クレジットカードの種類一覧|ランクや国際ブランド、発行会社の違いをそれぞれ解説

クレジットカードにも種類があり、利用できる場面や特徴が違います。クレジットカードを持ちたい人やこれから申し込みしたいと考えている人は、種類について把握しておきましょう。

ここでは、おすすめのクレジットカードを紹介するのでぜひ参考にしてみましょう。

※2022年8月15日情報調査日
※2022年8月15日更新日

クレジットカードの種類とは

クレジットカードのランク

クレジットカードのランクは段階に分けられており、一般カードやスタンダードカードと呼ばれるものから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードの順にランクが上がっていきます。

ランクが上がるほど年会費やステータスが上がります。

クレジットカードの国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドは、7種類に分けられています

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • 銀聯
  • DISCOVER

クレジットカードのランクは4種類

一般カード

年会費無料が多くく、申し込み条件の制約はあまりないことが特徴です。初めてのクレジットカードとしておすすめです。

ゴールドカード

クレジットカード会社にもよりますが、20歳以上の年齢制限や安定的な収入が審査基準になる場合が多いでしょう。カード年会費の支払いが必要ですが、空港などのラウンジ利用や保険付帯の充実が特徴です。

プラチナカード

保険内容や補償額が上がるだけでなく、コンシェルジュサービスやホテルなどの優待サービスが受けられます。ゴールドカードよりも高い年会費になり、審査基準も厳しくなります。

ブラックカード

最高ランクと言われているブラックカードは、全てのクレジットカード会社が発行しているわけではありません。自分から申し込むのではなく、紹介制の場合がほとんどなので、希望しても所有できるとは限りません。

クレジットカードの国際ブランドは7種類

Visa

世界中に加盟店があり知名度も高いから、初めてのクレジットカードとして選ばれやすい傾向にあります。Visa独自がクレジットカードを発行しているわけではなく、提携会社に申し込むと作成可能です。

Mastercard

Visaに次ぐ国際ブランドとして有名です。ヨーロッパ方面の進出が強いと言われていますが、日本国内ではVisaとそれほど変わりないと言えるでしょう。

JCB

日本生まれの国際ブランドとして有名です。日本生まれなので、国内加盟店数はかなり多く、クレジットカード保有者も多い特徴があります。

American Express

「アメックス」と呼ばれるAmerican Expressは、空港ラウンジや一流ホテル利用など、ステータスの高さが特徴です。JCBと提携しているからこそ、利用可能な店舗も多くあります。

Diners Club

American Expressと並ぶ富裕層向けの国際ブランドとして有名です。利用限度額の高さや優待サービスの充実、会員限定イベントなどの開催が大きなメリットになっています。

銀聯

中国発祥の国際ブランドとして、中国だけでなく日本国にでも加盟店は急増しています。クレジットカードの発行数も多く、最も成長しているクレジットカードのブランドと言えるでしょう。

DISCOVER

アメリカを中心に展開しており、東南アジアにも広がりを見せています。JCBや銀聯と提携しています。日本で発行している会社はありません

クレジットカードの発行会社は4種類

信販系クレジットカード

クレジットカードの取り扱い歴が長く、分割払いやリースなども取り扱っています。

銀行系クレジットカード

名前のとおり銀行が発行しているクレジットカードです。金融関係に精通している銀行や銀行のグループ会社が発行しているからこそ、信頼性の高い点が特徴です。

流通系クレジットカード

小売業やそのグループ会社によって発行されるクレジットカードを指し、系列店などで割引やポイントが得られます。

ネット系クレジットカード

インターネットショッピングに精通している会社が発行しているクレジットカードです。ネットショッピングや旅行などでポイント付与されます。

クレジットカードを選ぶ際のポイント6選

年会費が無料かどうか

クレジットカードを支払いに使いたい場合は、年会費無料を選択しましょう。空港ラウンジ利用やホテル優待などを利用したい場合は年会費を払って高いランクのカードがおすすめですが、買い物で利用したいだけの場合は年会費がかからないほうがお得です。

