仮想通貨FXとは?FXとの違いや税金の仕組み、メリット・デメリットまで解説

仮想通貨FXは聞いたことはありますか。2017年4月から仮想通貨法が施行され、まだまだ発展途中であり今後の動きに注目です。

仮想通貨とFX取引は異なる内容になり、片方の取引をしている方には仮想FXは興味がある内容ではないでしょうか。

この記事では、仮想通貨FXの特徴やメリット・デメリット、おすすめの仮想通貨取引所11選をご紹介します。

※2022年8月15日情報調査日
※2022年8月15日更新日

仮想通貨FXとは?

仮想通貨FXの特徴は?

仮想通貨FXとは、買った価格と売った価格や、売った後に買い戻した価格の差額ににより損益を出していく差金取引のことです。現物取引では仮想通貨を保有して売買をしていますが、仮想FXは資金を担保として仮想通貨を売買したと仮定しておこないます。

このことをポジション(建玉)といい、ポジションを保有し、決済した差額で利益が発生します。レバレッジをかけて仮想通貨のとり気をおこなえるので、ハイリスクハイリターンの取引が可能です。

現物取引との違いは?

現物取引と仮想通貨FXでは、取引方法が異なります。現物取引では実際に仮想通貨を保有し、売買をおこないますが、いっぽう仮想通貨FXは資金を担保としてポジション(建玉)を保有します。

レバレッジをかけられることから、現物取引よりハイリターンハイリターンでの取引が可能です。仮想通貨FXの場合は空売りが可能のため、売りから取引ができます。

空売りができるため売り始めから高く売って、安く買い戻すことで差額が利益になる仕組みです。

FX(外国為替取引)との違いは?

仮想通貨とFXと通常のFXは異なる点が3つあります。

  1. FXの取引時間は、24時間の平日のみになりますが、仮想通貨FXでは24時間365日取引が可能です。
  2. 税区分、FXでは「先物取引に係る雑所得など」として申告分離課税になり、仮想通貨FXになると「雑所得」として総合課税になります。
  3. 値に対してFXの最大レバレッジは25倍になり、仮想通貨FXになると日本国内取引所で最大2倍です。

仮想通貨FXの方がかなり低いことから、値動きが大きくなります。24時間365日取引ができるため、日にちや時間を気にせず取引できるのは大きな違いになるでしょう。

仮想通貨FXのメリット4つ

得られるリターンが大きい

仮想通貨FXは値動きが大きいため、大きなリターンを狙えます。現物取引より多くの資金を必要としませんので、初心者でも安心して取引ができるのでおすすめです。

たとえば現物取引で100万円の取引をするとレバレッジが無く、取引可能額は100万になり、上昇率は10%で利益は10万円、利益率は10%になります。

これが仮想通貨FXになると同じ資金でレバレッジが2倍になることから、取引可能額は実質200万円になり、上昇率は10%とすると、利益は20万円、利益率は20%です。

レバレッジが2倍のため、2倍になった資金を動かすことで利益は倍になって手元に入ることになります。

下落相場でも利益が出せる

現物取引では買いかスタートするため上昇相場で利益が発生しますが、仮想通貨FXは売りからスタートが可能なため、下落相場であっても稼げます。たとえば500万5566円の位置で売り注文をし、320万4216円で買い戻すと、差額の180万1350円の利益になります。

レバレッジ2倍をかけていれば、約300万円以上が利益です。ですがレバレッジのかけすぎには注意しなければいけません。売りからスタートをすると値段が上がるほど損になります。

上限に限界はないことから、どんどん損失が膨らみ買いの時には損失が大きくなる可能性があります。

いつでも取引できる

仮想通貨FXは24時間365日取引が可能です。通常の現物取引のFXや株式、為替などは平日のみの取引になり、土曜、日曜、祝日はお休みのため取引ができません。

仮想通貨FXは24時間365日取引ができるため、日中は仕事や家事などで忙しい方に、土日の休みやご自分の好きな時間に取引ができます。

市場の休みの時間がなく、いつでも好きな時間に取引ができるため、取引チャンスが大幅に増え利益をあげられる可能性は高くなります。自分の好きなタイミングで取引ができるのは、大きなメリットです。

