「仮想通貨はやめとけ」と言われる理由は?リスクを抑える方法から仮想通貨のメリット・デメリットまで解説

近年では、仮想通貨投資を始める人が増えてきていますが、いまだに「仮想通貨はやめとけ」と言う人がいます。

では、この人たちはなぜ「仮想通貨はやめとけ」と言うのでしょうか?これから仮想通貨投資を始めようとする人は、この言葉に対して疑問を持ち不安に思う人もいるでしょう。

この記事では、「仮想通貨はやめとけ」と言われる理由、そして本当に仮想通貨は危険なのかメリット・デメリットをもとに解説していきます。

※2022年8月15日情報調査日
※2022年8月15日更新日

なぜ「仮想通貨はやめとけ」と言われるのか?

仮想通貨のことを危険だと思っている

「仮想通貨はやめとけ」と言う人の大半は、仮想通貨が危険な投資対象だと認識している人が多いため、「仮想通貨はやめとけ」と主張してきます。

確かに、ボラティリティー(価格変動)は他の投資商品に比べると非常に高くなっていますし、過去にはハッキングで資金が流出したこともあるので危険だと認識する人がいても仕方がないのかもしれません。

ただ、仮想通貨であっても銘柄選定をしっかりすればリスク管理できますし、ハッキングも2018年以来日本国内の取引所では起きていません

しかし、「仮想通貨はやめとけ」と言う人は、こういった事実を知らない人がほとんどです。そのため仮想通貨が一般的に普及してきた現在でも「仮想通貨はやめとけ」と主張するのです。

投資で稼ぐことを悪とする思想

「仮想通貨はやめとけ」と主張する人の中には、そもそも投資で稼ぐことを悪だと考える人もいます。少し前までは、投資は一般人がするものとして認識されていなかったので「お金は汗水流して働く」と言う思考の人もいまだに一定数残っています。

また、働かずにお金が稼げると言うことは、「何か悪いことをしている」と言う考えを持つ人もいるので、「仮想通貨はやめとけ」と主張する人がいるのです。

ただ、投資で稼ぐことは全く悪いことではありませんし、仮想通貨の全てで悪いことが行われているわけではないので、普通に取引をするのであれば何も問題もありません。

そもそも仮想通貨を理解していない

「仮想通貨はやめとけ」と主張する人の中には、仮想通貨について全く知らないと言う人も数多くいます。

投資や仮想通貨取引をしたことがなく知識のない人からすれば、働かずにお金が増えると言うことは「何が危険なことをしている」と思い込む人もいるので、そいうった人達が仮想通貨はやめとけと主張しているのです。

また、人間は知らないもの(知識のない物事)に対して、不安や恐怖を感じるといった習性があります。そのため、仮想通貨について理解していない人達が仮想通貨は危険だと主張するのです。

「仮想通貨はやめとけ」と言う人の多くは、仮想通貨が本来どういったもので、どれくらい将来性のある技術なのか理解していないので、こいうった人達の意見には妥当性や根拠となる証拠がありません。

そのため、「仮想通貨はやめとけ」と言う人の意見に耳を傾ける必要もありません。

「仮想通貨はやめとけ」という主張には根拠がない

「仮想通貨はやめとけ」と言われた人は、少なからず仮想通貨投資にネガティブなイメージを持った方もいると思います。ここでは、その主張を否定する証拠を提示していくので、しっかり見ていきましょう。

仮想通貨が一般的に普及してきている

仮想通貨は、近年では一般層にも普及してきていますその証拠として、ネットショッピングやお店での支払いに仮想通貨が使用できるようになっていることが挙げられます。また、2021年の流行語大賞には「NFT」という言葉もノミネートされています。

仮想通貨は、このように多くの場所で使用されたり、流行語になるほど一般的に知られてきているのです。これは、仮想通貨がただ危険なものではなく、便利で使いやすいものだと言う認識があるからです。