ポイント還元率

支払額が同じでもポイント還元率が異なれば、自分が得られるポイント数は変わってきます。そのため、ポイント還元率について事前にリサーチし、還元率が高めのクレジットカードを選択しましょう。

ポイント利用先が使い勝手の良さ

獲得したポイントを有効活用するためにも、ポイントはどこで利用できるのかチェックしましょう。使い勝手の良さや利用方法の選択肢が多いものを選ぶことがポイントです。

旅行傷害保険の付帯内容

クレジットカードによっては、自動的に旅行損害保険が付帯している場合があります。よく旅行に行く人だけでなく、どのクレジットカードにしようか悩んでいる人もぜひチェックしておきましょう。

電子マネーとの連携が可能か

電子マネーのチャージでクレジットカードと連携しておくと、オートチャージできる場合があります。連携可能か、また電子マネーへのチャージでポイントは得られるのかチェックが必要です。

付帯している旅行サービス内容

旅行サービスが付帯しているクレジットカードを利用すると、より快適でお得な旅が満喫できます。どのような旅行サービスがあるのか、選択肢は多いのかチェックしておきましょう。

【おすすめ】クレジットカード会社19選

JCB CARD W


出典:JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
・39歳以下の入会で年会費永年無料
・不正利用など保障も付いている
・JCB一般カードよりポイントが貯まる

39歳以下の入会は年会費永年無料

JCB CARD Wは18歳以上、39歳までのWeb限定カードとして年会費無料で利用できます。(※2022年5月23日時点)クレジットカード年会費だけでなく、ETC年会費も無料です。

不正利用など保障も付帯

クレジットカードは不正利用による被害が心配になりますが、JCB CARD Wでは本人認証サービスや不正検知システムなど、不正利用を防止するだけでなく、損害額の補償もついています。

JCB一般カードよりポイントが多い

公式サイトによるとJCB一般カードと比較して、ポイントはいつでも2倍貯まります。(※2022年5月23日時点)ク日常的な買い物や旅行など、利用場面を選ばずにポイント還元率が上がっているので、カード利用が多い人におすすめです。

JCB CARD W
申し込み資格 18歳以上~39歳以下
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.00%~5.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

入会月の翌々月15日まで、最大10,000円キャッシュバック!

JCB CARD Wの
公式サイトはこちら

三井住友カード(NL)


出典:三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
・学生はポイント還元率最大10%
・友達紹介でVポイントがもらえる
・タッチ決済はポイントが貯めやすい

学生はポイント還元率が最大10%

公式サイトによると学生だけがお得に利用できるサブスクや携帯料金、QRコード決済、分割手数料などの合計10%還元のサービスがあります。(※2022年5月23日時点)クポイント還元率アップや全額ポイント還元されるため、学生はぜひ利用するすべきでしょう。

友達紹介でVポイントゲット

紹介した友人がクレジットカードを発行すると、紹介した人も紹介された人もポイント獲得できます。紹介人数に制限はないため、カード作成人数が多ければ多いほど獲得ポイントは増えます。

タッチ決済はポイントが貯まる

クレジットカードのタッチ決済ができるだけでなく、Apple Peyに登録するとスマートフォンによるタッチ決済も可能です。公式サイトによるとマクドナルドやセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンでタッチ決済を利用すると、最大5%のポイント還元が受けられます。(※2022年5月23日時点)ク

三井住友カード(NL)
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント還元率 0.50%~5.00%
付帯保険 海外旅行
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会&利用で最大8,000円相当のポイントがもらえる

三井住友カード(NL)の
公式サイトはこちら

イオンカードセレクト


出典:イオンカードセレクト

イオンカードセレクトのおすすめポイント
・イオン銀行普通預金金利が優遇される
・公共料金の支払いで毎月5ポイント
・イオングループ店舗ならポイント2倍

イオン銀行普通預金金利が優遇

イオンカードセレクトとイオン銀行口座を持っていると、イオン銀行の金利優遇が最大0.1%受けられます。(※2022年5月23日時点)クステージによって金利優遇率は異なり、ステージはイオン銀行スコアからチェックできます。