少額から始められる

仮想通貨FXは少ない資金から取引が可能です。少ない資金でレバレッジをかけることで、大きな取引ができ、大きな利益を狙うことが可能です。たとえば資金が10万円のレバレッジが2倍だと、10万円が2倍になるため、20万円分の取引ができます。

これがレバレッジが4倍だと40万円になり、レバレッジの効果が大きく、取引により多くの利益になる可能性があります。しかしレバレッジをかけてしまうと損失したときのリスクが大きくなりますので、注意してください。

仮想通貨FXのデメリット3つ

大きな損失を出すリスクがある

仮想通貨FXはレバレッジ取引がうまくいけば2倍の利益を見込めますが、損をした場合は損失も2倍になります。たとえば現物取引では20万円の損失が、レバレッジ取引だと40万円の損失です。

価格変動が大きい銘柄は避け、ポジションを持ちすぎない、証拠金は余裕をもつことを心掛けて取引をしてください。

レバレッジをかけて取引ができるのはメリットにもなりますが、ハイリスクハイリターンな投資になるため、リスクがあることを理解してから取引をおこないましょう。

ロスカットで損失を出すリスクがある

仮想通貨FXはロスカットの影響を受けやすいため、注意が必要です。ロスカットとは仮想通貨の取引所に定められた証拠金維持率を下回った際に、強制的に損失を確定される仕組みのことを言います。

取引所が預入資産以上の損失の拡大を防ぐために、ロスカットが発生するとポジションが強制的に決算されることから、計画外な損失が確定する事態が起きます。

ロスカットを避けるためには、証拠金維持率が既定の比率を下回らないようにしなければいけません。

長期保有には向いていない

仮想通貨FXは長期投資に向いていません。なぜならば、レバレッジをかけられることから、ロスカットや損失のリスクが高くなるからです。

短期的な価格変動で利益を狙うのが向いているため、1か月や年単位の長期保有は向いていないことからおすすめしません。いつロスカットにならないか、不安な状態でのポジションを持っていることになります。

レバレッジを活用することで大きな金額の取引が可能なので、スキャルピングやデイトレードという短期売買に向いています。

仮想通貨取引所11選

DMM Bitcoin


出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
・取引可能な暗号資産が豊富
・初心者も使いやすい!最短当日取引可能
・手数料無料でお得に取引できる※BitMatch取引手数料を除く

安心して取引ができる暗号資産が豊富

DMM Bitcoinの暗号資産は20種類、現物では13種類と豊富な品揃えです。(※2022年5月18日時点)公式ホームページによるとレバレッジの取り扱い数は国内No.1になります。(※2022年5月18日時点)

さまざまな暗号資産の中から好みのものを見つけて、取引することが可能です。国内でアルトコインを扱っているところが少ないため、アルトコインでレバレッジを取引したい方におすすめします。

初心者も使いやすい取引ツール!申込後最短1時間で取引可能

スマホスピードで本人確認すると、最短1時間で当日取引が可能です。(※2022年5月18日時点)取引ツールは初心者でもすぐに使えるよう、シンプルデザインな上に、簡単に操作ができます。

LINEアカウントで365日サポートしてくれるため安心ができると、初心者に人気がある取引所です。

さまざまな手数料が無料!

DMM Bitcoinは下記手数料が無料です。(※BitMatch取引手数料を除く)

  • 口座開設/維持手数料
  • 日本円振込入金手数料
  • 日本円クイック入金手数料
  • 日本円出金手数料など

手数料の事を考えずにお得に取引ができます。もし仮想通貨を他の取引所へ送金したい場合でも、手数料はかかりません。

DMM Bitcoin
代表的な銘柄 BTC、ETH、XEMなど
取引通貨数 20種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設完了で、全員にもれなく「即時」2,000円プレゼント!

公式サイトはこちら

Coincheck(コインチェック)


出典:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント
・暗号資産取扱数が国内トップレベル
・強固なセキュリティで安心取引!
・初心者も使いやすい簡単アプリ操作

暗号資産取扱仮想通貨数が多い

Coincheckの仮想通貨数は17種類です。

リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などの有名なアルトコインを扱っています。

とくにファクトム(FCT)やアイオーエスティー(IOST)、パレットトークン(PLT)はコインチェックのみ取り扱いのため、この3種類の通貨を取引したい方には嬉しい取引所です。

