回にかかる手数料は必要ありません。また、無料でFX口座を開設することができますし、一度開設したFX口座を維持保管するための手数料は必要ありません。

FX口座にお金を入金するために必要な手数料も無料ですし、FX口座から自分の銀行口座へお金を出金する時の手数料も必要ありません。つまり、取引にかかわるすべての手数料が無料なのはありがたいです。

5.LINEなどのサポートが24時間対応

FX初心者の人はいざFXの取引をやろうとしても、チャートの画面で何を触っていいのか、どうやって注文したらいいのかと、わからないことだらけかもしれません。そのような時には、サポート体制がしっかりしているFX会社はすごく助かります。

DMM FXのサポート体制は、24時間受付しているので、会社が終わって夜にトレードをしているサラリーマンや主婦の方でも安心してFXを行うことができます。また、LINEを使って気軽に問い合わせできるのも大きなポイントではないでしょうか。

6.取引スタートまでが最短で1時間

DMM FXでは、WEBサイトやスマートフォン用のサイトから口座申し込みを行うのですが、実際に取引を開始するまでの時間が最短で1時間と非常に短時間で口座開設を完了させることができます。

ただし、これには条件があり、スマートフォンの写メを使って、本人確認の書類やマイナンバーカード書類のアップロードを行うことが必要です。

スマートフォンで気軽に口座開設ができるのは非常にありがたく、また口座開設まで短い時間で済むのは大きなポイントではないでしょうか。

7.クイック入金は約340金融機関に対応で手数料が無料

FX口座にお金を入金する方法には大きく2つがあります。ひとつはクイック入金と通常の銀行振込です。クイック入金のメリットは、その名の通り自分のFX口座への入金反映がほぼリアルタイムで行われることです。

今すぐにでもトレードをしたいという、トレードチャンスを逃さなくていいのは大きなメリットです。さらにクイック入金の手数料は無料であること、対応している金融機関は約340社もあるので、大手の都市銀行のみではなく地方銀行にも対応しています。

8.取引ツールが高機能で操作性が魅力的

DMM FXはパソコン用のツールとしてDMM FX PLUSがあります。このツールでは、経済指標や為替ニュースの通知、20個のテクニカル指標を搭載した高性能なチャートを完備しています。

ひとつのチャート画面上に複数の通貨ペア情報を表示させたりできるのは、投資家にとって大きなメリットになります。スマホ用のアプリでは、シンプルなデザインと操作性の取引画面でストレスなくトレードを行うことができます。

スマホの画面を4分割にできたり、11種類のテクニカル指標を表示させたり、チャートをみながら注文を行えたりもできます。パソコンでもスマホでも初心者からプロのトレーダーまで対応できる豊富な取引ツールを提供しています。

9.「取引通信簿」で自分の取引を分析

自分がどんなトレードをしているのかを客観的に見ることは、トレードスキルを向上させるうえで非常に大事なポイントです。DMM FXの「取引通信簿」で複数のグラフを用いて、取引のデータをわかりやすく可視化してくれて、取引の状況を確認できます。

さらには、トレード期間や通貨ペアでソートして分析が可能なので、自分が得意な通貨ペアなどを客観的に知ることができます。トレード回数や勝率、プロフィットファクターなど分析データを活用することで、トレードのレベルアップを目指すことができるのではないでしょうか。

10.ロスカット基準が証拠金維持率50%以下に設定

ロスカットは、トレードの含み損が大きくなり過ぎて、顧客の資金がマイナスにならないようにするシステムです。ある一定の基準を下回ると、FX会社でロスカットが発動して、保有しているすべてのポジションが決済されてしまいます。

ロスカットにならないようにするのが一番ですが、DMM FXではロスカットの基準が50%になっています。他社は100%のところが多いのに対して50%と低いため、ロスカットのリスクを軽減しやすいことになります。

11.スワップポイントが業界で高水準

スワップポイントはポジションを日をまたいで保有していると得られる金利でちょっとしたお小遣いのようなものです。お小遣いとはいえ、毎日もらえるものなので、塵も積もれば山となるではありませんが、スワップ投資という投資方法もあるので馬鹿にはできません。

DMM FXでは得られるスワップポイントの水準が業界内でも高いレベルにあるため、長期保有の戦略を使って利益も生み出すことができます。通常のトレードで稼ぐもよし、スワップ投資で長期的に稼ぐもよしと、いろんな投資の可能性があるのはありがたいです。

12.デモトレードのスタートを最短1分で可能

DMM FXでは最短1分でデモトレードの口座を開設してFXの取引を体験できます。デモトレードでは、架空のお金を使って、本番で使用する取引ツールやリアルタイムの為替レートを使い、本番さながらのトレードができます。

そのため、DMM FXの取引ツールが自分に合っているかどうか、使い勝手がいいかどうかを判断することが可能です。FX会社選びを行う上で、デモ口座を使えるかどうかは大きなポイントになるのではないでしょうか。

DMM FXを利用するデメリット・注意点とは?