公共料金の支払い利用で毎月ポイント

公共料金の支払いでもポイントが貯まるだけでなく、家計管理も手軽になります。クレジットカードによっては公共料金はポイント還元対象外なものもあるため、毎月の固定費にポイントが付くイオンカードセレクトはおすすめです。

イオングループ店舗なら常にポイント2倍

イオン店舗での利用はもちろん、イオングループ店舗でイオンカードセレクトを利用すると、ポイント還元率が2倍になります。回数制限などは設けられていないため、いつでも何回でも2倍です。

イオンカードセレクト
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 0.50%~1.33%
付帯保険 ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

Web入会限定で1,000WAONポイント必ずもらえる!

イオンカードセレクトの
公式サイトはこちら

楽天カード


出典:楽天カード

楽天カードのおすすめポイント
・楽天市場での利用はポイント3倍
・楽天Edyで支払いを簡単に済ませる
・充実したあんしん機能で不安が少ない

楽天市場での利用するとポイント3倍

公式サイトによると楽天市場では楽天独自のポイント制度があり、楽天会員であればプラス1倍、楽天カードを持っていればプラス2倍、合計ポイント3倍還元されます。(※2022年5月23日時点)クほかにも0と5の付く日はキャンペーンエントリーで2倍加算など、多くのキャンペーンがあります。

楽天Edyで簡単支払い

公式サイトによるとクレジットカード発行時に、楽天Edy機能付きカードが選択できます。楽天Edyを選択すると、200円利用ごとに1ポイントたまるだけでなく、楽天カードからのチャージでもポイントが貯まります。(※2022年5月23日時点)ク

充実したあんしん機能

不正探知システムや不信メールへの対策、ISMS認証取得など、個人情報やカードを守るサービスが充実しています。トラブル事例を紹介しているため、事前にどのようなトラブルがあるか知れます。

楽天カード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX
ポイント還元率 1.00%~3.00%
付帯保険 海外旅行
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規入会+利用の条件を満たせば7,000ポイントもらえる!

楽天カードの
公式サイトはこちら

セゾンパール・AMEX


出典:セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・AMEXのおすすめポイント
・セキュリティ対策ならデジタルカードタイプ
・初年度の年会費が無料
・セゾン特有の永久不滅ポイント

セキュリティ対策に有効なデジタルカードタイプ

プラスチックカードではなく、デジタルカードの発行を選択できます。公式サイトによると最短5分で発行できるナンバーレスカードなので不正利用されにくくなっています。(※2022年5月23日時点)ク

初年度の年会費は無料

カード発行時の年会費が0円だけでなく、前年にカード利用があれば翌年度も年会費無料です。公式サイトによるとカード利用は1円以上が対象なので、少額の利用でも年会費の支払いは不要になります。(※2022年5月23日時点)ク

セゾンの永久不滅ポイント

セゾンのポイントは有効期限がなく、永久不滅ポイントを獲得できます。勝手に消滅しないため、ポイントをたくさん貯めて旅行などに使う、こまめに使うなど選択肢が広がります。

セゾンパール・AMEX
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,100円(初年度無料)
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.50%~3.00%
付帯保険
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

5万円以上の利用で6,500円相当のポイントがゲットできる

セゾンパール・AMEXの
公式サイトはこちら

エポスカード


出典:エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
・周囲の目が気にならないナンバーレス仕様
・ネットショッピングならポイント30倍
・貯まったポイントの使い道が豊富

ナンバーレス仕様

すっきりとしたデザインのナンバーレスカードは、デザイン面だけでなく不正利用の予防にもつながっています。

ネットショッピングはポイント30倍

公式サイトによると400店舗以上を取り扱っているエスポポイントUPサイトを利用すると、ポイント2倍から最大30倍還元されます。(※2022年5月23日時点)クYahoo!ショッピングやじゃらん、ユニクロなどが対象です。

ポイントの使い方が豊富

他社ポイントや商品券、ギフト券への交換を始め、プリペイドカードへチャージも可能です。マルイでのショッピングに利用できるなど、使い方の選択肢が豊富です。

エポスカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.50%
付帯保険 海外旅行
申し込み方法 Web申込み、郵送申込み、店頭申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会でエポスポイントが2,000円相当もらえる!