マネックスグループが誇る安心セキュリティ

マネックス株式会社は、ネット証券などを運営しているためセキュリティレベルが強固です。過去にハッキング事件があり、それをきっかけにマネックスグループの傘下に入った経緯があります。

ハッキングの経験があったからこそのセキュリティ体制の見直しがされました。

アプリダウンロード数国内NO.1

Coincheckのアプリは、シンプルで見やすいと好評です。2021年6月時点でアプリダウンロード数が約415万件を突破。

白とライトグリーンの色調で非常に見やすく、操作に迷うことなく何をすればいいか一目で判断できます。初心者の方でも簡単に取引ができるアプリです。

Coincheck(コインチェック)
代表的な銘柄 BTC、XRP、ETHなど
取引通貨数 17種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

現在開催中のキャンペーンは特になし

公式サイトはこちら

Zaif(ザイフ)


出典:Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)のおすすめポイント
・仮想通貨&トークンの取扱に定評あり
・手数料の安さが魅力的
・使いやすさが嬉しい独自チャート

世界で有名なトークンを取り扱っている

Zaifは世界的に有名なバイナンスコイン(BNB)を取り扱っています。そのほかザイフ(ZAIF)、フィスココイン(FSCC)など合わせて8種類の取り扱いがあり、ほかの取引所と比べてトークンの取扱量が多いのが特徴です。

取り扱い仮想通貨は14種類になり、有名どころは取り扱っています。

安さが特徴の手数料

Zaifの取引手数料、比較的安くなっています。公式サイトによると「かんたん売買」の場合はゼロ円、「Oderbook trading」になると0.10.3%です。コインキャッシュのみ0.3%になります。(※2022年5月18日時点)

口座維持手数料が別途かかりますので注意してください。最低で100円、最大で10%かかります。入出金手数料は495605円です。

世界で有名なチャートTradingViewが使用可能

Zaifでは世界中で使用者が多い、有名なチャートである「TradingView」が使用できます。チャート機能はとても高性能になり、操作性も良い評判です。

仮想通貨FXだけではなく、株やFXにも対応しているため、さまざまな取引をしている方には嬉しいメリットでしょう。通常は有料サービスだが、Zaifでは無料で利用できます。

Zaif(ザイフ)
代表的な銘柄 BTC、ETH、XEMなど
取引通貨数 15種類
信用取引

開催中のキャンペーン・特典

コイン積立でFSCC・CICCを合計1万円以上積立申込頂いた方全員に1,000円相当分のカイカコイン(CICC)プレゼント

公式サイトはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)


出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント
・仮想通貨数の取り扱いが豊富!
・シンプルな操作画面でわかりやすい
・手数料無料で少額から取引OK

bitFlyer(ビットフライヤー)
代表的な銘柄 BTC、ETH、ETCなど
取引通貨数 15種類
レバレッジ取引 信用取引:最大2倍
先物取引:最大2倍
FX取引:最大2倍

大手取引所だからできる豊富な仮想通貨取扱数

bitFlyerは、合計15種類の仮想通貨を取りあつかう取引所です。

そんな中でもビットコインの取引量はトップクラスと言われており、安定したトレードができると話題になっています。

初心者の事を考えた簡単取引所

プロ用と初心者用で取引所が分けられており、初心者用の「簡単取引所」では売ると買うが明確になっているので一目見てどうすればいいか判断が可能です。

スマートフォンから取引ができる専用アプリ「bitFlyerウォレット」も初心者にやさしい設計になっています。

小額から取引ができる

bitFlyerは、1円から仮想通貨の購入が可能です。(※2022年5月18日時点)今から仮想通貨をはじめる方にとって、最初は少額から開始したい方におすすします。

さらにキャンペーンが頻繁にあり、キャッシュバック報酬でビットコインがもらえたり、Tポイントから交換出来たりするので、上手に活用すると入金をしなくても取引ができます。

開催中のキャンペーン・特典

なし

公式サイトはこちら

GMOコイン


出典:GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
・最短10分でOK!「かんたん本人確認」
・使い分け可能な3つのサービス
・「つみたて暗号資産」が人気

申込から最短10分で取引可能

GMOコインへの口座開設は3ステップで申し込みが可能です。アカウント登録するためのメールアドレスを設定し、次のステップは本人確認のための書類を送付します。

審査が通れば口座が開設され取引ができます。この3ステップが最短で10分で対応できます。

レバレッジ取引ができる

MOコインでは、日本国内では希少なレバレッジ取引の販売所と取引所が利用できます。ポルカドット(DOT)やステラルーメン(XML)、オーエムジー(OMG)の取り扱いをしているため、非常に人気が高まったいます。