こういったことから「仮想通貨はやめとけ」と主張する人達は、そもそも仮想通貨に対する世間の印象を把握できていないことがわかります。

仮想通貨人口と取引所の増加

近年では、仮想通貨取引の増加とともに、取引所の数も非常に増えてきています。その証拠として、2018年ごろには登録口座が約200万口座しかなかったコインチェックの口座は、たったの3年ほどで2倍の400万口座以上に増えています。

また、他の取引所でも口座の開設数はここ数年右肩あがりの増え続けており、仮想通貨投資を始める人が増えているのは間違いありません。

さらに、ユーザーの増加と共に仮想通貨取引所の数は増えており、2022年4月時点では32社もの会社が仮想通貨の交換業を運営しています。

仮想通貨取引をするユーザーや取引所が増えているということは、それだけ需要があるということなので、ただ危険で怪しいという主張も正しい意見ではないと言えます。

大企業や著名人も保有

近年では、国内外の企業がビットコインを保有し始めており、有名な投資家もビットコインを投資対象として優れた商品だと発言しています。

海外大手の自動車メーカーであるテスラ社は、2021年時点で13億ドル(約1700億円)分ものビットコイン保有しており、テスラの創業者であるイーロンマスク氏自身もビットコインを大量に保有していると発言しています。

また、220億ドルの資産を持つ著名投資家レイ・ダリオ氏もビットコインの保有を発表しており、「債権よりもビットコインを保有したい」という発言をしました。

こういった点から、仮想通貨が世界中で投資商品としてまた、価値の保存手段として注目されていることがわかるでしょう。

仮想通貨取引のメリット

少ない資金で大きな利益を狙える

1つ目のメリットは、少額で大きな利益を狙える点です。仮想通貨は、市場そのものが大きく成長していると言うこともあり、人気の銘柄は1年で10倍以上の価格になることもよくあります。

最近ではSHIBコインという通貨が1年で50万倍という驚異的な値上がりをしており、世界中で話題になりました。

株式投資の場合、1年でこれほど値上がりすることはないので、少額で大きな利益を狙えるのは仮想通貨特有のメリットと言えます。

24時間365日取引できる

2つ目のメリットは、24時間365日取引ができる点です。株式投資やFX取引の場合は、平日の決まった時間にしか取引できないので、副業で投資をしている人などにとって非常に不便だと言えます。

しかし、仮想通貨は24時間365日常に市場が開いている状態なので、時間を気にすることなく自分の好きなタイミングで取引できます。

これは、株式投資やFX取引ではできないことなので、この点も仮想通貨取引特有のメリットと言えます。

少額から仮想通貨を購入できる

3つ目のメリットは、少額から仮想通貨を購入できる点です。仮想通貨取引の場合は、最低取引単価が1円となっている取引所もあるため、資金が少ないということで参入できないといったことがありません。

株式投資やFX投資の場合、取引をするのに最低数万円必要になる場合もあるので、資金が少ない人にとって仮想通貨取引は魅力的な投資商品と言えます。

また、最近では積立投資もできるようになってきているので、資金の少ない人もコツコツ積み立てて資産を増やすことができます。

先ほども説明したように、仮想通貨は少額ではじめても大きな利益を期待できるので、少額から始められるのもメリットのひとつと言えます。

下落相場でも利益を出せる

4つ目のメリットは、下落相場でも利益を出せる点です。仮想通貨取引は、現物取引だけでなくCFD(差金決済取引)も行えるので、下落相場の時でも利益を出すことができます。

CFD取引では「空売り」といって、売り注文から始めることができ、下落時に売り注文をして下落が終わったタイミングで、ポジション(建玉)を決済することで、その間の差額を利益として獲得することができます。

そのため、相場状況に左右されずに利益を狙うことができるのです。また、仮想通貨取引の場合は、現物取引とCFD取引を同じアカウントでできるのも嬉しいポイントです。

仮想通貨取引のデメリット

価格変動が大きい

1つ目のデメリットは、価格変動が大きい点です。仮想通貨は、ボラティリティー(価格変動)が非常に大きい商品なので、価格が上昇したときは大きな利益をもたらしてくれますが、下落した場合は資産を全て失う可能性もあります。