上記ではDMM FXを利用するメリットを紹介してきました。どんな物事でも、メリットがあればデメリットもあり、DMM FXでも例外ではありません。ここでは、DMM FXのデメリットや注意点についてのポイントを3つほど紹介します。

デメリットや注意点を知ることで、自分に合うFX会社かどうかの判断がしやすくなります。

1.最低取引単位は10,000通貨以上に設定

DMM FXの最低取引単位は10.000通貨単位になっています。そのため、米ドル/円でのトレードを行う時では、少なくとも4~5万円の資金が必要になります。

他のFX会社では最小の取引単位が1,000通貨単位、一番小さいところでは1通貨単位と、取引単位がDMM FXよりも少ないところもあり、必要な証拠金を少なく抑えることができます。

少額からでの取引が行える会社と比べると、必要な証拠金が大きくなるのはデメリットになってしまいます。

2.FXニュースや為替レポートなど情報が少ない

FX会社では積極的にFXのトレードを行ってほしいため、FXに関する情報配信や為替レポートなどの発信を行っています。DMM FXでは経済指標のスケジュールや一般的な為替ニュースなどを配信しています。

しかしながら、FXのスキルアップにつながるようなセミナーや今度の展望などのレポートなどの情報量が少ないのは事実であり、DMM FXのデメリットになるのではないでしょうか。

ただ、為替レポートやセミナーなどは別のFX会社のものを利用するという手もあります。

3.取り扱う通貨ペア数

DMM FXの取り扱う通貨ペアは、米ドル・円・ユーロ・ポンド・豪ドルなどに関わるメジャー通貨はほぼ取り扱っています。その数は21種類です。

初心者の方にとってはこの21種類で十分でしょうが、他社では50種類以上の通貨ペアを取り扱うFX会社もあるため、デメリットとして考えられがちです。

FXの取引をはじめる時には、最初から50種類以上の通貨ペアを使う必要はありません。まずは、メジャー通貨と呼ばれる通貨ペアでトレードに慣れてから、マニアックな通貨でトレードしたほうがいいでしょう。

DMM FXの良い口コミ・評判

実際に使っている人の口コミや評判を知ることも、どの会社でFX口座開設をするのかという時のポイントとして大切です。

良い口コミ・評判を知ることで、その会社の利用者がどんな点に魅力を感じているか、何がよかったのかがわかります。ここでは、DMM FXの良い口コミや評判などを7つほど紹介していきます。

1.お得な取引ポイント

リアルなお店でもインターネットのショッピングでも財布の中にはポイントカードを多数持っている人が多いのではないでしょうか。楽天ポイントやドコモのDポイントなど、数多くのポイントサービスが存在します。

DMM FXでも「取引応援ポイント」と呼ばれるポイントサービスがあり、FXのトレードを行えば行うほどポイントがたまる仕組みになっています。口コミを見ると、たまったポイントは現金化できるということが魅力に感じている人が多いです。

2.狭いスプレッド

スプレッドは買いと売りの為替レートの差です。ポジションを持った瞬間に、この差分だけがマイナスになります。

利益を出すためには、まずはこのスプレッド分の値幅以上の値幅を取らなければなりません。そのため、スプレッドの値が狭ければ狭いほど、利益を出しやすくなります。

DMM FXのスプレッドは米ドル/円で0.2銭とかなり小さくFX業界でも最も狭い水準であり、低コストで取引ができるため利益を得やすいとして人気があります。

3.株券を証拠金として利用できる

DMM.com証券の株式のサービスとFXとを連携することで、保有している株券を利用できるのは助かるという意見も多かったです。

今すぐに米ドル/円を買いたい!というポイントで、手元に大きな現金がないという人でも長期で保有している株券があれば、その株券を担保としてFXの証拠金にあてることができるのです。

株式投資で稼いで、それをもとにFXでも稼いで、つまり両方で稼ぐことができる可能性があるのはうれしい限りです。

4.スピーディーな口座開設

鉄は熱いうちに打て、ということわざがあるように、スピード感やモチベーションは非常に大事です。

他のFX会社からDMM FXにFX口座を変更しようとした時、口座開設が1時間ほどで完了して、取引チャンスを逃さずトレードできたのがよかったという口コミが多く見られました。