エポスカードの
公式サイトはこちら

au PAYカード


出典:au PAYカード

au PAYカードのおすすめポイント
・au PAYマーケットでの利用で15%還元
・普段の買い物でPontaポイントが貯まる
・提携店舗ならポイントアップ

au PAYマーケットを利用で15%還元

すでにau Payマーケット会員の人はもちろん、au Payカードを作成してから会員になった場合でも15%の還元を受けられます。au以外のスマートフォンでも利用できます

日常の買い物でPontaポイントが貯まる

公式サイトによると100円(税込)ごとに1ポイントが貯まるため、買い物や旅行などの普段使いに向いています。(※2022年5月23日時点)ク公共料金の支払いや携帯代の支払いでもポイントが貯まるので、毎月の固定費をまとめると良いでしょう。

提携店舗ならポイントアップ対象

書店や家電販売店、飲食店など、ポイントアップ対象店舗でau Payカードを利用するとポイントが加算されます。利用するサービスによってポイント数が異なるため、気になる人はぜひチェックしてみましょう。

au PAYカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円 条件付無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント還元率 1.00%~2.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法 Web申込み、店頭申込み

開催中のキャンペーン・特典

au PAY 残高へチャージ&利用で上限3,500円相当還元

au PAYカードの
公式サイトはこちら

dカード


出典:dカード

dカードのおすすめポイント
・ahamoユーザーならデータ量もらえる
・29歳以下なら各種保険が付帯
・d払いにカードを設定でポイントが2重

ahamoユーザーならデータ量ゲット

dカードボーナスパケットの特典として、2021年9月より月1GB増量のサービスが開始しています。ahamo利用料金の支払い設定をdカードにするだけなので手続きも簡単で、支払い金額によってポイントも獲得します。

29歳以下限定で各種保険が付帯

公式サイトによると海外旅行保険の傷害死亡最大2,000万円、国内旅行保険の傷害死亡最大1,000万円が自動付帯します。(※2022年5月23日時点)ク旅行出発時点で29歳以下であれば対象です。

d払いにカードを設定するとポイントが2重

公式サイトによるとd払いを街中のお店で利用すると、200円(税込)につき1ポイントとdカード分の還元として100円(税込)につき1ポイントの還元を受けられます。(※2022年5月23日時点)d払いとdカードの両方でポイントをゲットできるためよりお得に買い物できます。

dカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard
ポイント還元率 1.00%~4.50%
付帯保険 ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

ドコモ利用料金をカード払いにすると1,000ポイントもらえる!

dカードの
公式サイトはこちら

Tカード Prime


出典:Tカード Prime

Tカード Primeのおすすめポイント
・カードを持てばTUTAYAの入会金無料
・海外旅行も安心の保険が付いている
・各種サービスを割引価格で利用可

カード所有でTUTAYAの入会金無料

Tカード Primeを所有しているだけで、TSUTAYAの入会金0円で利用できます。通常は店舗によって異なる入会金ですが無料で入会できるため、ぜひ利用してみましょう。

海外旅行も安心の保険付帯

年1回の利用で年会費無料になるTカード Primeですが、カード盗難保険や国内外の損害保険が付帯しています。公式サイトによると海外旅行の損害保険は最大2,000万円までの付帯です。(※2022年5月23日時点)ク

各種サービスが割引価格

J’sコンシェルと呼ばれる優待サービスは、ビジネスやプライベートで利用できる旅行やいやしなどの割引が受けられます。J’sコンシェルの年会費や入会金は無料です。

Tカード Prime
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円(初年度無料)
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 1.00%~2.00%
付帯保険 海外旅行、国内旅行
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会&利用&Jリボ登録で6,000ポイント贈呈!