ただしすべての仮想通貨がレバレッジ取引に対応していませんので、注意してください。

500円から自動積立

暗号資産を、毎日または毎月と自分で設定した日に、自分で決まった金額を暗号資産を自動で購入できるサービスです。公式サイトによると500円のワンコインから購入が可能なので、初心者でも安心して利用ができます。(※2022年5月18日時点)

つみたてができるのは、ビットコインやーサリアム、リップルなど人気のアルトコインが可能です。

GMOコイン
代表的な銘柄 BTC、ETH、BCHなど
取引通貨数 20種類
レバレッジ取引 信用取引:最大-倍
先物取引:最大-倍
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

 仮想通貨の購入で毎日10人に1,000円が当たるチャンス!

公式サイトはこちら

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)


出典:LINE BITMAX(ライン ビットマックス)

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)のおすすめポイント
・LINEアプリで取引できる手軽さが人気
・安心&安全の強固なセキュリティ!
・初心者に優しいシンプルな操作性

いつも使っているLINEアプリで取引を!

LINE BITMAXは日常の連絡手段として使用しているLINEアプリから取引ができます。LINE Payを利用し入出金が簡単にできます。

また、LINEサービス同士なので手数料を抑えることが可能です。普段からLINEサービスをよく利用している方におすすめします。

セキュリティ対策がしっかりしている

セキュリティに力を入れており、情報セキュリティ基本方針を明示しています。セキュリティの目標やそのための行動、必要な理由、対象範囲、外部委託などセキュリティに対しての取り組みを決めています。

コールドウォレットに顧客資産が保管されているため、ハッキングの心配はありません。

6つの取引機能で簡単操作

公式サイトによると入金や出金、入庫や出庫、購入や売却の6つの取引機能が簡単に操作が可能です。(※2022年5月18日時点)白をベースに多くの色を使わないでシンプル設計になっています。

大事なボタンはLINEらしく緑色です。初心者の方でも見やすいため、すぐに使いこなせるでしょう。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)
代表的な銘柄 BTC、ETH、XRPなど
取引通貨数 6種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

毎週水、木、金曜日限定!ミッション達成でリンクをプレゼント

公式サイトはこちら

SBI VCトレード


出典:SBI VCトレード

SBI VCトレードのおすすめポイント
・東証1部上場!安心安全な取引所
・口座開設と取引が無料でできる!

・大手グループならではのセキュリティ体制

SBIグループのため安心感あり

SBI VCトレードは、住信SBIネット銀行やSBI証券、SBI FXトレードなどで実績のあるSBIグループが展開している仮想通貨取引所です。大手の仮想通貨取引所のため、安心と安全感があります。

2022年6月に合併したTaoTaoのサービスが完全に統合し、フルラインナップを予定しているため期待している方が多くいます。

さまざまな取引手数料が無料

口座開設・維持手数料や取引手数料、ロスカット手数料、入金手数料、入出庫手数料など取引にかかる手数料は無料で利用可能です。住信SBIネット銀行と連携すると手数料なしですぐに決済ができます。

手数料がないので利益がわかりやすくなります。

SBIグループならではの安心セキュリティ

SBIグループで長年培ったノウハウなどの実績を活かして、セキュリティシステムの構築や対策などしっかりサポートしているため、セキュリティは安心ができます。

信頼できるセキュリティのため、安心して仮想通貨の投資が可能です。

SBI VCトレード
代表的な銘柄 BTC、XRP、ETHなど
取引通貨数 7種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

三井住友カードの利用で最大30,000円相当の「XRP交換券」プレゼント

公式サイトはこちら

マネックスビットコイン


出典:マネックスビットコイン

マネックスビットコインのおすすめポイント
・365日いつでも取引OK!
・シンプルな操作性で初心者も安心のスマホアプリ

・注文方法の豊富さが人気

24時間365日取引が可能

マネックスビットコインは、24時間365日取引が可能です。(※2022年5月18日時点)土曜や日曜がお休みの方が、休日にゆっくり取引をしたい方にはうれしいことでしょう。