先ほど紹介したSHIBコインのように、1年で50万倍もの値上がりをする通貨があるということは、逆に50万分の一まで価格が下落する可能性があると言えます。

そのため、価格変動が大きいのはメリットであるのと同時にデメリットでもあるということを頭に入れておかなければいけません。

特に、アルトコインはボラティリティーが高く、購入から数日後には50%価格が下落するといったこともよくあるので、取引する際は注意が必要です。

投機的な取引をしてしまう

2つ目のデメリットは、投機的な取引になってしまう点です

仮想通貨は、ボラティリティーが高いので良くも悪くも短期間で大きなお金を稼ぐことができてしまいます。そのため、投資を始めた人の多くが投機的(ギャンブル的)な取引をしてしまうのです。

投資経験の長いトレーダーであれば、投機的な取引で勝ち続けることができますが、初心者の方が継続して勝ち続けることは非常に難しいと言えます。

また、仮想通貨取引ではレバレッジをかけることができるので、この点も投機性を高めてしまう要因です。

レバレッジを使えば、少額で大きなリターンを得ることができるので、たまたま利益を出した人はどんどんギャンブルのような取引をしてしまいます。ですので、こういった点が仮想通貨取引のデメリットと言えます。

ハッキングや詐欺の被害にあう

4つ目のデメリットは、ハッキングや詐欺の被害に遭う可能性がある点です。日本でのハッキング被害といえば、2018年に起きたcoincheck事件というのが一番有名で、この時は日本円で約580億円もの資金が流出し大きな話題となりました。

現在は、セキュリティ体制を見直しているため強固な守りになっていますが、当時はセキュリティー体制が不十分だったこともあり一度にこれほどの資金が盗まれてしまいました。

また、他にもハッキングや詐欺の被害は多発しており、詐欺によってウォレットがハッキングされて、資金が盗まれるという被害が多数報告されています。

詐欺の手口としては、エアドロップなどの当選メールにウイルスを仕込み、リンクを開いたらウォレットがハッキングされてしまうというもので、この手口の多くの人がハッキング被害にあっています。

発展登場の市場なので、こういったことが起きるのは仕方ありませんが、リスクがあるという点ではデメリットと言わざるを得ません。

個人の発言が価格に影響を与える

5つ目のデメリットは、個人の言動が価格に大きく影響する点です。

仮想通貨界隈では、通貨の開発者や大口の保有者の言動で価格が大きく変動するという特徴があります。有名な人物を挙げると、テスラのCEOイーロンマスク氏やイーサリアム創設者ヴィタリック氏などがいます。

イーロンマスク氏は、ビットコインやDOGEコインといった通貨を保有しており、自身のTwitterで通貨について発言することで、通貨の価格を数十%動かすほどの影響力を持っています。

また、同様にヴィタリック氏も強力な影響力を持っており、自身が開発したイーサリアムについて発言をすると、それだけでイーサリアムの価格が大きく変動してしまうのです。

このように、個人の言動が相場に影響を与えている状態は、健全な値動きをしているとは言えませんし、たったひとつの言動で損失を抱えてしまう可能性がある点も大きなデメリットといえます。

仮想通貨取引でリスクを抑える方法

現物取引をする

仮想通貨取引でリスクを抑えるには、レバレッジを使わず現物を取引することがおすすめです。レバレッジを使えば少ない資金で利益を出すことができますが、ボラティリティーが大きい仮想通貨相場で継続して勝ち続けるのは難しいと言えます。

特に、初心者の方がレバレッジ取引をすると、大きな損失を抱える原因になるので、現物取引でコツコツ資産を増やしていくことをおすすめします。

安全性の高い通貨に投資する

仮想通貨でリスクを抑えるには、安全性の高い通貨に投資するのも効果的です。安全性の高い通貨とは、時価総額ランキングで上位にいる通貨のことで、上位に位置する通貨に投資する場合は比較的安全性が保たれています。

時価総額が高いということは、需要があると同時に多くの人から信頼されている通貨である証明にもなります。

また、需要の高い通貨は流動性も高いため、いつでも取引することができます。さらに流動性が高い通貨は価格も安定しているので、暴落するリスクも比較的少ないと言えるでしょう。