口座開設の申し込みから取引開始までの時間について、他社よりもスピーディーに始められることに魅力を感じている人が、意外にも多いようです。

5.スマホアプリが使いやすい

DMM FXのスマートフォン用アプリが使いやすいという意見も数多く見受けられます。触ってみて直感的にわかりやすい、画面がすっきりしてストレスを感じないなど、高い評価を得られています。

また、スマホのチャート上にはテクニカル指標を表示させ、ラインを引くなどの多くの機能を搭載しています。狙っているレートに来た時に通知する機能などがあるので、チャンスを逃さずトレードにトレードができる点に魅力を感じている人が多いです。

6.気軽にLINEで問い合わせできる

困ったことがあれば、LINEで気軽に問い合わせができる点に魅力を感じている人も多いようです。電話ではなくLINEが使用できるので、知らない人と話すのが苦手という人でも問い合わせが煩わしくありません。

FXでは難しい用語や注文方法などが特殊なので、FXトレードを始めたばかりの初心者の人にはわからないことが多いのも事実です。気軽に問い合わせができるのは、初心者には安心できる材料ではないでしょうか。

7.クイック入金で即入金が便利

FX口座を開設しただけではトレードを行うことはできません。開設した口座にお金を入金する必要があります。

DMM FXではFX口座へ、手数料が無料で入金できる金融機関の種類は地方銀行にも対応しているため非常に多いです。さらには、入金した金額がFX口座に即反映することも利用者には好評です。

取引タイミングを逃したくない、ロスカットをなんとか回避したいという人が意外に多く、入金がスピーディーなのは非常にありがたいサービスです。

DMM FXの悪い口コミ・評判

DMM FXは良い口コミばかりではありません。中には悪い評判や好ましくない口コミをあります。口座を利用している人のリアルな声として、悪い口コミなども知っておくことが大切でしょう。

良い口コミと悪い口コミの両方を知ることで、DMM FXの本当の姿を知ることができるのではないでしょうか。

1.トルコリラなどマイナー通貨の取り扱いがない

取引できる通貨ペアが21種類しかないことに不満があるという口コミが見受けられます。特に高金利通貨であるトルコリラ/円やメキシコペソ/円などの取扱い通貨ペアがないのは、長期でスワップ投資を行いたい人にとってはあまり好ましくありません。

差益での利益とスワップ投資の2つの投資方法を同時に考えている人にとっては、DMM FXで取り扱っている21種類という通貨ペアの数では物足りないのかもしれません。

2.最低取引単位が10,000通貨なので証拠金が必要

FXを副業でやりたい人が多く、スタート時点での資金が少額である人も数多くいます。そのような少額でトレードしたい人にとっては、最低取引単位が10,000通貨というのは好ましくないという意見があります。

最低取引単位が1,000通貨のFX会社が他にもあり、1万通貨であれば米ドル/円で4~5万円の資金が必要となってきます。少額の資金でFXを気軽に始めたいという人にとっては不満になるのは仕方ないのではないでしょうか。

DMM FXで実施中のキャンペーン

DMM FXをはじめとして、FX各社ではキャンペーンを実施している会社が数多くあります。2022年5月現在で、DMM FXでは2つのキャンペーンを実施しています。

ひとつはスプレッド縮小のキャンペーンで、既に口座を持っている人も対象で、キャンペーンは2022年6月1日まで実施しています。

スイスフラン/円(1.8銭→1.2銭)、ニュージーランドドル/円(1.2銭→0.8銭)、カナダドル/円(1.7銭→0.7銭)とあまりメジャーではないクロス円のスプレッドが小さくなっています。この機会にチャレンジするのもいいでしょう。

もうひとつはDMM FXに新しく口座を開設して、その後の取引を行うことでキャッシュバックが得られるものです。取引量に応じて最大で200,000円のキャッシュバックは非常に魅力的です。

DMM FXで取引を始める時の流れ

FXの口座申し込みを行って取引までの7つの流れを紹介します。

  • 公式サイトから口座開設のアイコンをクリック
  • 必要事項を記入する
  • 本人確認書類やマイナンバー確認書類を提出する
  • 書類審査の連絡
  • マイページにログインする
  • 証拠金を入金する
  • 取引を開始する

各項目についての詳細を解説していきます。

1.公式サイトから「口座開設」を選ぶ

最初にパソコンやスマートフォンで公式サイトへアクセスします。その後、サイトにある「口座開設」のアイコンをクリックします。事前にFX会社を比較して、自分にあうFX会社を選ぶことが大切です。