Tカード Primeの
公式サイトはこちら

PayPayカード


出典:PayPayカード

PayPayカードのおすすめポイント
・審査が最短2分で終わりスピーディ

・ナンバーレスで周りから見られない
・無期限のPayPayポイントが貯まる

審査時間最短2分とスピーディ

24時間時間帯ん位関係なく申し込みでき、審査時間は最短2分で完了します。口座情報の登録が完了していると、カード到着前からカード番号と有効期限をチェックできるため、すぐに利用できるでしょう。

ナンバーレスで安心

ナンバーレスカードはシンプルなデザインだけでなく、カードの不正利用予防につながっています。盗難や紛失時だけでなく、日常的な利用でも気軽にカードを利用できます。

有効期限なしのPayPayポイントが貯まる

還元されるポイントは利用期限が設定されていません。有効期限内に使い切らなければならない、いつの間にかポイントの期限が切れないため、たくさん貯めて一気に使う選択肢もあります。

PayPayカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 1.00%~3.00%
付帯保険
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

新規入会と3回利用で最大7,000ポイントもらえる!

PayPayカードの
公式サイトはこちら

リクルートカード


出典:リクルートカード

リクルートカードのおすすめポイント
・ポイント参画サービスの利用がお得
・旅行保険、ショッピング保険が充実
・dポイントなどに交換できる

ポイント参画サービスの利用でよりお得

ポンパレモールやホットペッパーグルメ、じゃらんなどのサービスでポイント還元率がアップします。買い物だけでなく飲食や旅行も該当するため、よりお得にポイントを貯められます。

旅行保険やショッピング保険が充実

旅行中の傷害や治療費など幅広く対応している旅行保険や、購入品の盗難などを保障するショッピング保険も付帯しています。MastercardとJCBどちらを選択しても、同じ金額の保険が受けられます。

dポイントなどに交換可能

カード利用などで得たポイントは、dポイントやPontaポイントに交換できます。日常的な買い物や旅行などでも利用できるため、使用方法は多岐にわたります。

リクルートカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、銀聯
ポイント還元率 1.20%~3.20%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
申し込み方法 Web申込み

開催中のキャンペーン・特典

携帯電話料金の支払いで4,000円相当ポイントもらえる

リクルートカードの
公式サイトはこちら

セゾンカードインターナショナル


出典:セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルのおすすめポイント
・専業主婦や学生でも申し込める
・ポイントには有効期限がない
・セゾンポイントモール経由がお得

専業主婦や学生でも申し込み可能

18歳以上であれば申し込み可能なカードなので、専業主婦や学生(高校生を除く)でも申し込みできます。審査によってカード発行可能か決まりますが、安定した収入や申し込み者の信用情報、パートナーの信用情報がチェックされます。

有効期限なしのポイント

獲得したポイントは、使用期限や有効期限はありません。いつの間にかポイントが消える事態は起こらないため、コツコツ貯めたい人におすすめです。

セゾンポイントモール経由でよりお得

ポイントモール系でネットショッピングすると、最大30倍のポイントを獲得できます。公式サイトによると400を超えるサイトが利用できるため、幅広いジャンルのショップを楽しめます。(※2022年5月23日時点)ク

セゾンカードインターナショナル
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 0.50%~1.00%
付帯保険
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規発行でABEMAプレミアムの利用が3ヶ月無料

セゾンカードインターナショナルの
公式サイトはこちら

JCB一般カード


出典:JCB一般カード

JCB一般カードのおすすめポイント
・条件を達成すれば翌年の年会費無料
・Oki Dokiランド利用でポイント最大20倍
・貯まったポイントは商品と交換可

条件達成で翌年の年会費無料

公式サイトによると初年度年会費無料から始まり、年間50万円(税込)以上利用すると翌年の年会費無料です。(※2022年5月23日時点)ク年間の利用額が50万円を下回る場合、1,357円(税込)の支払いが必要です。

Oki Dokiランドを利用するとポイント最大20倍

公式サイトによるとOki Dokiランドでは300店舗ほどが利用でき、ポイントは2倍から最大20倍獲得できます。(※2022年5月23日時点)クAmazonやYahoo!ショッピングなどのショッピングサイトや旅行やグルメ予約も利用できるため、日常的にポイントをゲットしやすいでしょう。