そのため、時価総額ランキングで上位にある通貨は安全性が高いと言われるのです。

長期運用をする

仮想通貨の取引でリスクを抑えるには、長期運用を前提とした取引が必要です。そもそも、デイトレードのような短期取引で利益を出すことは非常に難しく手数料もかかるので、初心者向けの取引方法ではありません。

また、仮想通貨の市場はこれからまだ成長していくので、長期間保有しておいた方が効率良く資産を増やすことができます。

投資の世界では「個人投資家で一番利益を出しているのは死人」という話しがあるように、長期間にわたって保有し続けるのが一番高いパフォーマンスを発揮すると言われています。

ですので、仮想通貨取引初心者の方も、中期から長期間でも運用を前提に取引するようにしてください。

実績のある大手取引所を使用する

仮想通貨取引をする際は、実績のある大手取引所を使用してください。仮想通貨業界は、常に資金を盗もうとするハッカーに狙われており、セキュリティの低い取引所ではすぐに資産を盗まれてしまいます。

そのため、リスクを減らすにはセキュリティが強固な大手取引所を使用する必要があります。大手の取引所は、セキュリティ体制がしっかりしており、万が一の時でもしっかり対応してくれるので安心して使用することができます。

もし、大手以外の取引所を使用していた場合、ハッキングにあった時はそのまま破綻してしまったり、資産の補償が行われなかったりするので、リスク管理ができているとは言えません。

ですので、取引所を選ぶときはセキュリティが強固な大手取引所を使うようにしてください。

毎日コツコツ積み立てる

初心者の方は、毎日コツコツ積み立てるドルコスト平均法で投資をすることで安定した運用をすることができます。ドルコスト平均法とは、毎日一定の金額を購入し続ける投資方法のことです。

このドルコスト平均法を使うことで、価格が安いときはたくさんの枚数を購入し、価格が高いときは少ない枚数を購入するという作業を、自動的にできるので初心者の方でも安定的に資産を積み立てることができます。

最近では、仮想通貨取引所で積み立てサービスを提供している所も多いので、そういったところを選ぶと買い付けの手間を省きつつ、毎日積立をすることができます。

余剰資金で投資する

仮想通貨取引をする際は、余剰資金で取引するようにしてください。余剰資金で取引するのは投資をするうえで基本的なことですが、仮想通貨を扱う場合はより一層注意が必要です。

株式投資などでは、値動きがあったとしても1日5%ほどしか動きませんが、仮想通貨の場合は1日で50%の下落が起きることもよくあります。

もし、生活に必要な費用を仮想通貨投資に使っていた場合、一気に資産を減らすことになり生活に影響を与えてしまう可能性があります。そうならないためにも、仮想通貨取引をする際は余剰資金で取引するようにしてください。

おすすめ仮想通貨取引所11選

DMM Bitcoin


出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
・レバレッジ取引可能な銘柄数国内最多
・高性能なスマホアプリ
・取引手数料は無料

レバレッジ取引可能な銘柄数国内最多

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引が可能な銘柄が国内最多の15種類もあります。(※2022年5月27日時点)

他では取引できないレバレッジ銘柄があるので、豊富な銘柄でレバレッジ取引したい方におすすめの取引所です。

高性能なスマホアプリ

DMM Bitcoinのスマホアプリは、初心者から上級者まで快適に使用できます。

公式サイトによるとアプリは、初心者モードと上級者モードの2種類を使い分けることができるので、長期間にわたって使い続けることができます。(※2022年5月27日時点)

取引手数料は無料

DMM Bitcoinでは、取引にかかる手数料が無料です。

レバレッジ取引には手数料がかかりますが、それ以外の取引は手数料無料で取引できます。

DMM Bitcoin
代表的な銘柄 BTC、ETH、XEMなど
取引通貨数 15種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設完了で、全員にもれなく「即時」2,000円プレゼント!