2.必要事項を入力する

申し込み画面に移行すると、必要事項を入力します。氏名や住所、生年月日などは正確に入力しましょう。申し込み後には審査がありますので、もし確認書類との差異があると審査に時間がかかってしまいます。

3.本人確認書類やマイナンバー確認書類の提出する

申し込みが完了すると、次にやるべきことは本人確認書類やマイナンバー確認書類の提出です。本人確認書類は運転免許証やパスポートなど顔写真付きの公式証明書を、マイナンバー確認書類はマイナンバーカードやマイナンバーが記載された住民票です。

提出方法はインターネットを介してアップロードする方法と、郵送の2つのパターンがあります。アップロードを行うと審査完了までの時間を短縮できます。

4.審査結果の連絡がある

本人確認書類などの書類の提出が終わったら、FX会社にて口座開設の審査が行われます。審査結果はメールで送付されることが多いため、迷惑メールに振り分けられないように設定しておくことが必要です。

5.マイページへログインする

審査結果にはマイページにログインするためのIDやパスワードが記載されてあります。まずは、FX会社のサイトからマイページにログインしてみましょう。必要であればパスワードを変更することをおすすめします。

6.証拠金を入金する 

FX口座が利用可能になったら、次に行うことはそのFX口座へお金を入金します。入金方法は口座に資金が即反映するクイック入金と通常の銀行振込の2つがあります。すぐに取引をはじめたい人にはクイック入金がおすすめです。

7.取引開始する

FX口座開設および入金ができたら、通貨ペアや通貨量を選んで取引を開始できます。デモトレードをしていない場合は、先にデモトレードで練習をしておきましょう。取引ツールに慣れておくことや、FXの基本を体験しておくことでリスクを低減できます。

DMM FXに関するよくあるQ&A

本番の前にDMM FXでデモトレードをしたほうがいい?

DMM FXではデモ口座を開いてデモトレードを行うことができます。架空のお金とはいえ、デモトレードを行うことで、FXの経験を積むことは非常に大切です。

デモトレードでの練習はFXのスキルアップにつながるだけではなく、FXの会社選びにも役に立つのでデモトレードは行ったほうがいいでしょう。

DMM FXの口座開設は何歳からできる?

DMM FXは規約によれば、満18歳以上(高校生を除く)75歳未満であれば口座開設は可能と記載されています。

FX会社によっては18歳未満でも親の同意があれば口座を開設できるところもありますが、DMM FXでは未成年は口座を開設できないようになっています。高校生で口座を開設したい人は審査に通らないので注意しましょう。

DMM FXは大学生でも取引できるの?

DMM FXの口座開設には満18歳以上の成年であることが条件です。大学生はその条件に当てはまるので、大学生はDMM FXでの口座開設は可能です。

大学生は比較的時間に余裕がある人が多いので、デモ口座を開設して、デモトレードでしっかりとトレードの練習を行ってからリアルな取引を行うのがいいでしょう。

初心者にはどの通貨ペアがおすすめ?

FXのトレードには通貨ペアを選ぶ必要があります。DMM FXでは21種類の通貨ペアから取引したい通貨ペアを選択する事ができます。

初心者の人におすすめの通貨ペアは、ずはり米ドル/円です。米ドル/円は日本人になじみがある通貨ペアであり、情報量も多く、世界的に見ても取引量が多いため値動きが比較的安定しています。

DMM FXはどんな人におすすめ?

DMM FXをおすすめしたい人は、ポイントを貯めたい人、すぐに取引を開始したい人、使い勝手のいい取引ツールを使いたい人が挙げられます。これらは実際にDMM FXを使っている人の口コミで、良かった点として多かった項目です。

これらの条件にマッチしそうな人は、無料で口座開設ができるので、DMM FXの口座を開設して損はないのではないでしょうか。

まとめ

以上のように、DMM FXの特徴やメリット・デメリット、実際に使っている人の口コミや評判などを紹介してきました。国内大手FX会社のDMM FXは会社としても基盤も大きく、安心して資金を預けることができます。

スプレッドが小さい、手数料が無料など、トレードに関して口座開設者が不利になるようなことはあまりありません。取引ツールの使い勝手もいいことから、DMM FXを上手く使いこなして、FXで利益をあげていきましょう。

▼参考記事

FXおすすめ口座22選【2022年最新】FX会社の選び方7つと開設の流れまで解説

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、株式会社アルファコンサルティングでは本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。