貯まったポイントは商品と交換できる

カード利用などで得たポイントは、会員用Webページ「MyJCB」から選択可能です。家電や食材、日用品、他社ポイントへ交換も可能です。

JCB一般カード
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円(初年度無料)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.50%~5.00%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
申し込み方法 Web申込み、郵送申込み

開催中のキャンペーン・特典

入会後、アプリログインと利用で最大12,000円キャッシュバック

JCB一般カードの
公式サイトはこちら

三菱UFJカード VIASOカード


出典:三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
・ポイントは自動でキャッシュバック
・最大10%還元されるVIASO eショップ
・特定加盟店ならポイントが2倍

自動でキャッシュバックされるポイント

貯まったポイントを交換する手間や、提携サイトなどでの利用が面倒に感じる人は、自動でキャッシュバックされる三菱UFJカードのVIASOカードがおすすめです。手続き不要のキャッシュバックサービスなので、手間なしです。

最大10%還元のVIASO eショップ

ネットショッピングとして掲載店舗へアクセス、商品購入すると通常ポイントだけでなく、ボーナスポイントを獲得できます。公式サイトによるとボーナスポイントは0.5%から最大10%と店舗によって異なります。(※2022年5月23日時点)ク

特定加盟店はポイント2倍

公式サイトによると高速道路などの有料道路や携帯料金、インターネットプロパイダー利用代金は、ポイントが2倍になります。(※2022年5月23日時点)ク携帯料金などは固定費として毎月支払いが必要なので、ポイント加算は嬉しいでしょう。

三菱UFJカード VIASOカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 0.50%~1.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

3ヵ月後末日までに15万円以上利用で8,000円キャッシュバック

三菱UFJカード VIASOカードの
公式サイトはこちら

ビックカメラSuica


出典:ビックカメラSuica

ビックカメラSuicaのおすすめポイント
・Suicaへのチャージでポイントが貯まる
・同率のビックポイント10%還元
・翌年以降もカード利用で年会費無料

Suicaへチャージでポイントゲット

ビックカメラSuicaは、交通系の中でもSuicaに特化しています。ャージ利用するだけでポイントが貯まるので、通勤や通学で電車を利用する人はもちろん、日常の買い物でも交通系ICの支払いとして利用がおすすめです。

ビックポイント10%還元

ビックカメラで買い物するときは、Suicaで支払うと現金支払いと同じ10%のポイント還元が受けられます。ビックカメラSuicaでチャージしている場合は、現金払いを上回る11.5%還元も可能です。(※2022年5月23日時点)

カード利用で翌年以降も年会費無料

初年度年会費無料はもちろん、前年にカード利用がある場合は年会費の支払いは不要です。金額や回数指定はないため、簡単にクリアできるでしょう。

ビックカメラSuica
申し込み資格 18歳以上
年会費 524円(初年度無料)
国際ブランド VISA、JCB
ポイント還元率 0.50%~10.00%
付帯保険 海外旅行、国内旅行
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

ビューカードの利用で最大5%ポイントが貯まる

ビックカメラSuicaの
公式サイトはこちら

三菱UFJカード


出典:三菱UFJカード

三菱UFJカードのおすすめポイント
・グローバルポイントは商品と交換できる
・入会後3ヶ月はポイント最大1.6%
・グローバルPLUSならポイントが加算

グローバルポイントは商品と交換可能

三菱UFJカードでたまったポイントは、Webカタログに掲載されている商品に変えられます。プラチナ会員かそれ以外化でカタログが分けられ、掲載商品も異なります。

入会後3ヶ月はポイント最大1.6%

入会特典としてポイント倍率がアップするため、カードが到着したら積極的にカード払いを利用しましょう。ポイントの交換比率や1ポイント当たりの金額は、交換商品によって違います。

グローバルPLUSならポイント加算

グローバルPLUSとは、買い物や旅行などカード利用金額に応じてポイント優遇や加算されるサービスです。公式サイトによると1ヶ月10万円以上利用するとポイントが20%加算されます。(※2022年5月23日時点)