公式サイトはこちら

Coincheck(コインチェック)


出典:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント
・国内最大級の取り扱い銘柄数
・高い人気を誇るスマホアプリ
・初心者に優しい取引画面

国内最大級の取り扱い銘柄数

Coincheckは、16種類もの銘柄を取引できる国内最大級の取引所です。(※2022年5月27日時点)

人気の高い通貨をたくさん取引することができるので、幅広い銘柄に投資をすることができます。

高い人気を誇るスマホアプリ

Coincheckのスマホアプリは国内屈指の人気を誇ります。

コインチェックのアプリは、3年連続国内NO.1のDL数を記録しており、たくさんのユーザーに利用されています。(※2022年5月27日時点)

初心者に優しい取引画面

Coincheckの取引画面は、初心者でも簡単に操作して取引できます。
通貨の購入は3タップで行うことができ、難しい知識がなくても取引できるので、初心者の方に優しい作りとなっています。
Coincheck(コインチェック)
代表的な銘柄 BTC、XRP、ETHなど
取引通貨数 17種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

現在開催中のキャンペーンは特になし

公式サイトはこちら

Zaif(ザイフ)


出典:Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)のおすすめポイント
・国内唯一の銘柄を複数取り扱っている
・ソーシャルチップサービス
・仮想通貨の定期積立

国内唯一の銘柄を複数取り扱っている

Zaifでは、他の取引所では取引できない通貨を複数取引できます。

Zaifでは、CICCトークンやZAIFトークンといった銘柄を国内で唯一取引できます。そのため、他の取引所にはない通貨を取引したい方におすすめです。

ソーシャルチップサービス

Zaif独自のサービス、ソーシャルチップもZaifのおすすめポイントです。

ソーシャルチップとは、Twitterなどのユーザーにチップを送ることができるサービスで、投げ銭感覚で通貨を送付することができます。

仮想通貨の定期積立

Zaifでは、コイン積立サービスも提供しています。

自分の積み立てたい金額を設定することで毎月自動で積み立ててくれるので、買い付けが面倒な人でも簡単に資産を積み立てることができます。

Zaif(ザイフ)
代表的な銘柄 BTC、ETH、XEMなど
取引通貨数 15種類
レバレッジ取引 信用取引:最大4倍
先物取引:-
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

コイン積立キャンペーン!1500円相当のカイカコインが手に入る

公式サイトはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)


出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント
・世界基準のセキュリティ
・高性能な取引ツールLightning
・販売所の手数料が無料

世界基準のセキュリティ

bitFlyerでは、世界基準のセキュリティを採用しています。

セキュリティに次世代型の暗号システムを使用することで、最強強度のセキュリティ体制を構築しています。

高性能な取引ツールLightning

bitFlyerでは、高性能な取引ツールLightningを使用できます。

Lightningは、現物取引とFX取引を両方こなせる便利なツールで、スマートで洗練された取引画面で取引ができます。

販売所の手数料が無料

bitFlyerでは販売所の手数料が無料になっています。

さらに、ビットコインの取引量が豊富なbitFlyerでは、ビットコインFXの取引手数料が無料になっているので、ビットコインを取引したい方におすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)
代表的な銘柄 BTC、ETH、ETCなど
取引通貨数 15種類
レバレッジ取引 信用取引:最大2倍
先物取引:最大2倍
FX取引:最大2倍

 

開催中のキャンペーン・特典

現在開催中のキャンペーンは特になし

公式サイトはこちら

GMOコイン


出典:GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
・国内TOPの取り扱い銘柄数
・各種手数料が無料
・PC専用の高性能のチャートが使える

国内TOPの取り扱い銘柄数

GMOコインは、2022年4月時点で国内TOPの銘柄数を取引できます。

取り扱い銘柄にはビットコインなどの定番通貨から、DAIやMKRといった他では取引できない通貨も取引できます。

各種手数料が無料

GMOコインでは、各種手数料が無料です。

口座開設や取引手数料、仮想通貨の送金まで無料なので、手数料分の金額を投資に回すことができ効率よく運用することができます。

PC専用の高性能のチャートが使える

GMOコインでは、PC専用の高性能チャートを使用できます。

高性能チャートは便利な機能を詰め込み、ベテランの投資家まで快適に取引できるようになっています。※使用は取引所のみ

GMOコイン
代表的な銘柄 BTC、ETH、BCHなど
取引通貨数 20種類
レバレッジ取引 信用取引:最大-倍
先物取引:最大-倍
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

 仮想通貨の購入で毎日10人に1,000円が当たるチャンス!