ただし毎週水曜日の12:0018:00はメンテナンスになり、その時間帯は取引できませんので注意してください。

シンプルで使いやすさを重視

マネックスビットコインが扱う暗号資産CFDは、スマートフォンアプリ「MONEX TRADER CRYPTO」でしか取引ができません。

画面はシンプルで使いやすく、操作に迷うことがない多機能トレーディングアプリです。取引や口座開設、入金・出金もアプリから簡単に操作ができます。

さまざまな注文が可能

専用アプリから、ストリーミング注文や指値、逆指値注文、IFO、OCO・IFDの複合注文が可能です。ほかにもクイック決済や一括決済注文も可能なので、計8種類の注文方法からお好みの注文を選んで取引ができます。

注文設定で、新しい注文時の初期設定値やFIFO(先入れ先出し方法)の設定など細かな調整ができます。

マネックスビットコイン
代表的な銘柄 BTC、BCH、ETHなど
取引通貨数 4種類
レバレッジ取引 信用取引:最大2倍
先物取引:最大2倍
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設した人限定!マネックスポイント200ポイントをプレゼント

公式サイトはこちら

Huobi Japan


出典:Huobi Japan

Huobi Japanのおすすめポイント
・取扱暗号資産のレパートリーが豊か
・世界でもトップクラスのセキュリティ体制
・手数料割引ランク活用で取引手数料大幅オフ!

取扱通貨数は日本国内トップクラス

Huobi Japanで取引ができるのは、仮想通貨は19種類、47ペアです。公式ページによると日本国内の取引所では、取り扱い銘柄数はトップクラスに入ります。(※2022年5月18日時点)

ビットコインやビットコインキャッシュ、リップルなど人気のある銘柄やもそろっています。

セキュリティ体制には自信あり!

Huobi Japanのセキュリティは、創業2013年から破られたことがありません。フォビグループの強靭なセキュリティ体制が、顧客資産を守ってくれます。

暗号資産の管理は、複数人による承認管理やウォレットの管理体制を築いています。コールドウォレットにてオフラインの環境条件でウォレットを保守しています。

取引手数料割引ランクに応じて手数料が変化

公式ページによると取引手数料割引ランクはレベル1〜8まであり、直近30日間の取引量と保有量によってレベルが決まります。(※2022年5月18日時点)レベルが高くなると手数料の割引が受けられます。

レベル5で取引手数料が最大40%引きになるので、ランクの維持をおこない活用しましょう。

Huobi Japan
代表的な銘柄 BTC、HT、ETHなど
取引通貨数 14種類
レバレッジ取引 信用取引:最大2倍
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

お友達紹介で1,000円相当のHTをプレゼント!

公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)


出典:bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)のおすすめポイント
・抜群のセキュリティ!暗号資産交換業者登録済
・ストレス0の使いやすいデザイン
・手数料の安さが嬉しい取引所

ユーザーに安心感を与える高水準のセキュリティ

公式ホームページによると2021年8月時点で、仮想通貨取引所のセキュリティが国内NO.1です。オフラインによるコールドウォレットの管理やマルチシング機能で、ハッキングや内部防犯から守ってくれます。

世界最高水準のセキュリティに守られているため、安心して取引が可能です。

シンプルで使いやすさを追求した取引

bitbankの取引ツールと取引アプリは、使いやすいと評判です。初心者から上級者まで認めたデザインになり、スマートフォンやパソコンから豊富な機能ありながらもシンプルなデザインのツールで取引ができます。

取引がしやすいツールなのでとくに迷うことなく利用可可能です。

手数料の安さで選ぶ人が多い!

bitbankは手数料の安さから選ぶ人が多い取引所です。公式ページによると販売手数料は無料、汎愛手数料はMaker-0.02%にTakerは0.12%、入金手数料は無料、出金手数料は550〜30,000円になります。(※2022年5月18日時点)

さらに送金手数料(BTC)は、0.0006BTCです。手数料が安いため、取引が続けやすくなっています。

bitbank(ビットバンク)
代表的な銘柄 BTC、ETH、XRPなど
取引通貨数 14種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設&30,000円以上入金した人限定!現金20,000円ゲットのチャンス

公式サイトはこちら

BITPoint(ビットポイント)


出典:BITPoint(ビットポイント)