三菱UFJカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 1,375円(初年度無料)
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX
ポイント還元率 0.49%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規入会と2ヶ月後末までに登録・利用で5,000円キャッシュバック

三菱UFJカードの
公式サイトはこちら

ライフカード


出典:ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
・誕生月なら誰でもポイント3倍
・使うほどお得になるステージ制度
・旅行を中心に保障が充実

誕生月はポイント3倍

誕生月はライフカードからのお祝いとして、ポイントが3倍に増加します。日常利用はもちろん、誕生月に旅行したい人など、カード利用の多い人は特におすすめです。

使うほどお得なステージ制度

ライフカードでは利用金額が高額なほどポイント還元率がアップするステージ制プログラムが採用されています。イントは最大2倍に増えます。

旅行を中心に充実の保障

国内旅行だけでなく海外旅行でも損害補償が付帯しているため、万が一のトラブルに対応可能です。他にも自動車に乗っているときの事故を保障するシートベルト傷害保険もあります。

ライフカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率 0.30%~0.60%
付帯保険
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

新規入会と利用条件をすべて満たせば10,000円相当もらえる

ライフカードの
公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・カード


出典:アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント
・旅行サービスが特に充実している
・保障が手厚く安心して使える
・独自のメンバーシップに入れる

旅行サービスが特に充実

旅行に行くときは宿の手配やレンタカーの予約など、準備が多くありますが、アメリカンエキスプレスカードでは旅行予約・手配サービスがあります。電話やオンラインでできるため気軽に利用してみましょう。

保障が手厚く安心

ショッピングトラブルや旅行時の傷害、カード紛失や盗難時の補償が充実しています。海外旅行などで困ったときは、24時間365日いつでも利用できるフリーダイヤルかコレクトコールを利用しましょう。

独自のメンバーシップに加入可能

対象の加盟店でボーナスポイントが受け取れ、ポイント移行したい場合はメンバーシップへ加入すると可能になります。ポイントの有効期限がなくなるなどのメリットがあります。

アメリカン・エキスプレス・カード
申し込み資格 20歳以上
年会費 13,200円
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.50%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典

入会後3ヶ月以内に1万円利用で1,000ポイントもらえる

アメリカン・エキスプレス・カードの
公式サイトはこちら

JCB CARD W plus L


出典:JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lのおすすめポイント
・JCBの中でも高還元率のカード
・優待店での利用でポイントアップ
・WEB、39歳以下限定カード

JCBの中でも高還元率

JCBのクレジットカードには一般カードを初めて種類豊富なラインナップですが、その中でもポイント還元が常に2倍と高還元を受けられます。ポイントをたくさん貯めたい人や利用額が高額になりそうな人におすすめです。

優待店の利用はポイントアップ

スターバックスやAmazon、セブンイレブンなどのパートナー店舗では通常ポイントに加算され、よりお得な買い物が可能です。ポイント倍率はお店によって異なります。

WEB限定・39歳以下限定カード

JCB CARD W plus Lは、Web限定のカードです。年齢も限られており、18歳以上39歳以下の人だけが申し込みできます。(※2022年5月23日時点)

JCB CARD W plus L
申し込み資格 18歳以上~39歳以下
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.00%~5.50%
付帯保険 海外旅行、ショッピング
申し込み方法

開催中のキャンペーン・特典
アプリログインとアマゾン利用で最大1万円もらえる

JCB CARD W plus Lの
公式サイトはこちら

クレジットカードと各4種類カードの違いとは

デビットカード

デビットカードは、支払いと同時に銀行口座残高から引き落とされるカードです。クレジットカードは一旦立て替えてから翌月に支払いますが、デビットカードはその場で引き落とされます。

プリペイドカード

事前にチャージしたお金で支払うカードをプリペイドカードと呼びます。デビットカードは支払いと同時引き落とし、クレジットカードは一度建て替え後に翌月引き落としですが、プリペイドカードは事前支払い制です。