公式サイトはこちら

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)


出典:LINE BITMAX(ライン ビットマックス)

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)のおすすめポイント
・LINEグループが運営する仮想通貨アプリ
・NFT取引ができる
・初心者向けの取引ツール

LINEグループが運営する仮想通貨アプリ

LINE BITMAXは、SNSアプリLINEを運用するLINEグループが運営しています。

LINEグループは、グローバルでサービス提供しているので、そのノウハウを使い快適で安心できるサービスを提供しています。

NFT取引ができる

LINE BITMAXでは、NFTの取引ができます。

LINE BITMAXで取引ができる「LN」という通貨を使うことで、LINEが運営するNFTマーケットプレイス「LINENFT」でアーティストや芸人のNFTを購入できます。

初心者向けの取引ツール

LINE BITMAXの取引ツールは初心者向けの優しい設計になっています。

取引画面には取引に最低限必要なものしかないので、はじめての方でも迷うことなく取引ができます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)
代表的な銘柄 BTC、ETH、XRPなど
取引通貨数 6種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

毎週水、木、金曜日限定!ミッション達成でリンクをプレゼント

公式サイトはこちら

SBI VCトレード


出典:SBI VCトレード

SBI VCトレードのおすすめポイント
・運営元は安心の東証一部企業
・使いやすいスマホアプリ!

・現物・FX取引を同時に管理!

運営元は安心の東証一部企業

SBI VCトレードの運営元は、東証一部企業のSBIグループです。

SBI証券などの金融サービスを提供するSBIグループが運営しているので、セキュリティなどあらゆる面で安心できます

使いやすいスマホアプリ!

SBI VCトレードのスマホアプリは、視認性が高く使いやすい仕様になっています。

シンプルなアプリ画面は直感的に操作できるのでスムーズに取引できます。また、アプリには2段階認証も付いているので安心して使えます。

現物・FX取引を同時に管理!

SBI VCトレードでは、現物とFX取引を同時に管理できます。

SBI VCトレードのアプリでは、2つの取引を同時に管理できるので複数のアプリを使い分ける手間もいりません。

SBI VCトレード
代表的な銘柄 BTC、XRP、ETHなど
取引通貨数 7種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

三井住友カードの利用で最大30,000円相当の「XRP交換券」プレゼント

公式サイトはこちら

マネックスビットコイン


出典:マネックスビットコイン

マネックスビットコインのおすすめポイント
・主要銘柄が揃っている
・運営元はマネックスグループ

・仮想通貨CFDに対応

主要銘柄が揃っている

マネックスビットコインでは、人気の主要仮想通貨が揃っています。

公式サイトによるとビットコイン・イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュの主要4通貨を取引できます。(※2022年5月27日時点)

運営元はマネックスグループ

マネックスビットコインの運営元はマネックスグループです。

マネックスビットコインは、マネックス証券とコインチェックを運営する企業で、金融サービスに精通しているので安心して使用できます。

仮想通貨CFDに対応

マネックスビットコインはCFD取引ができる取引所です。

CFD取引では、空売りから入ることができるので、暴落時に取引することで利益を出すことができます。

マネックスビットコイン
代表的な銘柄 BTC、BCH、ETHなど
取引通貨数 4種類
レバレッジ取引 信用取引:最大2倍
先物取引:最大2倍
FX取引:最大2倍

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設した人限定!マネックスポイント200ポイントをプレゼント

公式サイトはこちら

Huobi Japan


出典:Huobi Japan

Huobi Japanのおすすめポイント
・世界水準のセキュリティ
・世界170カ国でサービス提供
・WebSocket規格のAPIを提供

世界水準のセキュリティ

Huobi Japanでは世界水準のセキュリティで資産を守ります。

資産をコールドウォレットで保管し秘密鍵も分散管理することで、お客様の資産を安全に守ります。※2019年9月ICORating社調べ(Huobi グループ)