BITPont(ビットポイント)のおすすめポイント
・各種手数料が無料!
・将来性も◎取扱仮想通貨数が豊富

・取引ツールの使いやすさが魅力

さまざまな手数料が無料

BITPontは下記の手数料が無料です。

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 送金手数料
  • 取引手数料

しかし法定通貨の入金と出金の手数料はかかってしまいますので、注意してください。海外の取引所への送金も無料になるため、利用の幅が広がります。手数料の事を考えずに取引が可能です。

取扱仮想通貨は珍しい通貨を扱える

BITPointは、ジャスミー(JMY)やトロン(TRX)、エイダコイン(ADA)という珍しい仮想通貨を扱っています。取り扱い通貨数は計12銘柄になり、ほかでは扱っていない、少し変わった珍しい通貨が多いため、さまざまな銘柄に投資したい方に向いています。

初心者や上級者が満足する取引ツール

取引ツールは使いやすいと好評です。初心者から上級者まで使いやすいと納得するツールになっています。とくにスマートフォンのアプリ「BITPOINT」は初心者の方におすすめのアプリです。シンプル設計のため、見た目や使いやすさが優れています。

BITPoint(ビットポイント)
代表的な銘柄 BTC、DEP、JMYなど
取引通貨数 12種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

口座開設でBTC・ADA・DEPを合計3,000円相当プレゼント!

公式サイトはこちら

仮想通貨FXのやり方をご紹介

口座を開設する取引所を決める

仮想通貨FXをはじめるためには、取引所を決めて口座開設の手続きが必要です。取引所の決め方は、取引したい銘柄や手数料の安さ、取引のしやすさなど取引所によって異なります。

取引所の強みを比較してから、口座開設する取引所を決めることをおすすめします。申込方法はメールアドレスが必要なため準備してください。メールアドレス登録後は本人確認のため、運転免許証やマイナンバーカードなどが必要です。

提出した個人情報や入力した項目などによって審査が行われます。審査が通ると口座の開設が完了します。

口座に入金する

口座の開設が完了しましたら、次は口座への入金です。入金は日本円でよく、指定された振込先に仮想通貨を購入するための元でを集金してください。振込先を間違わないよう、確認しながら作業することをおすすめします。

仮想通貨取引所への振込方法は、銀行振り込み、インターネットバンキング、コンビニ入金、クイック入金に対応しているところが多くなっています。とくにインターネットバンキングを使った方法だと、利便性がよいためおすすめです。

24時間365日パソコンやスマートフォンから、いつでもどこでも入金ができます。

決済をおこなう

口座に日本円の振り込みが完了すると、次は取引です。仮想通貨FXは「買い注文」「売り注文」「ポジションの決済」の3つを使います。仮想通貨のチャートを見て、買い注文(ロング)や売り注文(ショート)をおこないましょう。

つぎは保有しているポジションの決済です。ポジション決済とは取引した仮想通貨FXの利益の確定または損切りをおこなうことになります。この決済をしないと、実際の利益や損失が確定しません。

決済するポジションを選び、注文方法を選択します。そのあとは注文数量や指値注文などの設定をおこない、注文が取り決められると取引が完了です。

仮想通貨FXで儲けるためのコツ5つ

余剰資金を上手く使う

仮想通貨FXをする際は、生活に支障がでないよう余剰資金でおこないましょう。誰しも損をしたくて仮想通貨FXをはじめるのではなく、仕事以外でもお金を増やせないかと思ってはじめていませんか。

ですが相場の予想は非常に難しく、1日で価値がなくなる通貨も存在します。そのため、取引では得をした日もあれば損をする日もあるでしょう。

予想外の損失が発生してもあわてなくてすむ様、余剰資金での運用をおすすめします。

生活に支障がでる金額の取引は、突然の損失に大きなリスクが発生しますので、生活費や貯金額などを差し引いた金額で取引をおこなうと、損失が発生しても生活に影響はありません。

取引ツールを活用する

取引所が準備している、無料の取引ツールを上手く活用しましょう。取引所の取引ツールはどこも高性能のものが多く、分析の仕方を覚えれば値がどう動いているのか把握が可能です。

価格分析方法は2種類あり、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析になります。

ファンダメンタルズ分析とは、世界情勢や仮想通貨界における著名人の発言、銀行や企業との提携発表、経済指標などの情報から判断をおこない、将来に価格があがるかどうかをの分析をおこなうことです。