電子マネー

現金などのお金を電子化して支払いに利用します。事前にチャージしてから利用するため、翌月決済のクレジットカードとは大きく異なります。

キャッシュカード

ATMを利用して預金の引き出しや預け入れが可能なカードです。支払いとしての利用はできません。

クレジットカードの知っておきべき基本的な知識

16桁の番号

クレジットカードに記載されている16桁の数字は、実はVisaとJCB、Mastercardのみです。American Expressは15桁、Diners Clubは14桁と桁数が違います。

  • Visaは最初の1桁「4」
  • Mastercardは最初の1桁「5」
  • JCBは最初の2桁「35」
  • Diners Clubは最初の2桁「36」
  • American Expressは最初の2桁「34」か「37」

他にも最初の6桁で発行会社が判別できます。

裏面の番号が持つ意味

裏面に記載がある番号は、セキュリティコードと呼ばれる数字です。3桁もしくは4桁の数字が書かれています。不正利用を防ぐ役割があります。

カード券面の記載情報

カード券面では、カード番号や有効期限、氏名などが記載されています。近年ナンバーレスカードの発行が増えているため、カードによって記載内容は異なります。

クレジットカードとキャッシング機能の違い

クレジットカードのキャッシングはお金を借りるものです。申し込み時や設定から変更もできますが、審査によって利用額は決められています。

ショッピング機能

ショッピング機能は、日常的な買い物などで利用します。クレジットカードで支払うと一時的に立て替えた状態になり、翌月に請求額分を支払います。

キャッシング機能

キャッシング機能は、全国のATMで現金を借りられます。設定や利用限度額によって異なりますが、カード支払い用の口座にお金を振り込みも可能です。

クレジットカードの種類についてよくあるQ&A

クレジットカードを持つメリットとは?

クレジットカードを持つと、現金を持つ必要がなくなり、支払いもスムーズです。小銭などによって財布が圧迫されないだけでなく、常に財布内の残高を気にする必要もなくなります。

クレジットカード種類の変更可能?

クレジットカードの種類変更はできません。種類を変えたい場合は新たにクレジットカード作成の申し込みが必要です。

カード発行に手数料は必要?

クレジットカードの発行に関しては、手数料はかかりません。カードの種類やランクなどによっては年会費が必要になるものもありますが、手数料はかかりません。

クレジットカードの作り方とは?

クレジットカードは、希望のクレジットカード会社のホームページなどから必要事項を入力して、申し込みます。審査に通るとクレジットカードを作成できます。

ETCカードや家族カードとは?

申し込み時にみかけるETCカードや家族カードは、クレジットカードと付随して作成できます。ETCカードは高速道路での通行料支払いに、家族カードは家族名義のクレジットカードを作れます。

セキュリティコードとは?暗証番号との違いは何?

セキュリティコードは、クレジットカードの裏面に記載されている3桁もしくは4桁の番号です。暗証番号は支払い時に入力する4桁の番号で、自分で決めた番号です。

クレジットカードの「ポイント」とは?

クレジットカードの支払額に応じてポイントが還元される場合があります。クレジットカード会社によってポイント還元率やキャンペーンによるポイント付与が異なります。

「利用限度額」とは?いくら使える?

利用限度額は、申し込み時の審査によって決まります。収入や返済の信用性によって決まり、ショッピング枠とキャッシング枠の合計額を指します。

クレジットカードは誰でも所有可能?

クレジットカードは、国内在住の18歳以上であれば申し込み可能です。無職やパートなど収入が少ない場合でも、所有できる場合があります。ただし、クレジットカード会社やカードのランクによって異なります。

まとめ

  • クレジットカードの国際ブランドは7種類
  • ランクは4つに分かれる
  • ショッピング枠とキャッシング枠の合計が利用限度額
  • カードによってポイント還元や保険付帯がある

クレジットカードは国際ブランドの違いやランクがさまざまです。ポイント還元などはクレジットカード会社やクレジットカードの種類によって異なります。クレジットカードを決めるときは、ポイント還元率や保険付帯、補償内容などによって検討してみましょう。

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、株式会社アルファコンサルティングでは本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。