世界170カ国でサービス提供

Huobi Japanの元となるHuobiグループは、世界170カ国でサービスを提供する仮想通貨取引所です。(※2022年5月27日時点)

全世界に数千万人のユーザーを抱えるHuobiグループは、信頼と実績のある企業なので、その日本法人であるHuobi Japanも信頼して使用できます。

WebSocket規格のAPIを提供

Huobi Japanでは、WebSocket規格のAPIを提供しています。

WebSocket規格のAIPを提供することで、高速で遅延の少ない取引ができます。また、AIPを使用して自動売買にも対応しています。

Huobi Japan
代表的な銘柄 BTC、HT、ETHなど
取引通貨数 14種類
レバレッジ取引 信用取引:最大2倍
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

お友達紹介で1,000円相当のHTをプレゼント!

公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)


出典:bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)のおすすめポイント
・ハッキング被害ゼロの信頼
・国内TOPクラスの流動性
・高性能な取引ツール

ハッキング被害ゼロの信頼

bitbankは、創業から一度もハッキングを許していません。

国内TOPクラスのセキュリティを誇るbitbankは、コールドウォレットで資産を管理し、マルチシグを使用することでハッキングを防ぎます。

国内TOPクラスの流動性

bitbankは、国内TOPクラスの流動性を誇ります。

過去、取引量国内NO.1を獲得しているbitbankでは、高い流動性を誇るため取引を遅延なくスムーズに行うことができます。

高性能な取引ツール

bitbankでは、上級者まで使用できる高性能な取引ツールを使用できます。

公式サイトによるとスマホでも見やすい取引画面は、シンプルで快適な取引ができます。その証拠として過去に国内NO.1のDL数を獲得しています。(※2022年5月27日時点)

bitbank(ビットバンク)
代表的な銘柄 BTC、ETH、XRPなど
取引通貨数 14種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

新規口座開設&30,000円以上入金した人限定!現金20,000円ゲットのチャンス

公式サイトはこちら

BITPoint(ビットポイント)


出典:BITPoint(ビットポイント)

BITPont(ビットポイント)のおすすめポイント
・カラフルで見やすい取引画面
・手数料無料で取引可能

・最小500円から取引できる

カラフルで見やすい取引画面

BITPointの取引ツールは視認性の高い取引画面をしています。

通貨ごとにカラフルに分けられた取引画面は、価格や資産状況を瞬時に認識することができるので、初心者の方でも扱いやすくなっています。

手数料無料で取引可能

BITPointでは手数料無料で取引ができます。

全ての取引が無料となっているBITPointdでは、取引手数料を気にせず取引ができます。(※2022年5月27日時点)

最小500円から取引できる

BITPointでは、最小500円から取引できます。(※2022年5月27日時点)

ワンコインから取引を始められるので、はじめて仮想通貨取引をする人や資金が少ない人でも気軽に取引できます。

BITPoint(ビットポイント)
代表的な銘柄 BTC、DEP、JMYなど
取引通貨数 12種類
レバレッジ取引 信用取引:-
先物取引:-
FX取引:-

開催中のキャンペーン・特典

口座開設でBTC・ADA・DEPを合計3,000円相当プレゼント!

公式サイトはこちら

まとめ

「仮想通貨はやめとけ」と言われる理由と、それを否定する根拠を紹介しました。今回紹介した通り、「仮想通貨はやめとけ」という人の大半は、知識不足でしっかりとした根拠を持っていない場合がほとんどです。

仮想通貨もちゃんと知識をつけ、リスク管理をすれば優秀な投資商品といえます。大企業や著名投資家がビットコインなどを所有しているのがいい証拠といえます。

これから、仮想通貨はさらに普及していく、より多くの人に取引される投資対象となっていくので、今のうちに正しい知識を身につけて投資を行うようにしてください。

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、株式会社アルファコンサルティングでは本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。