テクニカル分析とは、過去のチャートの値動きを分析をおこない、将来の価格を予想することです。

自分だけの取引ルールを決める

取引のルールを決めておくことをおすすめします。ルールは、損切ラインや利益確定ライン、最大レバレッジを決める、感情的な日は取引をしないことを決めておきましょう。

このルールを決めることは、投資をするうえで非常に重要になります。その中でも損切ラインはもっとも重要になり、損切ラインを決めておかないと損失が発生した際に、いつまでも損失を確定しないで損失が膨らみ続ける可能性があります。

また感情的な日に取引しないことも大切です。損失が発生した際、心理的に取り戻さねばと思いがちになり、感情が明瞭な判断ができないかもしれません。

感情的になってしまう取り返すどころか、損失が膨らむ可能性があります。

チャートが右肩あがりで決済する

仮想通貨FXの取引は、チャートが下がったら買う、上がったら売るのが一般的な考えです。チャートが右肩あがりになっているのは、高騰していることです。あまり欲張らずに高騰中のタイミングで決済すると、堅実に利益になります。

心理的に相場が上昇すると、さらに上がるかもしれないと期待して、保有する可能性があります。しかしいつ暴落するかわからないので、どこまであがるのだろうと観察するよりも堅実な利益を優先しましょう。

情報収集をする

取引の世界では情報収集が命ともいえます。将来の値動きを予測するためにも、情報収集をおこないましょう。価格が動く原因やニュース、SNS、Youtubeなどから有益な情報が手に入ります。

取引をおこなう方は情報に敏感になっているため、SNSで知ることが多いかもしれません。高い情報商材などが出回っていますが、高い金額を払って集めるより、無料で情報が手に入る方法法をおすすめします。

高い情報商材に頼りすぎて、大きな損失をした方もゼロ人ではありません。

仮想通貨FXに関するQ&A

海外口座で仮想通貨FXの取引できる?

海外口座でも問題なく使えます。海外の仮想通貨取引所は日本にはないメリットがあります。手数料が安いやレバレッジが高い、アルトコインの数が圧倒的など異なっています。

ただし日本国内の取引所は金融庁の何重にもなっている審査を通った取引所になりますが、海外の取引所には海外の法律や規制になるため、日本よりも厳しくありません。

海外口座を使用する際は、リスクの事をしっかり考えてから利用をおすすめします。

仮想通貨FXの税金の仕組みは?

仮想通貨FXの分類は総合課税、所得区分は雑所得です。給与取得がある方が、仮想通貨FXで1年間の利益が20万円以上の場合は確定申告が必要になります。

年収が2,000万円を越えている方、2カ所以上から給与を得ている方は仮想通貨FXの利益が20万円以下でも申告しなければいけません。扶養に入っている方だと、仮想通貨FXの利益は48万円以上で確定申告が必要です。

きちんと申告しないと、あとから多くの税額の請求が来る可能性があります。

年金を受給している方は、年金などの収入額が年収ベースで400万円以下または年金以外の所得金額が年収ベースで20万円以下方は、確定申告不要制度により利益が20万円を越えても確定申告は不要です。

仮想通貨とFXの違いは何がある?

仮想通貨とFXは、投資対象が異なり、FXの投資対象は法定通貨です。それぞれメリットとデメリットがありますので、どちらが自分に合っているか確認してから選ぶことをおすすめします。

仮想通貨FXは24時間365日取引ができるメリットがあり、土日でも取引をしたい方におすすめです。しかし価格変動が激しくハイリスクハイリータンであることがデメリットになります。

FXは平日しか取引ができず、土曜、日曜、祝日はお休みというデメリットがありますが、仮想通貨より相場が安定しているメリットがあります。スワップポイントを得たい方はFXに向いています。

まとめ

  • 下落相場でも利益が出せる
  • 24時間365日いつでも取引が可能
  • 下落相場でも利益を出せる
  • 少額から始められる
  • ロスカットで損失を出すリスクがある
  • 長期保有には向いていない

メリットとデメリット理解してから仮想通貨FXをおこなうか決めてください。リスクを最低限にするために、小額から始められるメリットがありますので、まずは少額からスタートし、様子を見たあと金額を増やしていくのはどうでしょうか。

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、株式会社アルファコンサルティングでは本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。